メルマガ

23日、森友学園問題に終止符!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
23日、森友学園問題に終止符!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あさって23日、参議院・衆議院の順番で森友学園・籠池理事
長の証人喚問が行われることになりました。

証人喚問は議院証言法第6条によって「偽証すると罪に問わ
れる」ことになるだけに、ひとつひとつの発言は重いものに
なります。

この森友学園問題の争点は、「法律違反か否か」というより
「嘘をついているのは、政治家なのか籠池氏なのか、はたし
て誰なのか」に向けられることは間違いありません。

「ウソ」「納得できない」「そんなことは断じて許さない」
という国民感情は今後、政治家の襟を正す大きな力になると
思います。

今回、森友学園問題がマスコミで大きくとりあげられると、
安倍昭恵首相夫人も、稲田防衛大臣も、鴻池祥肇参議院議員
もみんな、「籠池理事長とはあまり親しくない」というよう
な姿勢にうって変わりました。

あれだけ学校を訪問し、子供たちの教育を視察し、涙を流し
ながら教育方針を絶賛し、褒め称えていた人たちが、いまは
「10年間お会いしたことはありません」など、まったく態度
を豹変させていることには、多くの方々が疑問を感じている
ことと思います。

「昭恵夫人は籠池夫人とメル友の間柄だ」とも言われており、
もしそうであるならば、本当に近しい関係であったはずであ
ります。

それはそれとして認めながら、他方では、国有地売却につい
て毅然とした態度で対応する。

それが本来のあるべき姿ではないでしょうか。

今ごろになって「親しくありません」などと発言するから、
みんなが疑問の目を向けることになるのです。

安倍総理にとって23日の証人喚問は、政局的に大きな分岐点
になることは間違いありません。

「安倍総理は、法律的にも、道義的にも、発言においてもまっ
たく間違ったことは言っていない」という見方が国民の間に
広まり、今週末の各マスコミの世論調査で「内閣支持率55%」
を超えれば、安倍総理は「この野郎解散」を断行するのでは
ないかと、私は考えております。

安倍総理にとって、これまでの順調な5年のなかで、今回は
最大のピンチでもあり、そして同時に最大の反撃のチャンス
でもあると、私は見ております。

政治は本当に生き物のように、その時々で大きく姿を変える
だけに、この森友学園問題が23日の証人喚問でどのように変
わっていくのかは、多くの注目を集めることになると思いま
す。

いまヨーロッパに外遊している安倍総理は、外交日程をこな
しながらも、心の8割はこの森友学園問題にとらわれている
といっても過言ではないでしょう。

首相夫人が関わった証人喚問は、日本の政治史上初めてのこ
とであるだけに、ファーストレディはどうあるべきなのかも
問われることになります。

これを最後に、もう2度と森友学園のことをメルマガで書く
ことはないと思います。

衆議院議員
下地ミキオ

関連記事

  1. 平和安全特別委員会で下地ミキオが質問に立ちます
  2. 下地ミキオのメールビジョン 災害対応も進化させるべきだ
  3. 政治力“コントロール”の難しさ
  4. 下地ミキオのメールビジョン “来年度予算 沖縄場所を…
  5. 下地ミキオのメールビジョン 政治の本質が語れるのは誰か
  6. 下地ミキオのメールビジョン 世にも恐ろしい話
  7. 下地ミキオのメールビジョン 2つのリンク論
  8. 辺野古を阻止する唯一の方法は!?

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP