2014.8.12「北谷町の皆さんこんにちは/終戦69年目」

日時:平成26年8月14日(木) 20:00-20:58
場所:FM21

ひろみ/8月14日木曜日の夜、午後8時になりました。皆さん、こんばんは。本村 ひろみです。
ミキオポスト OnRadio、さあこの時間からスタートですが、本日8月14日というのは、この方にとっては思い出深い日のようです。メインパーソナリティはこの方です。

ミキオ/誕生日の下地 ミキオです。よろしくお願いいたします。

ひろみ/おめでとうございます。みんな知ってると思いますが、おいくつになられたんで
すか?

ミキオ/53歳ですね。

ひろみ/まだ若いですね。

ミキオ/中年ですよ。

ひろみ/四捨五入したら、50ですよまだ。

ミキオ/だけど、昔は、53歳の方って、ものすごく先輩って感じがしたけど、自分がなってみると、そうでもありませんね。

ひろみ/まだ気持ちも、考え方も若いまんまで。

ミキオ/自転車に乗ってもこげるし、大丈夫だと思います。

ひろみ/そうなんです、自転車、ロードマップをミキオポストで見ている方は「まさかや」って絶対いっていますよ。電動付きかってくらい、あれ1日何時間走ってます?

ミキオ/1日…この前のお盆の、ウークイの日は、山原いって8時間くらいかな。

ひろみ/これ鉄人と言われても、おかしくないですね。

ミキオ/疲れましたね。

ひろみ/そのうち海も泳ぐようなったら、トライアスロンですよ、ミキオさん。

ミキオ/トライアスロンまで出たら、大変なことになります。

ひろみ/さて今週もミキオさんのお話しを伺います。
この番組は、アイセックジャパンさんのサービスを利用して、リアルタイムで文字情報も発信しています。ぜひミキオポストのトップページからご覧下さい。
ここで1曲お届けします。夏川りみで、祭りのあと風。

♪ 夏川りみ/祭りのあと風 ♪

ひろみ/ミキオポスト On Radio、お届けしています。
今週のミキオさんのコーナーは、何といっても毎朝おこなっております、「ゴミちゃーひろいープロジェクト」それから、自転車で県内を走り回っているというお話しですが。

ミキオ/この「ゴミちゃーひろいープロジェクト」は、やってみるといいですね。
なんか、そのなんか、ゴミ拾いというのは、自分にとって、なんか落ち着きを取り戻す時間というか、なんか、ゴミを拾いながらいろんなことを考える。なんかあの、ゴミ拾いって、心をすがすがしくするというかと、そういう思い。
ちょうど1年くらいになるのかな、ゴミ拾いやって。ものすごく今、充実しています。
きょうね、ある先輩から聞きました。ゴミ拾いを10年やって、大人ですと。あと9年あるといわれました。やっぱり、だけどそのくらい地道にやるってのが大事(だいじ)ですね。
ゴミ拾いするときは、ゴミを捨てる人を怒っちゃいけないというのが1点。ゴミを拾わない人も怒っちゃいけないと。ゴミを捨てる人に対しても、いやな気持ちになっちゃいけないと、哲学的なことをおっしゃるんですよ、その方が。

ひろみ/ほんとですね、禅問答みたいですね。

ミキオ/そう、禅問答。
その方が、きょうも私にいってましたが、これと同じように、選挙やっても、相手の悪口言っちゃいけないと、相手が幸せになってね、といいながら、選挙して、下地さん、勝ちなさいと、すごい哲学的なことお話ししますよね。相手が幸せになることを祈念して、あなたが選挙を勝つと。

ひろみ/じゃあ、今ミキオさん、この心持ちで。
朝日を浴びながらゴミ拾いしている写真をFacebookで拝見していると、ほんと凄いなと、私だけじゃなくて、皆思ってると思うんですが、これを続けるの、大変ですよね。

ミキオ/そうですね、だけどなんか自分がやると決めたら、案外、まじめにやるタイプなので、苦ではないですね。

ひろみ/先日、書かれてたんですが、タバコの捨て殻はよくないみたいな。

ミキオ/たばこの捨て殻が多い。だから、JTが開発しないかなと思って。捨てたら、溶けてしまうような、環境に優しい、そういうものを開発してくれないかなと思います。
フィルターが多いんです。あれは、やっぱり最後、ぱっと捨てるんでしょうね。でもそれが路上に落ちても、路上で溶けてなくなって、それが環境に問題もないと、こんなものにならないかなと。

ひろみ/そこを開発すると、みんなが喜びますね。

ミキオ/ゴミ拾いの7割は減ると思いますよ。

ひろみ/ミキオさんは、いま各地域のゴミ拾ってるので、もしかするとゴミから見える地域の環境とか、ここには男の人多いとか、タバコの吸い殻から来ましたが、あるんでしょうね。

ミキオ/これ以上に、やっぱりこの地域、ゴミ多い地域ある。ゴミのない地域というのもありますね。もう、地域の人がちゃんとやってるとわかるところと、ここ、もう少し地域頑張ったらいいのにと思うとこと、ここは捨てやすい場所だなというところがあります。中央分離帯とか、ああいうところ、ぽーんと捨てるんでしょうね。
特に、私が思ったのは、今度の私の公約にもあげたいんですけど、やっぱり道路の美化、雑草の処理、これには少し予算入れないと、沖縄らしくなくなっちゃいますね。

ひろみ/確かに、夏場は草ボーボーの、中央分離帯ってありますもんね。

ミキオ/相当多い、また、それがやっぱり沖縄の雰囲気を壊してるんですよね、沖縄の。そこにゴミが集まる。なんというか、草がないと、ゴミは集まらないんですよね。草むらがあると、そこに投げちゃうという、そういうかたち。草むらの中はとにかくゴミが多い。これはチェックしないと。

ひろみ/このゴミ拾いプロジェクトに関しては、ちゃんとミキオポストのほうで、今度はどこいきますと、何日か前まで告知してるので、ぜひラジオを聞いている方でお近くの方は参加下さい。各地で皆さんの声いただきながら。

ミキオ/自転車もまた、いろんな方と会える機会が多いので、これまたやめられないですよ。

ミキオ/本村さん、僕の日焼け見て。

ひろみ/もう、1週間で凄いことなってますね。先週から今週にかけて、これ痛くないんですか。

ミキオ/いまのところ痛くない。もう1日で日焼けが、黒くなっちゃうくらいの。だから、大変、沖縄は暑い。これがまた沖縄の魅力かもしれませんよ。

ひろみ/先日、ニコ生してるミキオさんみたんですけど、ライトをくれというコメントが出ているくらい日焼けで真っ黒になっている。

ミキオ/次にニコニコ動画するときはもっと黒くなってると思いますよ。

ひろみ/ぜひライト、スタッフの方準備してください。
山原ロード走ったあとに、またいきなり糸満に行ってという距離間を見ていると、各地ではやはり大勢の皆さん、待っていてくれて。

ミキオ/そうですね、エイサー大会に糸満(いとまん)で米須(こめす)にも行って、ウークイしたとこにも行って、喜屋武(きゃん)のエイサーにも、津嘉山(つかざん)のフィナーレは12時でしたよ。

ひろみ/じゃみんな寝静まる時間というか、その時間が締めくくりなんですね。

ミキオ/みんなウークイ終わって、送って、エイサー見て、飲んで、これで終わりという。良い文化です、沖縄は。すばらしい。きちっとこれからも守らないと。

ひろみ/お盆が、エイサーがあったり、各地を回ってミキオさんも体感したということで、ぜひミキオポスト、Twitterで写真がでてますので、見てください。
ここで1曲お届けしましょう。BEGINの曲です。家へ帰ろう。

♪ BEGIN/家へ帰ろう ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、この番組は北部地域はFMもとぶ、中部地域はFM21、南部地域はFMレキオ、そして、FMくめじまの4局ネットでお届けしています。
また、インターネットでは世界中の皆さんにお聞きいただいています。
ミキオさん、地域フォーカスで、今週は北谷町にフォーカスです。

ミキオ/北谷町ね、この前ね、北谷町の海水淡水化施設見てきました。1日4万トン、水作るんですが、これは非常に沖縄の水事情には貢献しますね。だから、4万トンできるということで、渇水化対策のセーフティーネットになってるから、雨が干ばつになって、再フル稼働したら、渇水が、断水時間が短くなるとか、いろんな対策できるんで、これは北谷にある海水淡水化は沖縄の宝物だなというようなこと1点。
それと北谷町はね、今の野国村長さん、私の現職のときから陳情しているんですが、アメリカの基地内の大学、5つぐらいあるんですが、これを外に出して、沖縄の子どもも入れるように、通えるようにしたい。

ひろみ/ぜひ、皆さん近くにある海外の大学ですもんね。

ミキオ/単位取れるんですから。これ、私、政策の中にも入れて頑張ってみたいと思いま
す。せっかくだから、基地があることはマイナスだと言われることもあるが、あるという現実の中で、そこにアメリカの大学の単位が取れるというならば留学しないで、この沖縄にいて、親の家から通って、アメリカの大学の単位が取れるというのも、これも1つの魅力。これも1つやったらいいなと思ってます。
3点目は、北谷の町並み。今度ヒルトンホテルができましたでしょ。すごいホテルができましたね。ああいうホテルができてきて、町並みが非常にすばらしいものになってくるので、そういう意味では、この町並みをしっかりとまた、私たちは大事(だいじ)にしていきたいと思ってます。北谷は高級なまちづくりと、庶民的なまちづくりと、古着を売ったりと、混雑しているようなところが良い。あの雰囲気は、アメリカンビレッジといわれた北谷だけど、あの雰囲気はぜひこれからも守っていきたいと思います。
北谷ではアメリカンビレッジ、沖縄市は音楽のまち、そして北中城では、なんの町、とか、そういうものの1つの象徴的なものに北谷のアメリカンビレッジはいいのかなと思ってますから。
あそこにサーフィンの波がすごくいい。あそこはさらに、サーフィンのメッカを作りたい。サーファーたちが世界中から集まるような施設。ボートが置けるし、みんなが観覧車から見れる。そうやって海にも入りやすくなるとか。セーフティーネット、安全面ができるような施設。何か考えて作りたいと思っていて、世界大会なんかを北谷でできればいいと思ってる。ぜひそれは実行していきたいと思ってる。

ひろみ/沖縄の、ウェストコーストのような、ちょっとおしゃれなカルチャー発信みたいなね。ミキオさんサーフィンとかは?

ミキオ/サーフィンは、サーフィンですよ。

ひろみ/質問がまずかったですかね。スポーツができるんだなと思いましたよ。

ミキオ/やってみたけど、乗るって難しいですよ。

ひろみ/大変らしいですからね。

ミキオ/サーフィンってのは、北谷町の皆さん、沖縄の文化にしていきましょうね。

ひろみ/はい、これからもすてきなまちづくりで、頑張って欲しいと思います。
では、ここで1曲お届けしたいと思います。Ji ma maで、空へ。

♪ Ji ma ma/空へ ♪

ひろみ/ミキオポスト On Radio、お届けしてます。皆さんからのメッセージをご紹介いたしましょう。那覇のマエカワさんから、メッセージをいただいています。
ミキオさん、こんばんは。旧盆もあけました。私は長男嫁なので、主人の実家に行くと大事にしてもらっているんだなと。友人の話を聞くと、旦那の実家には行きたくないという意見が多いかな。私は幸せだなと思っています。

ミキオ/これ幸せですね、主人の実家に行きたくないのはちょっと問題ですね。やっぱね、お互いの家を行き来するのがいいところなんで、仲間のみなさんにもいってください。主人の実家にもいき、主人もまた彼女の実家にも行き、それを架け橋みたいにするとこが、いい家族関係ができますよと、ぜひ、お願いします。

ひろみ/おもしろいのが、相手の実家にいくと、食べ物の風習が違うのが、すごく勉強になるらしい、特に離島からだと勉強になるみたい。

ミキオ/食べ物は違う、味つけも違う、それが楽しみですよね。

ひろみ/お母さんこれ、こうやって作るの、うちはこうよと。名護のモーイ豆腐を、那覇のお嫁さんは知らなくて、それなにと、話きくと、地域によっては楽しい食文化の違いがありますからね。そうですよね、びっくりしました。若い方でしたが、海藻で作るのよと。知ってる人は、知ってる感じでしたね。

ミキオ/沖縄県民である以上、知らないといけません。

ひろみ/続いて、浦添市のゲンガさんから。
ミキオさんこんばんは。53歳になったミキオさんは、エイサーしたことありますか。

ミキオ/ありますね。

ひろみ/あれは、なんですか、宮古島にもあるんですか?エイサーみたいなの。

ミキオ/エイサーみたいなのは見たことない、でも、エイサーは、太鼓たたいていると棒になりますよ、手が。本当に体力、よく演舞を、2曲も3曲も太鼓たたきながら頑張る方は尊敬する。旗頭も尊敬。エイサーの太鼓をたたくのも尊敬する。あれは、そうとう訓練しないとできませんよ。やっぱりすごく、すぐにできるものじゃないから、練習ちゃんとしている皆さんすごいと思います。

ひろみ/あの旗頭(はたがしら)は、バランスがほんとに大変だと、ミキオさんから聞きましたが。腰が、ぎっくり腰ならないよう、皆さん、旗頭(はたがしら)の方は。エイサーの方は、あれだけ動いて元気ですよね。歌を歌って。

ミキオ/元気、あれは3キロくらい落ちるんじゃない、体重。

ひろみ/ダイエットにはいい。そんな簡単なことはできませんね。
那覇のノグチさんからいただいてます。障がい者が暮らしやすい沖縄をぜひ、作ってください。観光地としても、障がい者にも優しい沖縄をお願いします。

ミキオ/歩道とか、お店の方に、ぜひバリアフリーのそういうふうな対応ができるように、また県とか市が補助してくような、そういう仕組みを作らないといけないですね。やっぱり先進国、先進県、観光地は健常者はもちろん、障がい者がとにかく、安心して、道を歩ける、車いすの方々とか、目の不自由な人、耳の不自由な人、いろんな障がいを持った方々が、このまちは安全と、障がい者が太鼓判を押すところが観光地としては1番。障がい者が太鼓判を押さない観光地は、本物の観光地にはならない。そういう意味でも、私たちは優しいまちづくりというのはぜひしないといけない。

ひろみ/実際自分で体験で、車いすに乗ってみたり、アイマスクしてあるくと、怖いですからね。

ミキオ/怖い、簡単じゃない、人が後ろから、気配がするだけでも大変ですね。

ひろみ/そうですよね、何がどこにあるか分からない。車イスだと、ちょっとした段差でも動けないとかあるので、暮らしやすい沖縄をぜひ、お願いしたいですね。ノグチさん、ありがとうございます。
ここで1曲お届けします。サザンオールスターズで真夏の果実。

♪ サザンオールスターズ/真夏の果実 ♪

ひろみ/浦添のヨシモトさんからいただいてます。私もこれ見ました。先日、Facebookで、ハンドボールをしているミキオさん。ビデオみましたよ。以前ハンドボールやってたんですかというメールです。

ミキオ/ハンドボールはやったことないけど、ハンドボールは好きですね。
あれは球技の格闘技といわれているんです。ハンドボールは戦略性もあるけど、せめぎ合いとかぶつかり合いみたいなものが、バスケットとハンドボール。
ハンドボールって、ボールを入れるだけみたいだけど、そのまわりでぶつかり合ってる。激しいスポーツ。

ひろみ/イメージ的には、おしゃれな、格好いい感じですが。

ミキオ/浦添はハンドが強いところ多い。興南高校の選手なんかは、琉球コラソンが取って、世界一というのを沖縄で作れたら良いなと思いますね。

ひろみ/ハンドボールを、選手を育てる、沖縄みたいな。

ミキオ/素地があるんだもん。

ひろみ/ヨシモトさん、ミキオさんハンドボールやっていたそうです。野球は知っていましたが、ハンドボールは知らなかった。案外球技いろんなことされているんだなと。
もう一ついきましょう、キーボーさんからいただきました。
ミキオさん、先日のFacebookで、かなり大きなチャーハン作ってましたね。あれ美味しかったですか?と。

ミキオ/あれ美味しかったですよ。

ひろみ/あれどうやって作るんですか。

ミキオ/教えられませんよ。最後、1回やって、また焦げ付いたのを揺すって、これを5回やったのがあれになっている。

ひろみ/見てるだけでも、あれおいしそうで、Facebookのイイネ!の数がダントツ多かったと。

ミキオ/なんか、誕生日のケーキみたいな感じだったでしょ。

ひろみ/ミキオさん誕生日なので、きょうはチャーハンで。

ミキオ/それはちょっとどうかしら。

ひろみ/皆さんからのメッセージたくさんいただきました。
続いてこの曲をお届けしましょう。
sinonで海の匂いがする。

♪ sinon/海の匂いがする ♪

ひろみ/ミキオポスト On Radio、続いてはミキペディアのコーナーです。
このコーナーは、1つのテーマについて下地 ミキオさんが、ウィキペディアよりもわかりやすく解説してくれます。
今回は終戦69年目という話です。

ミキオ/まだ、終戦69年目、という思いに立つべきだと思うんですね。まあ、この69年間、戦争に巻き込まれずに日本という国家が発展したことついては、いろんな政治評価があるかもしれないが、戦争がなかったことについては、評価できるんじゃないかなと、私は思いますね。
憲法9条という、まれにみる、その憲法でありますから、それが大きな役割を担ったという人もいるし、そういう意味でも、なかったということからすると、評価をしても良いのかなと思います。
ただ、アジアの国々の中には、心に傷を持ってる方もいらっしゃいますし、我が沖縄県でも地上戦で亡くなった皆さんがいらっしゃるし、広島、長崎の東京大空襲、神戸大空襲、さまざまなことでまだ心が傷ついている方がいらっしゃるし、南方諸島で亡くなってまだ遺骨の収集もできてない方々もいるので、そういう意味では69年という時間は長い時間でなく、これからもその思いを大事にして100年、200年を迎えないといけないと思います。
ただこの、若い世代が、69年だから、私そのものも戦争経験はないし戦後の経験もないから、私たちがまた自分たちの子どもたちや、その沖縄に生まれ育った子どもたちに、どうやって戦争をやらないということを伝えるのか、たえず考えていく必要があると思います。 
ちょっとこの国は少し右傾化しているといわれますよね。集団的自衛権のときもそうでしたし、東京都知事選挙で田母神(たもがみ)さんという自衛隊上がりの方があれだけ票とって、日本はちょっと若い層が右傾化しているんじゃないかって、そういう表現されるということは僕も警戒しながらですね、若い人たちのどっかにはけ口で「もういいや」というのがあるから、そこに走っているんじゃないかというのがあるとしたら「もういいや」とならない仕組みを作ってあげないといけないと思います。
そのためには、民族意識とか愛国心ということをしっかりと育てていくのが大事(だいじ)だと思っていて、この愛国心とか民族意識の中には、コアとして戦争をしないということを、愛国心の中で考えるということを持たないといけないと思います。
愛国心というのは、他の国に対してよく国でまとまってあの国はといわれるときがありますが、そうでなく愛国心というのは絶対に戦争を起こさないんだというのが愛国心だという思いをもって、特に政治家がそういう思いに深く根を下ろした政治感覚を持ってやってくことが大事だと思います。
同じ過ちを起こさない、戦争をしない。戦争をした理由はいろいろお互いに言い合いがありますが、これは中国も韓国もアメリカが日本のエネルギーを遮断することになったから、日本はしょうがなく満州に出て行って戦争をしなければならなくなったとか、いろいろな紆余曲折はあります。しかし戦争したことについては、深い反省を持ちながら戦争しない、絶えず希望を持ちながら、政治家の先頭で下地 ミキオ頑張っていけたらと思います。

ひろみ/今週も熱く、いっぱい思いを語っていただいた、ミキペディアは終戦69年目という話題でした。
1曲お届けします。ザ・リッツで、ホロスコープ。

♪ ザ・リッツ/ホロスコープ ♪

ひろみ/ミキオポスト On Radio、あっという間のお時間なんですけども、ミキオさん、ニコ生を体験されて、沖縄でっていいますか、私の知ってる政治家さんで、リアルに出てくるってなかなかいないと思うんですよ、沖縄では初だと思いますが。

ミキオ/あれは緊張しましたね。

ひろみ/みなさんかなり書き込んでコメントも。

ミキオ/やっぱりだけど、30分ですけど、あのコメントを読みながら、答えを申し上げていくのはなかなか大変です。国会の予算委員会よりも大変な気がしました。

ひろみ/初めてにしては、見てるほうでミキオさん、落ち着いてメガネをかける瞬間もあって、さすがだなと、おもったんですけど。これは続けていくんですか?

ミキオ/続けていこうと思ってます。やっぱり生でね、県民の皆さんや県外の人もいらっしゃったと思いますが、こうやってコミュニケーション取ると。疑問、不満、意見、いろんなことを聞けるのは、ニコニコ動画のあの仕組みっていいですね。改めて思いました。

ひろみ/普通は、原稿があったり、皆さん、それが出てくるけど、でもニコ生って何が出てくるかわからないってことで、ちょっとハラハラ皆さん思ってたと思いますけど、ミキオさん柔らかく会話してて、笑顔もあったので意外に生放送向いているなって。

ミキオ/向いてるかどうかわかりませんけど、ただ、みんなが見てるので、自分が好きなところの答えだけじゃなくて、嫌なところの答えも言わなきゃいけないので、やっぱりものすごく心を込めてやらなければいけないなというふうに思っています。

ひろみ/真剣勝負の、ニコ生は、これからも続けていくということなので、下地 ミキオさんに質問がある方は、Facebook、Twitterにどんどん送ってください。
Facebookね、見てるのが楽しくてミキオさんいま走ってるんだなとか、アイス食べてるなとか、美味しいおそばをいただいているのかな、なんていう、いいですねあれは。

ミキオ/できるだけ、タイムリーに出したいと。数多いかもしれませんが、数多くしながら、私の行動をみていただくのも大事(だいじ)かなと。普通は政治家って行動を出さないんです。

ひろみ/と、思いますよ、今どこにいるかとか。大変ですよね。

ミキオ/だけど、全部出したいんです。今、大事(だいじ)なことは全部だして、その中で私の行動を見ていただいて、共感したり、何やってるんだと、いろんな声が聞けるようになればいいかもしれませんね。

ひろみ/私の友人、主婦層の方は、意外におもしろがってみていて、特にミキオポストでは、「超!ミキオジャーニー」ってことで、地図がでてますので、こんなに走ってるの?足、ぱんぱんじゃないっていう話をしてますね。あれ、足はつらないですか。

ミキオ/つらないですね。前ずっと1年半歩いて、ずっと朝はやっていたから、普段から心掛けてますから、大丈夫。

ひろみ/これから離島行くことも、予定があるんですか?

ミキオ/そうなんです。離島でも全部それでやりたいと思っていますから。

ひろみ/離島の皆さんも楽しみに、待っててください。あっという間のお時間でした。ミキオさん、この後も頑張って。

ミキオ/まだ、夜は更けていません、夜はこれから始まります。

ひろみ/ぜひお近くでミキオさん見かけたら、声をかけてあげてくださいね。誕生日、53歳、ほんとうにおめでとうございます。ミキオポスト On Radio、ナビゲーターは本村 ひろみでした。メインパーソナリティーは…

ミキオ/きょうで53歳になりました、下地 ミキオです、よろしくお願いします。ありがとうございました。

ひろみ/ありがとうございました。
さよなら。