メルマガ

政治力“コントロール”の難しさ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
政治力“コントロール”難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週メルマガは、2つ項目について、短いながらも“ピ
リッと”した解説を加えながら、皆様に分かり易く、日本と
沖縄動きをお話しさせていただきます。

1点目は、地元会合席で「翁長知事は第2滑走路建設も邪
魔するつもりなか。岩礁破砕許可を遅らせ、2020年3月
用開始も遅れるんでしょ」という声を聴きましたが、県
係者から聞くところによれば、翁長知事が第2滑走路を邪魔し
ているということでもなく、手続きも事務的に淡々と進めら
れ、工事は遅れることなく、供用開始も予定通りだという結
論であります。

菅官房長官コメントが大きなハレーションを起こしました
が、これは政治的問題ではなく、事務的な段取りが大きな問
題であり、発端は沖縄総合事務局が県に対する岩礁破砕
請が遅れたこと、そして沖縄県事務処理能力にも問題があ
るとことでした。

いま政府と県は、普天間基地辺野古問題で対峙しているだ
けに、こような事務的手続き混乱が政治混乱化せぬよう
十二分に注意しなければ、沖縄県民にあらぬ心配をかけるこ
とになります。

2点目は、いま騒がれている「森友学園国有地払下げ問題」
であります。

「9億5600万円から約8億円値引きされ、1億3400万円になっ
た」ことについて、多く国民が疑問をもたれていることは
当然ですが、「法律違反であるか?」という争点において
は「法律違反ではない」という答弁を財務省理財局長は行っ
ており、安倍総理は「政治家は全く介入していないし、法的
にも手続き上問題はない」と強気発言を行いました。

しかし、鴻池発言がマスコミを賑わせ、安倍総理に対する政
治的ボディブローが効いてきたと指摘する評論家も多くなり、
「あっせん収賄に対する贈賄罪」適用もあり得るではと
報道も一部行われ、一般市民が贈賄申し込み罪で告発状
を大阪地検に提出もしております。

また、鴨池理事長が大阪府へ提出した収支計画書には「7億
5600万円」、一方、国交省に対しては建築費と設計費合計
として「21億8000万円」という詐欺的な申請を行ったという
ことも指摘されております。

つまり、「鴻池発言・申請金額違い」2つ事案が新たに
出たことで、今週から森友学園問題は局面が激しく動く可
能性が出てまいりました。

政治には「大きな局面」があり、それが政治家命とりにな
るケースがあるです。

翁長知事は「岩礁破砕許可問題」が、県民が望む第2滑走路
まで止めるかと思われ、反発を招くこととなりました。

また安倍総理も、「政治家が介入したら総理も政治家も辞め
る」と発言しましたが、これも決して余裕ある総理大臣
発言ではありません。

つまり、「政治局面」を自らに利する政治力は難しい
す。

衆議院議員
下地ミキオ

関連記事

  1. 下地ミキオのメールビジョン 普天間移設の着地点はどこに?
  2. 下地ミキオのメールビジョン “宜野湾市長選挙の勝因・…
  3. 下地ミキオのメールビジョン “政界再編成を占う維新の…
  4. トランプ対応国会!?いよいよ開幕
  5. 訪米報告~今世界で何が!?~
  6. 下地ミキオのメールビジョン 世にも恐ろしい話
  7. 新たな『政治の師』の教え
  8. 空港が“所得倍増”を生む

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP