長い一日

今日、大阪維新の党の橋下徹代表が、新党構想についての記者会見をしました。

地方分権を旗頭にやっていくということは、私が「政党そうぞう」をつくった主旨と同じであります。

やはり東京一極集中の時代を終わらせて、地方が元気になる姿を、旗印の下に新しい政治をつくろうということは、共感を呼びます。

ただ単に政界再編で自民党を倒すということではなくて、何をやって国を変えるのかということを明確にして政権を奪取するという順番を間違えてはいけません。

今週のメルマガにもそのことを書かせていただきましたが、政党間の合併だけでは決して良くならないことだけは、歴史が物語っています。

また今日、先週出した両院議員総会の招集を党紀に違反してやらなかった執行部には疑問を感じています。

両院議員総会が開かれなかったということは、現在の執行部の体質が問われることになります。

次の再編に向けて、当たり前に喧嘩しないやり方をやるべきだと思います。

今日は個人的に大変なことがありました。

しかしその大変なことを心に秘めながらも政治を進めなければならないという、政治の重みを改めて感じた日でした。