2014.5.1 「子どもの貧困」

日時:平成26年5月1日(木) 20:00-21:00
場所:FM21

ひろみ/5月1日になりました。
皆さんこんばんは、本村ひろみです。
さあ、ミキオポスト OnRadio、この時間からのスタートです。
メインパーソナリティーは、もちろんこの方です。

ミキオ/下地ミキオです。
よろしくお願いします。

ひろみ/ミキオさん、よろしくお願いいたします。

ミキオ/お願いいたします。

ひろみ/先日Twitterに、オレンジのパンツ姿で、さわやかに青空バックに写真がでてたんですけど…。

ミキオ/あれ、よかったですね。

ひろみ/似合ってました。
あの、ぐっとこう、細長く見えましたね。

ミキオ/いやー、初めてね、リゾート婚に参加したんです。
まあ、初めてってわけじゃないですが参加したら、そのリゾート婚の新婦のお父様がかりゆしウェアを作られている方なんです。
だから、この結婚式は全員がかりゆしウェアで来てくださいという、この、招待状に書いてあるわけですよ。
それで、私もかりゆしウェアを…。
この引き出物がまた、かりゆしウェアなんです。
この引き出物のかりゆしウェアをですね、先にもらって、注文してきてもいいですよというまた、ことが書いてあるわけです。

ひろみ/面白いアイディアですね。

ミキオ/面白いアイディアです。
それで私は、注文してこのかりゆしウェア。
しかもこれが、オレンジクジラがあったんですよ。

ひろみ/本当にびっくりしました。
わざわざ作ったものかと思ったら。

ミキオ/あったんですよ、カタログの中にオレンジクジラが。
オレンジクジラはね、世界に浸透してますよ。

ひろみ/いやいや、でも本当に、まだ見てないという方は、ぜひ、ミキオさ
んのツイートご覧いただきますとね。
すてきに、ちょっとポーズもとっていらっしゃいましたけども…。

ミキオ/いやーもう、恥ずかしかったんですよ。
しかもあのズボン見ました?
オレンジのズボン。

ひろみ/見ました。

ミキオ/あれなかなか着るの恥ずかしいですよ。

ひろみ/え、そうですか?

ミキオ/いやー、勇気いりますよ。
勇気いりますよ。

ひろみ/ミキオさん、これからの時代はあの雰囲気で、ちょっと、チョイ悪でいくのかなという感じがしましたけれども…。

ミキオ/いや、なんかね、TwitterとかFacebookにそう書いてあって、1週間に1回こういう格好したら?
とか言って…。

ひろみ/あ、やっぱり?
いいねの数が異様に多かったという記憶があるんですけれども。

ミキオ/いや、多かった。
多かったですね。

ひろみ/たぶん沖縄そばの次、宮古そばの次くらいにあったと思いますが、まあぜひ、ラジオお聞きの皆さんも、この番組はミキオポスト OnRadio、ミキオさんのサイト、ミキオポストをチェックしていただきますと、アイセック・ジャパンさんのサービスで、なんとリアルタイムで文字情報も発信しております。
ぜひ、トップページからご覧くださいね。

元気いっぱいでこの曲です。
BENNIE Kでサンライズ。

♪ BENNIE K/サンライズ ♪

ひろみ/今週のミキオさんのこのコーナーは、オバマさんが来日した話題からいきたいと思います。
ミキオさんよろしくお願いいたします。

ミキオ/今度オバマさん来たんですよ。
で、国賓なんですよね。
国賓っていうのは、基本的に5つくらいの要素があって、まず天皇陛下の晩餐会があること、迎賓館に泊まること、そして国会で演説をすること、共同記者会見をすること、あと奥様が一緒についてくる、まあこういう風なことに、あともう1つ言えば、丸々2日間いることっていうのが大体…。
決まり。
まあ1日では国賓は、成立しないんですよね。
で国賓っていうのは、この大統領が、1人の大統領に1回なんですよ。
国賓は2回はないわけです。
絶対に。
だからそういう意味では、アメリカの今度は、クリントン以来18年ぶりですかね。

そういう風な意味では重要だったんですけど、これがなかなか、オバマさんは非常にシャープでビジネスライフな人ですから、まず奥さんは、子どもの学校が忙しいからこれませんと。

ひろみ/いらっしゃらなかったですよね。

ミキオ/これなかった。
で、迎賓館はちょっと泊まりたくないと言って、ホテルに泊まってですね、で、3番目に国会の演説はなしね、ということ…。

ひろみ/ことごとくルールと違うことやったんです…。

ミキオ/で、2日間ですけども、日本についたのが、6時ですから、6時、5時頃ですから、でその後、7時から安倍総理とお寿司を食べに行って、でそれで1日終わりで、翌日1日やってっていうから、もう1日、丸2日というそのルールにもならないような、なんとかかんとか2日、ということですね。
あとそれに、共同声明を発表したんですけど、普通は共同記者会見のあと、すぐに共同声明ですけど、これがまあなかなかまとまらなくて、オバマさんが翌日、出発する間際に共同声明、共同文書が発表されると。
あとは、天皇陛下との晩餐会はちゃんとやられたと。

ひろみ/異例づくし…。

ミキオ/抹茶アイスが美味しかったとか言って…。

ひろみ/あ、言ってましたね。
アイスクリームの話はすごく記憶にあるんですけど、異例づくしということは、まあ、国賓ではあるんですけど…。

ミキオ/これはですね、私が見ていることでありますけど、結果的に日米同盟の中ではですね、共同文書の中では、尖閣というのが、において、日米安保条約の5条でですね、万が一、他の国が尖閣に攻撃を仕掛けてきた場合は、アメリカはこの範囲は日米安保、同盟のですね、安保の範囲だとみなす、みたいなことやって、アメリカも一緒に戦いますよと、いうようなことを、明確に、アメリカの大統領がそのことを明言したのが今度、オバマさんが初めてなんです。
これは日本にとってはある意味、プレゼント。
まあこういう風なことになると、尖閣にですね、その、非常に、舟を出している中国とか、場合はですね、ちょっと抑止力としては大きいねと。
後ろでアメリカが明確にしたなと、いうようなことが1点、分かりますよね。

まあそれはですね、私に言わせると、株、株価にもつながると。
安全保障が安定しないと株価ってあがらないんですよね。
不安定なところには株価があがらないんで、これは非常に、これは大事なことでした。

もう1つはTPPがまとまらなかったんですよね。
最後まで、大筋合意だって言いますけど、大筋合意にいってないと、いう風に思いますね。
まあ、主要5品目というのがありますけど、まあ主要5品目の中の、やっぱ牛と、豚と、この分野の関税の引き下げの問題が、なかなかまとまらなかったと、まあいうようなことになったかなと思うんですね。
で私はですね、何を言っているかというと、まあ、このTPPに参加してですよ、参加するときに、条件が悪かったら私たち脱退しますよと、いうことを国会決議してるんですよね。
しかし皆さん、脱退できますか、日本っていう国家が。
あれだけオーストラリアがいて、ね、ベトナムがいて、アメリカがいて、で俺だけ条件悪いから俺やめるとか言って、船から下りられますかと。

ひろみ/難しいですね。

ミキオ/これ難しいです。
日本という国家は、貿易大国なんですよ。
貿易大国ということは、世界の国々に物を売って、自分の国家を成り立たせていると。
自分の国家の1億人だけに物を売って、自分のGDPがですね、これがこの、500兆円をですね、越えるようなGDPにはなってないわけでありますから、まあそういう風になってくると、やはりこのTPPっていうのはですね、もう入った以上は、入った以上はですよ、僕らなんか入らなくって、まずアメリカとFTA。
2国間協議やったほうが良いと言ったんだけど、安倍さ
んは入ったわけですよ。
だから、入った以上はもうこれ、決着をつけなきゃ行けないと。
決着つけるとなるとですね、アメリカは11月から中間選挙なんですよ。
近づけば近づくほど、なんか要求っていうのはね物凄くキツいものになってくるから、僕はね、この時点で決めとけば良かったんじゃないかなと思う。

ひろみ/これから先はじゃあ、もっと大変になってくという…。

ミキオ/そう、だからあの、JAとかですね、いやー、こんなのはですね、あの、もう、条件が悪かったらはねれば良いんですよと、言うかもしれんけど、今はねるのと、11月にはねるのと、はねかたが違いますよと。
これは農業関係者もよく言われるんですけど、ここは今の時点で、アメリカがお願いしますと言ってるときに決めたほうが、私は関税はですね、ある意味日本の優位な形で物事が決められて、次になってくるとですね、またいろいろとアメリカのカードはいっぱいあるんですよ。
安全保障上。

ひろみ/いやいやいや、すごい時期的なもので、こんなにネゴシエーションしていくっていうのは凄いですね。

ミキオ/そうやっぱね、これね交渉っていうのは恐ろしいんですよ。
で、あれオバマさんが決まらなかったからそう良い気持ちで韓国に向かってないと思うんですよね。
そうなるとどうするかって言ったら、従軍慰安婦の問題について理解を示すような発言をなされるとかね。

まあなかなかですね、外交というのはしたたかなんですよ。
またウクライナに対して、日本は北方四島返してもらわなきゃいけないから。
ロシアを敵に回せないから、結果的にロシアの制裁ってアメリカより甘くなるわけですよ。
そうするとアメリカは、なんだこれはという風に、同盟国だから俺らと同じようなレベルでやれよなと、みたいな話になると。

ひろみ/このシーソーゲームのどこにバランスがいくかはちょっと…。

ミキオ/そうなんです、これが難しいところ。
だから私は、そういう風な意味でもですね、安全保障の観点からして、
尖閣の問題は日本がちゃんとアメリカから担保取った。
今度はTPPを日本が解決する。
そうして、それに関わる農家に対しては、しっかりとした予算をつけて、制度を作ってこれで守る、とこういうことをですね、しっかりと決めるほうが良かったかなという風に思ってますね。

だからあのTPPはもう結果、入ったら結論ださなきゃいけないわけですから。
これをお聞きの農家の皆さんも、いやー、反対だーと言ってるけど、反対ではもう済まないんですよ、もう入った以上、国が。
どっかで結論を出さなきゃいけない。
でオーストラリアとはもう19%でしょ。
まあ、関税19%、30%越えてたものが、19、まあそれ以下になると思うと、そうなると、88のステーキもジャッキーのステーキも安くなるわね。
関税が安くなるから。
安くなると、バンボッシュの食べ放題も安くなる。
五苑、焼き肉の…、大体もう恐らくUSだから。
安くなるでしょ。
安くなったらどうなるかというと、また、いっぱいついてるサラダも、ポテトも人参も、沖縄のものも、ね、量が増えるから、食べる人が増えれば、沖縄の良さもいっぱい出てくるかもしれない。
まあこういう風な、歯車みたいなものが生まれてくるんですよね。
安くなると今2300円くらいのTボーンステーキが1000いくらくらいになりますよ。
関税がなくなるから。

ひろみ/そんなに安くなるんですか。

ミキオ/なるでしょうね。
そうなってくると、食べる人たちが増える。
増えたら、沖縄の野菜が、付き添いの野菜がまた量がでると。
こういう風な形になっていて、良さもあるけど悪さもあると。
で沖縄は、今90%近くがUSのお肉で成り立ってますから。
その、県産和牛とかですね、和牛っていうのを、高い和牛を食べるっていう人はあんまりいないんで、まあそういうんな意味ではですね、このTPPの影響が、沖縄にその食生活の部分で、すぐは出てこないんですけど、ただ沖縄のウシの仔ウシの8割は和牛で、松坂に行ったりしますから、この仔ウシの値段がですね、向こうのUSに押されて、それで安くなるという心配は出てくるかもしれないけども、私は日本中の景気が良くなるから今。
東京オリンピックでも。
沖縄でも景気良くなるから、高いお肉でも食べる層は増えるんじゃないかと、いうような感じ。
そういう風な意味ではですね、日本がTPPを決める、最大の良い時期というのかね、それが今じゃないかという風に思ってて、まあそのことをですね、決断しろと言ってるんですよね。

ひろみ/いや、オバマさんの来日って、ほんとにいろんな話があったし、影響があるんですね。

ミキオ/そうなんです。
でまた入ってまたもう共同記者会見の後に共同声明が、共同文書が発表されないなんてのは前代未聞ですよこれ。
これは。
なかなかTPPって大変ですね。

ひろみ/大変ですね。
私ねあの、オバマさんの、オバマさんがユウゾウって言った、一言がすごいびっくりしました。
お、名前呼び合うんだみたいな。
バラク、ユウゾウみたいな。

ミキオ/シンゾウ。

ひろみ/あ。
大変失礼いたしました、そうですよね。

ミキオ/大丈夫大丈夫、シンゾウ!とか言って呼んでましたね。

ひろみ/それもあるんだって、ちょっとねびっくりしました。
まあいろいろわからないです。
オバマさん来日では、これからのまた動きが注目されるところだという…。

ミキオ/そうですね。
やっぱこういう風に、一国の大統領が国賓で来るということは、何かが動くという、そういう風なものを見ていただければな、面白いですね。

ひろみ/今週も、ミキオさんの話を聞いて勉強になりました。
ありがとうございます。
さあここで、一曲参りましょう。
キマグレンでLIFE。

♪ キマグレン/LIFE ♪

ひろみ/さて、ミキオポスト OnRadio、この番組は、北部地域はFMもとぶ、中部地域はFM21、南部地域ではFMレキオ、そしてFMくめじまの4局ネットでお届けしております。
また、インターネットでは世界中でお聞きいただけます。
ということで、世界をターゲットに、きょうの話題はミキオさん、那覇市のお話なんですよ。

ミキオ/那覇市?
世界の那覇市の?

ひろみ/那覇市、PRしていきましょう。

ミキオ/今ですね、この観光客が640万人くらい沖縄に来てるんですけど、400万人の方々が北部に行って、那覇市に1泊もしないで帰っていくっていう構造になってるんですね。
那覇市に泊まられる方って200万人くらいなんですよ。
この200万人のお客さんって、昔はどんなにやったって那覇市でしたよね。

ひろみ/必ず国際通りですよね。

ミキオ/そうそうそうそう。
那覇市に泊まって、北部に、を日帰りでしょ?
それが今、那覇市の公設市場に行って、最後に食べてそのまま飛行機に乗るみたいな。
このことをどうするかということを考えていかなければいけない。
今回あの、那覇市のあの、一括交付金を見に行ってきたんですよね。
で私あの一括交付金見に歩いてるんですよ。
私たちの政権のときに、一括交付金ていう制度を作ったもんですから。
これは観光に資するものか、国のメニューにないもので、市町村長がやりたいものをやりなさい、というのがこの一括交付金の1つの定義になるというんですかね。
だからそういう意味でも、この交付金使ったところは、那覇市の場合には50億円あります。1年間で。
10年間で500億あるんですよね。
まあそういう風な意味に置いてはですね、そういう風な意味に置いては、この500億円を10年間使ってみて、何を変えたいのかということが、この一括交付金のメニューで分からなければならないというのが私の言い方なんです。

ひろみ/確かにそうですね。

ミキオ/だから41市町村で、きょうの那覇市で、大体38終わりました。
あと北大東、南大東と、渡名喜だけになりましたけど、まあこれ見てきた、きょうは那覇市の話ですから、見てきたんですけどね。
だからきょうも担当者の方に申し上げてるんですけど、構造を変える。
まずキーワード。
大きな構造を変える。
これ那覇市は今30人に1人が生活保護なんですよ。
厳しい環境なんですよね、経済的なものが。
この構造も変えられるか。
で観光客が今200万人しか泊まらないっていう、この構造も変えられるかと。
そしてまた、もう1つは経済の規模。
やっぱ那覇市が全部引っ張りますよね。
だからそういう風な、経済規模が3兆円ぐらいしか小さいんで、日本全体で、大体平均、各県で10兆円くらいなんですよGDPが。
沖縄県は3兆6000億なんで、この小さい構造も変えられるかと。
まあこういう風な構造を変える、キーワード。
教育もそうですね、教育のキーワード。
こういうなものに、この那覇市が変わることで、周りの市町村が変わるわけですよ。

ひろみ/そうですよね。
中心ですから。

ミキオ/それに資するような事業があるのかないのかっていうのを、きょういろいろと見てきて、私たちは勉強させていただいていると。

ひろみ/面白いですね。

ミキオ/まあ私がですね、那覇市のメニューに対して、頑張って皆さんがお作りになってるメニューを良いとか悪いとかっということはありませんけども、ただあの、50億円のメニューなんですけど、一つ一つの項目がですね、180項目あるんです。

ひろみ/たくさんあるんですね。

ミキオ/ものすごいです、だから何百万。
1000万、2000万という、そういう風なものにどーんと予算をつけているわけですよ。

ひろみ/細かく。

ミキオ/細かく。
だけど考えてみて、これで、1000万、2000万、1億、2億で、構造という私のキーワードが変えられるかっというと、ちょっと難しいかなという風に思ったんですよね。
それで1番大きく付いているのが、あの、津波タワーというところ。
若狭の前の市場の所に作るって、これが20億円って書いてありましたけどね。
これ津波タワーを作ると言って、これ建物作って、それに2階、3階が、あの、そのなんか、普段は津波が来ない間は集会場になるような施設で、2000人くらい、
津波のときにはこれるということになってるんですね。
1階が、あのなんて言いますかね、スーパーが入るんだって。

で僕がだから、きょうも言ったんだけど、津波タワーって一括交付金じゃなくても国土交通省のメニューであるんじゃないのと。
だから津波ビルというとものすごく規準が難しいんですよね。

なぜかというと、下にジャスコが入られると聞きましたけども、これ、24時間開いてないといけないんですよね。
どっからでも乗れなきゃいけないから。
言ってる意味わかります?

ひろみ/わかります。

ミキオ/あの、鍵かけちゃいけないわけですよ。

ひろみ/てことは、常に開いてる状態。

ミキオ/常に開いてて、のぼれる環境じゃないと、津波がいつ来るかわかんないわけで、これが鍵が開かなかったらだめになるわけだから。
そういう風なこのスーパーと、入り口の、集会場の組み合わせで、津波タワーというのはですね、なかなかないんですよ。
まあ良い発想なのか、本当に実態として津波タワーというものになるのかというのは、ちょっと僕はきょうは疑問を持ったりしたんですね。
でまたあの、ハーリー船を作ってるんですけどね、安里の。
それと、あそこなんて言いますかね。
国際ショッピングセンターのてんぶすかんの裏のほうに、縄を作ってるんですけど、これ、5500万かかってるんですよね、両方で。

ひろみ/意外にかかるんですね。

ミキオ/かかりますね。
だからこれを、やっぱり税金を使いましたから、これが、どこまで人が見に来るのかとか。
どういう効果を及ぼすのかとか、暑くて、ハーリーのあれに乗ってるような人あんまりいませんよ、見てても。

ひろみ/なるほどね、確かに暑いときは大変ですからね。

ミキオ/だけど皆さん考えてみてくださいね。
1000万とか2000万って、個人にしたら大きいでしょ。
税金として。
これで効果がなかったら大変ですよね。
僕はこれぐらいのお金があるんだったら、もっと、ハーリーの予算につけたり、いろんなものをやったほうがいいんじゃないかと思ったんですけど、まああまりなんか私が、けちばっかりつけちゃいけないんですけど、ただ、那覇市はやっぱ、ものすごく構造的なものをやってもらいたい。
なんかどーんと、那覇市が変わったから、これ見習おうぜ、みたいな。
そういうなものが、ちょっと私からすると見れないなと。
いうような思いをしましたけどね。

ひろみ/もっと夢のある、こう、まちづくりというんですかね。

ミキオ/そう。
で共同墓地っていうのをまた作ってたんですよね。
それ良いんですよ。
識名に作るの、共同墓地作るの。
これが一括交付金なのかという風な思いがあるんですよね。
これが観光を律する者なのかとか。
必要なことはわかります。
だけどこれは観光には必要ありませんよね。
那覇市の生活の話ですよね、これね。
そういう風なことなどを、ちょっと見させていただいて、まあ180項目というのは少し多すぎて、間違ったら、一つ一つの項目は、もらってる、お金をもらってる人は嬉しいかもしれないけど、これが10年、毎年500万、300万残ってて、気がついてみたら、何も残っていなかったと。
そうならないようにしなきゃいけない。
これはもう那覇市だけじゃなくて、いろんな地域でもそういう風な傾向があって、そこはやっぱり僕らは注意をして、やっぱ10年、20年後のそのイメージを書いた中で、一括交付金を使ってくださいよってお願いしてるんですけどね。

ひろみ/そうですよね。
未来を描いて、そこに向かっていくっていう感じがいいですね。

ミキオ/そう、だから、この前も、伊是名と伊平屋に行ったときもそうですけど、と
にかく子どもたちを、中学3年生をですね、みんな修学旅行をシンガポールに行かそうっていう風に今進めてるんですよね。
やっぱり人材。
これ観光を引っ張るのは人材なんです。
これをどーんとやるとかね、だって50億あるんだから。
子どもに使うとか。
やっぱね、なんかわかるんですけどね、やっぱそこになんか哲学があってもらいたいよね。

ひろみ/夢を描くときの哲学ですよね。

ミキオ/そうそうそう。
やっぱこの子なんかが描くんだと。
いうようなものを考えたら、子どもにこれだけのお金を落とそうと。
使うぞと。
それで観光の将来、将来担ってもらうぞと、いうようなことをですね、やっぱもうちょっとメニューから感じられないと、いうような感じをしましたね。

ひろみ/まあ各地方の皆さん聞いてらっしゃると思うのでね、ぜひそういう夢のある、未来が見られるような使い方っていうのを考えていただいて。

ミキオ/ラジオお聞きの皆さんにお願いですが、この一括交付金で一回、役場に問い合わせてください。

ひろみ/なかなかそういう発想なかったですよね。

ミキオ/そう。これはみなさんのためにあるお金だから。
役場に問い合わせして、なんのために使っているんですか、どういう使い方してるんですかと。
国の新しい制度で、あなたの地域の組長にボールを投げているんですから。
組長が決める予算なんですから、そういう意味では、私にいわせれば、これは、みんな興味を持ってもらったら、しっかりできるんじゃないかなというふうに思っていますよね。

ひろみ/ぜひ皆さん尋ねてみてください、皆さんの住んでいる市町村。
どんなふうに一括交付金を使っているか。

ミキオ/構造ですよ構造。
またすぐに、また公民館作ってくれとかなんとかっていう方法に走らないで次の世代に向かっての構造でお願いしますよ。

ひろみ/今那覇市の話でちょうど、ミキオさんがハーリーの話をしていたので、ちょうどこの5月1日もゴールデンウィーク入って那覇ハーリーが入ってきますが、はやりハーリー船に、以前から言っていますが、観光の方を誘導できないかという。

ミキオ/あれ、初日は子どもたちなんですね、校区別に、船に乗って漕ぐんですよ、4日は休みで、5日は職場対抗。

ひろみ/そうですよね。
御願バーリーとかありますもんね。

ミキオ/最後が御願バーリーになりますけど。
その間で各ホテルで、僕は参加してもらいたいんですよね。
各ホテルの半分はこのホテルに泊まっている観光客。

ひろみ/面白いですよこれ。

ミキオ/会社も、もしNECとかやっているじゃないですか。
そこも、営業所の職員じゃなくて、東京から沖縄に遊びに来た職員を乗せることとかに決めたりして、外の人とマッチングして、ハーリー漕いで楽しかったって言って帰るような。そういうハーリーにしたい。

ひろみ/これは一大観光の目玉にもなりますよね。

ミキオ/青森のねぶたなんかにしても、着物全部だしてくれて、ねぶたの格好をして、阿波踊りも全部しますが、見るだけじゃなくて体験するみたいな。

ひろみ/おどるあほにみるあほみたいな感覚ですよね。

ミキオ/それと同じように、ハーリー船には、あの数の人が漕ぐわけだから。
あの数の半分がが本土からきた観光客だったらどうですか。

ひろみ/盛り上がること間違いなしですよね。
毎年来ようというリピーターが。

ミキオ/そうそうリピーターが。
もう1000人近く漕ぐんじゃないの?
周りの家族も騒ぐし、なかなか良い感じになると。
今は、ちょっと、沖縄の人だけ乗って、漕いで、焼き肉パーティーしてお酒飲んで終わりみたいなところがあるので、観光に主するような那覇ハーリーにしたい。
あれだけ魅力がありますからね。
大綱引きみてわかるでしょ。
観光客いっぱいでしょ?

ひろみ/あれ楽しいみたいですよね。
海外の人も。

ミキオ/そうそう。
みんななんか引っ張っている人たちが楽しそうに。
あれを那覇ハーリーに取り入れて、それで最後は本バーリーをみて沖縄の歴史を見て、感激して帰るという。

ひろみ/夢のある那覇の未来についてまたもう1度考え直す時期かもしれませんね。
この番組はリアルタイムで文字情報も配信しておりますので、ぜひ、ミキオポストのトップページもごらんください。
春らしい曲です。
スピッツで、春の歌。

♪ スピッツ/春の歌 ♪

ひろみ/さあ、続いてはミキペディアのコーナーです。
このコーナーは、1つのテーマについて、下地ミキオさんよりウィキペディアよりもわかりやすく説明していただこうというコーナーですのでミキオさんよろしくお願いします。

ミキオ/よろしくお願いします。

ひろみ/きょうのテーマは、なんですが、これはちょっと重いテーマなんですが、貧困。
それも若い方の貧困。

ミキオ/今沖縄の貧困率は、29%です。
全国の平均は14%です。
2倍以上貧困率があります。
貧困率が生まれる最大の理由は経済規模が小さいから、それで貧困が生まれる。
貧困が生まれるとどうなるかというと、幼児虐待とか、そういう残念なことが起こる。
これが10年間で25倍くらいになります。

ひろみ/25倍。

ミキオ/これが起こると学力が低下する。
これが今、偏差値が18で47番目です。
北海道が46番目なんですが、これが38と、2倍以上変わる。
このサイクルをどう変えていくかということになって、学力を良くして、幼児虐待をなくして、貧困をなくして、経済を活性化する。
このサイクルを作らなければダメなんですね。
これを直すための1点目には、みんなが裕福になれば良いんですよね。
だから、みんなが会社がうまくなって、倒産する企業がなくなって、給料が上がって、ハッピーになれば1番です。
タクシーの運転手の1日の売上が2万を越える。
いまはそうはいかない、1万行かない場合もある。

ということは1番目のハッピー、ハッピーの経済が良くなることはまず、政治が良くならないといけない。
だけど、右のほうでは、もう1つはハッピーになる人だけではないという人がいるものをだれがどういうふうにして、このサポートとしてセーフティーネットを作るか、支えるかということを決めなければいけないと思うんですね。
私はどの切り口でこれをセーフティーネットをするかというと、親にお金を援助して子どもを守ってもらうというやり方もありますね。
だけどそれ以上に、子どもの教育に視点を当てて、子どもの教育にお金を上げていくと、いうことで、そのことをセーフティーネットをやるということがありますね。
でも私の場合は保育料は3万円、幼稚園もそれぐらいします。
あと、8000円くらい給食費がありますが、こういうのをどうやって、減らしていくか。
これをゼロにするというようなことで、子どもの、ハッピーでないところの、お父さんがいても子どもの教育は平等にできる。
全部できるという仕組みを作るというのが大事(だいじ)。
教育費がゼロというのは貧困対策の1番の大きな柱になると思います。

ひろみ/そうなるとありがたいです。生活費においての教育費は大きいですから。

ミキオ/これに何が価値があるかというと。お父さん、お母さんにお金上げて、頑張れといっていますが、それも大事(だいじ)ですが、教育だけは絶対に平等でやってれば、この子は必ず親を支える人材になり得ることなんですね。
お父さん、お母さんに投資をするよりも、子どもに投資をしたほうが、最終的には親を支える人材になる。
こういう姿をつくっていかなければいけない。
さっき言ったように那覇市が30人に1人でしょ生活保護。
浦添市が40人に1人。
宜野湾市が50人に1人。
この数字があるから貧困率が29%になっているわけ。
この生活保護を受けて、なくなく、自分の意志とは別に、残念だけども受けている方々には、こどもがいるわけですよ、この子どもたちが今、若い子たちがテレビでも出ますが、沖縄でその若い子どもたちの貧困、子どもの貧困が作られている。
この前、子どもの貧困の防止対策法という法律までできた。
そこは、案外、この国裕福になったみたいだけど、格差があって、そういうのがあるということを皆さまにも、ご理解いただくと同時に、ここに対するセーフティーネットをもっと力強く、ただ親を生活保護にするだけじゃなくて、その後の、子どもたちをもっと支える制度を私は作らなければならないと思います。
怒られるかもしれないけどね。
僕は、そろそろ、下地ミキオの考え方としては、朝の学校給食で朝食を出したいと。

ひろみ/学校で朝食をたべようと。面白いですね。

ミキオ/いま、昼食は学校でありますよね。
朝食も私たちが国、県の制度として子どもの朝食もみましょう。そして、昼食も見ましょうという仕組みをする時期にきていると思ったりしています。

ひろみ/朝食を学校で食べるとなると、生活スタイルが変わりますね。

ミキオ/早めに来てもらって、朝食を食べて、落ち着いて、また勉強に励む。それは食育にもなります。また、なかなか今、食べない子どもたちの比率は高くなります。安定した精神状態が作れます。
何言ってるのよと、朝食は親の責任と言う人もいます。
だけど考えてみてください、20年前に介護保険法ってありましたか。

ひろみ/なかったですね。

ミキオ/自分の親は子どもが面倒を見る。
今どこで、じいちゃんばあちゃんは食べてますか?デイケアに行って食べてる。夜もホームヘルパーがきていますね。朝ご飯の制度もありますよね。子どもがいるから子どもがやりなさいといいますが、やはり、子どもを大人たちは仕事を頑張らなければならないし、自分の子どもの面倒も、いろんなこともあるから、国の制度でやりましょうと。
少子化になってきて、私の子ども女の子ひとりですが、この女の子が一人っ子の男の子と結婚する確率が60%くらい。
となると、4人くらいの親の面倒を見なければならない。これは見れませんと。
このようなことで私たちは国で介護保険法を作りました。
だからご飯も国が。ホームヘルパーがきて、お風呂場を洗ったり、おしめも替える。
これは全部子どもがやってきたことをいま制度としてやっている。それと同じように、学校給食もその時期だと。子ども産んでもらってありがとう。子どもというのは、親だけのものではなく、国としての大事な子どもという認識に国家が立つべきだと思うんです。
となると私は今、同じ教室の中に、この朝食があって、食べてもらって、子どもがいて、増えている現状からすると、そろそろそういう、朝一緒にご飯を食べましょうと。
親は、朝ご飯はお父さんの文だけ作ると怒られるかもしれませんが。

ひろみ/もし私が小学生で、朝食があったら、朝一番に行きます。プリンがあるかなとか、子どもは食べるの好きですよね。

ミキオ/食べるのに意欲を持ってもらい。みんなで食べると楽しいでしょ。学校給食だから早く来ないと行けない当番の人は。

ひろみ/たしかにね。
これは親とか、地域の方とかの協力が…。

ミキオ/それが大事です。早く来ること。

ひろみ/年寄りの方は、うちの両親もそうですが、早起きしているので、近所のおじいちゃん、おばあちゃんも来て、手伝ってもらいましょうと。

ミキオ/そういう時代じゃないかと。

ひろみ/私はぜひね、よろしくお願いします。
うちには子どもはいませんが、手伝いくらいなら…。

ミキオ/これが大事なんです。
本村さん、子どもがいない方が一番大事なんです。子どもがいない方は誰かに必ず支えてもらわなければならない。だから他人の子どもも大事にしないといけない。
自分の子どもが自分の親を支えないといけないと言われても、ピンと来ませんよね。
怒られるかもしれないけど、今はそういう時代になっている。
みんなで一緒の老人ホーム入ろうなとか、会話で、よく笑い話で。

ひろみ/モアイとかでそういう話になってるんです。
みんなで一緒に老人ホーム。

ミキオ/お前横の部屋くるなよとか、そういう。それは悪いことではない。
のびのびと子どもは自分の人生を生きてもらう。彼らも私たちと同じようになる。
そういうことも1つの選択肢の1つとして、親子で住む人がいてもいいんです。
どっかの選択肢を否定する必要がないんです。
私は思っているので、子どもの貧困はものすごく沖縄で大きくなっているということを考えると、私はハッピーハッピーという経済政策は絶対やらなければならない。
それと同時にセーフティーネットをやる。
それと食育を考える。食事さえしていれば何とかなる。
学校におれば、中学三年生間で健康に生きられるということを、それをしっかりやるのが原点だと思っています。

ひろみ/朝食のある学校の近くに住みたいと思ってしまいましたね。
ぜひ、この話を実現できるように応援しています。
今週のミキペディアは貧困の話でした。
ティンクティンクで未来のため。

♪ ティンクティンク/未来のため ♪

ひろみ/さあ、あっという間の時間で、ミキオポスト OnRadio、きょうもエンディングですが、ゴールデンウィークなので、元気の出る話を。

ミキオ/元気の出ない話をして良いですか。
家に犬がいるんですが、フウマくんって犬が。このイヌは警察犬にするんです。今度のゴールデンウィーク終わると、警察犬学校に出すんです。入学です。
この時期に、赤ちゃんからうちにいるんで、この時期からかわいがると良い警察犬になると言われてものすごく大事にしましたが、お別れのシーズンがきました。寂しいです。

ひろみ/でも育って帰ってくるときには立派になっているんですよね。

ミキオ/立派になっているが、来るなといわれているんですよね。
気が散るから、見に来るなと。現職で頑張っている間は。寂しいですよね。

ひろみ/今はあかちゃんのように、体は大きいんですが、すね方とかかわいいですね。

ミキオ/うちの家内は、僕のご飯の心配はしないですが、うちのフウマのご飯は煮干しをいれたりして健康大丈夫か?とかやせていないか。なんか食いつき弱いねと、俺の心配しろよといいたいところなんですが。

ひろみ/可愛いフウマくんも育ちますよね。

ミキオ/この、ペットというのはいいですよね。人と人とのつながりをつなげるというか。
犬は大事です。猫も…ペットですよね。

ひろみ/ミキオさん動物好きですよね。ピーちゃんはじめ。

ミキオ/ピーちゃん好きでしたね。ハトのピーコも好きでした。

ひろみ/ぜひゴールデンウィーク期間中は、子どもの国いったり、動物と接する時期もあるのでふれあうと優しい子になると思うので。

ミキオ/いいですね。良い子になると思いますよ。動物を大事にしてほしいです。
この前の話で…話が飛びますが、夜に事務所に帰ると猫がいないと探している人がいて、一緒に探しましたよ。
なんか寂しいでしょうね。
私もわかりますよ。フウマがいなくなって、戻ってこなかったら。家内が…余計なことをいわないでおこう。

ひろみ/ぜひ皆さんも楽しい週末を過ごしながら、家族とペットと楽しい時間を過ごしてください。ミキオポスト OnRadio、もうちょっと時間をいただいて、ミキオさんと動物トークをしたんですが、ゴールデンウィークの予定は忙しいですか?

ミキオ/ゴールデンウィークは私どもにとっては稼ぎ時といいますか、みんな帰ってくるじゃないですか。そのときにみんなと会うとか。

ひろみ/1日に何人も会ってますよね。

ミキオ/それが私たちの勉強ですよね。相手の話を聞くのが政治家にとって大事(だいじ)ですよね。「おー」って思うことたくさんあります。驚きが良いんですよね。いろんな手配をしても、ミキオさんこれ違うよ。そうかそうかみたいなケースが多いんで、それを大事にする。ゴールデンウィークはみんながバーべーキューしているとこに御邪魔して、ビール飲みながら話を聞くという。

ひろみ/ミキオさんきたら楽しんでください。

最後に質問ですが、リゾート婚にでたと言ってましたが、自分の結婚のときを思い出したりするんですか?

ミキオ/20年前のことですからね。

ひろみ/結婚式に出ると、妻を大切にしようとか思ったんではないですか?

ミキオ/それは間違いなく思っています。

ひろみ/あっという間の時間でした。ミキオポスト OnRadio、今週も最後までありがとうございました。ぜひ来週もお聞きください。
ナレーターは本村 ひろみと、メインパーソナリティーは…。

ミキオ/下地ミキオでした。ありがとうございます。

ひろみ/それではまた来週。