撤退は”ない”

本年度の予算が衆議院を通過して参議院に移りました。
日本は二院制なので、衆議院とは違う参議院の質問方法に安倍総理は案外苦戦するかもしれません。
今日メルマガを発信しました。内容は経済政策についてです。
株価と為替を中心にした経済だけではなくて、個人の消費を中心にした経済の在り方を改めて考えてもらいたいという内容になっております。ぜひお読みください。
話は変わりますが、昨日の衆議院の予算委員会で私が菅官房長官へ質問した、USJの件について、『現時点において、USJ側から沖縄進出撤回を検討しているという話は聞いておりません』と答弁を頂きました。
しかし、白紙撤回騒ぎでは新聞の一面(2/19朝刊)に載せていたのに、今回、官房長官が撤回という話を聞いたことがないと答弁したことは記事にしない。
一面で書いたことと違うことが出たなら、普通は載せるはずです。
それが載せないというのはおかしな話ではないでしょうか、しかしそれが現実です。
菅官房長官が言っている通り、USJが撤退といった話はありません。

12805962_519583508221481_3430437361986063262_n