一生懸命日誌

やさしい気持ち

天皇誕生日の宮中での行事に参加させていただきました。

天皇陛下もお元気なお姿で挨拶をされていました。

挨拶のはじめに、昨日の大火災に触れられ、被災された皆様をお気遣いになられていました。

本当に天皇陛下のやさしさが伝わるものでありました。

いま生前退位論が大詰めとなっているだけに、今年の83歳の誕生日は天皇陛下にとっても特別なものにおなりになったのではないかと思います。

お祝いの宴に入る前の待合室で、多くの国会議員が、昨日の北部訓練場の返還式典に翁長知事がなぜ参加しなかったのかということを、与野党含めて私に聞いてきました。

私は「翁長知事は参加した方が良かったと思います。返還はしっかり評価し、沖縄の過重な基地負担軽減についてはまだ道半ばであることをスピーチすべきだった。辺野古反対、高江反対は、自分の思いとして発言すべきだったのではないか」と答えましたが、みんなその通りだといっていました。

私はその意味でも昨日参加しなかったことは、東京では理解されていません。

ただ、沖縄の米軍基地問題は解決していないということを、知事がこの式典に参加しなかったというだけの問題にしないようにしなければなりません。

5861

関連記事

  1. 奥深く
  2. 空手の聖地
  3. 『奇跡のこども病院』
  4. 新たなステージへ
  5. 机上の空論
  6. 20141103 ミキオの一日
  7. 大きな玄関
  8. 政治家たるもの

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP