一生懸命日誌

緊迫する北朝鮮情勢

本日発信したメルマガにも書かせていただきましたが、北朝鮮の情勢は緊迫の度合いを日に日に強めております。

シリア空爆、その後の原子力空母カール・ビンソンを中心とする空母打撃群を朝鮮半島に派遣するというアメリカの軍事行動が意味する事を、世界と日本はしっかりと考えるべきです。

過去のベトナム戦争、そして、イラクにおけるISの現状を考えれば、空爆のみをもって戦略的な成功を収めるとは言い切れません。

北朝鮮の完全解放のためには、「壮絶な戦争状態への突入」という最悪のシナリオも想定されます。

そうなれば、わが国が不介入の立場でい続けることは決してできないでしょう。

北朝鮮のミサイル標的は「嘉手納・三沢・岩国・横須賀基地」の4つという説が有力です。

先日の訪米でとある下院議員が「日本も抑止力のために核武装を想定しては」との発言がありましたが、その真意はまさに「朝鮮半島はあなた方が想像している以上に緊迫している」ということだと私は思います。

この状況の打開に必要なことは、「中・露が米国との政治的妥協点をどうつくり上げるか」「中・露・米の超大国がシリア・北朝鮮情勢について同じ認識をもって解決に臨めるかどうか」です。

わが国はまず明確にトランプ政権の決断を支持し、次に韓国との融和を構築し、米・韓・日のなかに政治的な溝をつくらず、北朝鮮の軍事行動を最小限に食い止める「戦略的“我慢”外交」を着実に実行することが非常に重要です。

関連記事

  1. 実りの旅
  2. ムーチー
  3. ワシントンにて
  4. 強い沖縄づくりに必要なことは
  5. 営業マン・下地幹郎
  6. ウルウル
  7. チームワークとリーダー
  8. 安倍総理の記者会見について

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP