一生懸命日誌

証人喚問の質疑で感じたこと

先ほどフェイスブック配信でもお伝えしましたが、本日証人喚問で質問にたちました。
 
突然大阪に降りかかったわけのわからない火の粉を、丁寧に振り払うことができたのではないでしょうか。
 
私が「ていねいに」と言ったら「興奮していましたよ、下地さん」とおっしゃる方もおりました。
 
それは確かにしょうがないことかもしれません。
 
ただ、事実と違うことはしっかりと指摘しなくてはいけないし、反省すべきところは謙虚に反省すべきです。
 
大阪の私学審議会が大阪府議会において「政治家の介入は一切ない」と答えているなかで、政治家の関与をにおわせるものの言い方をしたり、具体的に答えなさいと言えば、言えませんと答える。
 
そのような態度こそが、籠池さんの問題点だろうなと私は感じました。
 
特に指摘しておかなければいけないのは、共産党や社民党など、彼のこれまでの生き方やポリシーとはまるで真逆の人たちと組んで証人喚問にのぞんだことです。
 
一般的な証人喚問は、「与党が守って野党が攻める」のが基本ですが、今回は「野党が守って与党が攻める」という、きわめて異例なものです。
 
今日の証人喚問を踏まえて、籠池さんのおかしいところをもっと指摘しなければならないと感じております。

関連記事

  1. アピールを増やす
  2. 看板
  3. 久米島視察
  4. ウチナーンチュネットワーク
  5. 政耕宇読
  6. 引き締まる
  7. 皆さんの疑問にお答え
  8. 未来につながる選択を

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP