「溜」

┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│下│地│ミ│キ│オ|の|メ|ー|ル|ビ|ジ|ョ|ン|
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
≫≫≫ http://www.mikio.gr.jp
2015年1月1日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「溜」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新年あけましておめでとうございます。

今年が皆様にとってよりよい年で、笑顔がたえない年となり
ますように祈念申し上げます。

私も健康で、大きな政治のうねりの中で沖縄がますます成長
し、わが国が安心して平和を構築して世界に貢献できる国と
なるように頑張ってまいります。

下地ミキオの今年の銘は「溜(ため)」。

下地ミキオは、行動力があるとか、悪く言えば暴走するとか
言われますが、2015年は一呼吸おいて、深呼吸して物事を進
めていきたい。

いま私・下地ミキオに必要なこと、沖縄県に必要なこと、日
本に必要なこと、それが「溜」だと思っています。

安倍総理は集団的自衛権や安保法制の見直しなど、様々な仕
掛けをしていますが、今一度立ち止まり、冷静な判断をする
ことが大事だと思っています。

沖縄県の翁長新知事も、普天間基地の辺野古移設に反対して
政府と対立していますが、今一度立ち止まり、どういう戦略
で沖縄の民意を実現していくのかを考える必要があります。

下地ミキオも一緒で、政治家として役割を担えるようになっ
てきましたから、戦略を立てても一呼吸おいて、その戦略が
正しいかどうかを、いろんな人の話を聞きながら判断してい
きたいと思います。

自分に対する新たなチャレンジです。

政治的には沖縄問題がどう進むのか、とりわけ米軍基地問題
や経済問題、政府と沖縄県の間合いがどうなのかを見極めな
がら、沖縄県と政府との間における下地ミキオの位置づけを
認識しながら、県民・国民に期待をされる行動をしてまいり
ます。

また、日本とアメリカとの関係においても沖縄の果たす役割
は大きいものがありますから、下地ミキオの日米両政府に対
する発言力・存在力もしっかりと果たしていきたいと思いま
す。

様々なことが動く2015年になります。昨年の年の暮れ、沖縄
県の翁長知事が安倍総理と会えなかったということがありま
したが、私は、翁長知事は安倍総理との日程が取れないのな
らば東京へ行くべきではなかったと思っています。

選挙で52%を得票した民意があるのですから、安倍総理が会
いたいと言うまで「溜」で、堂々と構えるということでいい
のではないでしょうか。

在日米軍基地の74%が存在し、アジアに一番近い沖縄のリー
ダーを無視して、わが国の安全保障は前に進むはずがありま
せん。

沖縄は政府に服従するのではなく、対等な立場であることを
しっかりと示す迫力が大事です。

沖縄と政府との構造をつくりなおすことが翁長知事の1年目
の仕事になるでしょう。

また、沖縄の経済は那覇空港の第2滑走路をはじめとして、
大きく動き始めます。

政府が沖縄振興予算を削減したとしても、沖縄経済のやる気
を見せること、知恵を出すことで投資を増やし、経済を成長
させていくことが必要です。

沖縄にそのポテンシャルがあることは間違いありません。

下地ミキオも黒田官兵衛の如く、「溜」の精神で戦略をもっ
て何事にも取り組んでいきたいと思います。

2015年も下地ミキオの政治活動にご期待いただき、叱咤激励
いただけますようお願い申し上げます。

下地ミキオ

 

⇒メールマガジンの登録はこちら