聖域を破壊した軽減税率

メルマガを発行しました。

軽減税率に対する私の考えを書かせていただきました。

平等性をもって、将来性をもって、国民のための税制度を決めるとき、これまでは自民党税制調査会が、その崇高な使命をもって「力」を発揮してきました。

それは「聖域」と表現されるものでありました。

しかしながら、今回の軽減税率の論議は、国民のためのものではなく、選挙協力のための政治家のためのものとなっていることが大きな問題です。

そのことについて、皆さんと一緒にじっくり考えられたら幸いです。

島尻大臣の発言がマスコミで大きく取り上げられています。

「私は大臣ですので振興策の予算は1円たりとも絶対に減らしません」

島尻大臣は、そのことだけを明確に言うだけでいいのです。

曖昧な発言をすると、間違って伝えられることがあるのです。

考え方は明確に示すことが大事だと思います。