メルマガ

“新しい提案”がつくる安全保障

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“新しい提案”がつくる安全保障
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本維新の会の橋下徹顧問がCSIS(ワシントンに本部を置く
シンクタンク「戦略国際問題研究所」。2013年に安倍総理も
CSISで講演している)で講演した内容について、同行した私
からご報告いたします。

橋下顧問はまず、アメリカメイドの日本国憲法が日本政府の
怠慢により何の改正も行われず今日まできたこと、そして日
教組による教育は「ゆとり教育」の名の下に競争を避ける国
民をつくり、愛国心も自尊心も貧しい他力本願な今の日本人
を誕生させたという指摘をしました。

また、安全保障のプロ同士だけで理屈をつくって安全保障論
議をする時代は終わり、安全保障の考え方に民意がしっかり
とついてこなければダメであり、特に沖縄における普天間基
地の移設を巡る諸現象は、それを象徴するものだ。

日米同盟のあり方も、変わるのはまず日本からであるべきだ。

「日本の防衛力強化に外圧を」という考え方はアメリカにとっ
て新鮮であるか、私たちは今一度考える必要があるというよ
うな論理を展開しました。

橋下論理がアメリカの人々の胸にストンと落ちたかどうかは
まだわかりませんが、新しい提案をしながら安全保障を考え
ようというこの姿勢こそが、今の政治に必要であると考えて
おります。

特に、安全保障の専門家だけが考えることは空回りする恐れ
もあるし、現実に即せず逆行することがあるという指摘は、
非常に面白いものだったのではないかと思います。

明日はアメリカの上院下院議員らとの会談を多く重ねること
になりますが、役人任せにするのではなく、政治家自らがワ
シントンに赴き、対話を重ねて、沖縄問題、日米問題を考え
ていくことが大事であると信じております。

北朝鮮がデッドラインを超えただけに、わが国としても「防
衛のあり方」について、「GDP1%枠を超える防衛費」について、
「米艦防護のあり方」についてなど、様々な論議をこれから
深めていかなくてはなりません。

そして、アメリカ議会の理解、アジアの国々の理解が必要な
だけに、安全保障論議の強化と外交の強化を同時並行で一歩
一歩進めなくてはいけません。

私たちはかつて悲惨な戦争を経験したからこそ、安全保障の
強化と外交での理解を得ることが同時に必要であることをしっ
かり念頭におくべきです。

次号のメルマガでは、今回のワシントン訪問についての全容
をご報告させていただきます。

衆議院議員
下地ミキオ

関連記事

  1. 楽しく 政治をサイエンス
  2. “解決できる力”との矛盾
  3. トランプ対応国会!?いよいよ開幕
  4. 下地ミキオのメールビジョン “政界再編成を占う維新の…
  5. 経済と安全保障の2015年
  6. トランプ台風が世界を覆う
  7. 学べば学ぶほど・焦らずじっくり
  8. 下地ミキオのメールビジョン 参院選から垣間見えるもの

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP