実現力

今朝、久しぶりに青果市場にお邪魔しました。

やはりいつも通り活気がありました。

私の好きな場所であります。

「オレンジ」色のみかんも、美味しそうでした。

政党そうぞうと日本維新の会沖縄県総支部で、定例の合同役員会を行いました。

来月行われるオスプレイの県外での訓練を視察することを決めました。

私たちがこれまでずっと取り組んできたオスプレイ訓練の本土移転が、来月実現することになりました。

大阪維新の会と政策協定を結んだのが5月1日、官邸で安倍総理と菅官房長官へオスプレイ訓練の本土移転を要請したのが6月6日。

その後、全国の自治体と知事宛に、オスプレイの訓練受け入れの検討を要請してまいりました。

オスプレイが沖縄に配備された現実を直視し、沖縄の過重な米軍基地負担を軽減するための行動を続けてきました。

10月上旬から滋賀県と高知県で行われる日米合同演習にオスプレイが参加することになったことで、沖縄から物理的にオスプレイがいなくなります。

こういった地道な行動を続けながら、これからも沖縄の米軍基地負担を一歩ずつでも実現していきます。

私たちの行動を追う形で、他の政党も同じような行動をとりつつあります。

何が沖縄県民のためになるのか、冷静に考える必要があります。