これどうでしょう?

その18「最新の冷凍技術」

mikio-this-what-about18

 

この前ですね、ある物を見てきたんですよ。
冷凍トランクを作る会社なんですけどね。

「ミキオさん、どうぞ。お寿司食べてください」と言って、ご飯がのっているところに、お刺身が来て食べたんですよ。

美味しいわけ。

それ、3ヶ月前に作ったお寿司だった。
すごい。

今こういう技術ができると、全部残されているものがあるでしょ?
万が一、野菜の取り残されているもの。あれ、全部取って、冷凍することができる。それでまた、3カ月後に出せるんですよ。
これがね、普通の冷凍技術じゃないわけ。冷凍と解凍と2つが世界でも初めてのケース。
三越なんかに出しているらしいんですけど。おせちとか、9月から作る。

作って置いておいて、この技術で冷凍していったらもう、解凍したらその日で食べられる。
すごいね。これね、沖縄で活用したいと思っているんですよね。
やるともう無駄がなくなるわけ。捨てる物が。

面白いね。この前、漁連に行ってこの話をしたら、漁連の人たちが、
「下地さん。マグロが本当にこれで成功したら恐ろしくなるよ」って言うから、今度、マグロを冷凍させてみようかなと思っています。

食が変わる。産業が変わる。無駄がなくなる。
1回冷凍したら、もう置いておけば世界中どこででも出せる。それでいきますから。

〜2015.8.27「ミキオポスト on Radio」より抜粋、編集〜

関連記事

  1. その22「日本の野菜のブランド化」
  2. その8「ロープウェイ構想」
  3. その9「ヤギの焼き肉」
  4. その14「小豆かき氷」
  5. その2「モズク海苔」
  6. その23「漆の眼鏡」
  7. その10「島ダコ料理」
  8. その15「青果市場で三ツ星を」

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP