謹賀新年

平成26年、元日。
今日は朝から、様々な会合に参加をしてきました。
1月1日は本当に気持ちいいもので、はつらつとした気分になります。
お会いする方々が、いつも会っているにも関わらず新鮮に見えて、何か感動を覚える正月であります。
街頭演説にも10か所近く立たせていただきましたが、特に「新時代・沖縄」の必要性を訴えさせていただきました。
過去を清算して、100年後の沖縄を見据えた戦略をつくる。
それが「新時代・沖縄」であります。
あまりにも、基地問題と経済問題が近視眼的であることを手直ししなければ、沖縄はよくなりません。
100年後を見据えれば5年後は成功する。
5年後を見据えれば5年後は失敗する。
また、中央の政治においては、安倍政権発足以来、1年間で200兆円を超える予算を投下し、異次元の金融緩和を行いました。
これで経済が良くならないはずがありません。
しかし、そうしないで経済を良くする方法を考えなければならないのです。
集団的自衛権や憲法改正など、安倍総理のカラーが濃く出てくるだろうだけに、それをチェックする機能が野党には必要であります。
今日は職員もみんな一緒になって頑張りましたけれども、家内がおせちを持ってきてくれて、みんなで道路で食べました。
正月の風景でした。
おいしかったです。