ラジオアーカイブ

2017.4.6放送分「北朝鮮のミサイル発射/共謀罪性/近平主席と訪米/大田昌秀さんがノーベル平和賞」etc…

日時:平成29年4月6日(木) 20:00-20:57
場所:FMレキオ
ひろみ/ミキオポスト OnRadioのお時間です。
皆さんこんばんは、本村ひろみです。
そしてメインパーソナリティーはこの方です。

ミキオ/下地ミキオです。
よろしくお願いいたします。

ひろみ/はい、ミキオさん今週もよろしくお願いいたします。
もう花見シーズンの東京ですね。

ミキオ/はい、お願いします。

ひろみ/桜が満開ですか?

ミキオ/いやいや、もう東京は桜、桜、桜、桜、本当にどこを見ても桜ですね。

ひろみ/ねえ。

ミキオ/また桜のシーズンって人の心を穏やかにしません?

ひろみ/あー、ありますね、日本人なら。

ミキオ/なんか統計とってもケンカとか殺人の比率が少ないのがこの4月らしいですよ。

ひろみ/そうなんですか。

ミキオ/だからやっぱり人間は花を見たり、美しいものを見たり、本村ひろみさんを見たりすると穏やかになってくる。

ひろみ/ナイス!
ありがとうございます。
もう桜の本当にきれいな季節。
でも話題は今週もなんだかきな臭い話題も盛りだくさんということで、このあとたっぷり1時間お届けいたします。

ミキオ/はい、お願いいたします。

ひろみ/この番組は、北部地域はFMもとぶ、中部地域はFM21、南部地域はFMレキオ、そしてFMくめじまの4局ネットでお届けしています。
またインターネットでは世界中に配信をしております。
そして本日もリアルタイムで文字情報の発信です。
ぜひミキオポストトップページからご覧ください。

4月1週目の1曲目はこの曲です。
RADWIMPSで前前前世。

♪ RADWIMPS/前前前世 ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さあミキオさん、今週まずはいろいろあるんですけど、やはりミサイルの話題ですかね。

ミキオ/そうですね。
きょうも、朝も日本海に向けて小隊が飛んできましたけども、あしたまたトランプと習近平の会議がありますね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/これはもう間違いなく北朝鮮問題をどうするのかというのが大きな焦点になりますね。

ひろみ/はい。

ミキオ/今までの歴代の大統領で、中国は北朝鮮に対してしっかり交渉すべきだと。
しかしあなたたちがやらなかったら私たちがこの結論を出すとか、こういったことを明確に言ったアメリカの大統領っていませんね。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/これはすっごい大きなメッセージだと思いますね。
私がこの前ワシントンに行きましたよね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/ワシントンに行っていろんな方々と会ってきましたけど、私たちのこの会談の6割は北朝鮮問題をアメリカはどう考えているかというのをシンクタンクや議員に聞いてきたわけですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/結論はみんな一緒。
この4月の米中首脳会談を見ましょう。
米中首脳会談を見てその決断においては私たちはいろいろな選択肢の中で考える。
こういうふうなことを言ってますからね。
これは、そのままでは終わらないことだけは確かですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/この問題はもうこれまで見たいに引き延ばし作戦とか、適当な言葉ではもうアメリカは終わらさないと言っているから。

ひろみ/ええ。

ミキオ/しかし、中国に対して、習近平主席に対してあなたがやってくれと、あなたしかできないでしょ。
あなたが石炭を送らなかったらあそこに電気は付かないし、あなたが食料を送らなかったらあそこの国は持たないし、あなたが医薬品を送らなかったら向こうの国で患者さんは本当に路頭に迷うと。
それを送りながらやめてくれというからこうなってきたんだと。
これを徹底的にやめるということを明確にサインを出してくれと。
これは大きいですよね。

ひろみ/大きいですね。
かなり強行に出ていくわけですね。

ミキオ/こういう現状だっていうのが1点目にありますね。

ひろみ/はい。

ミキオ/2点目はどうなのかというふうになってくると、やっぱりこれはもう敵地攻撃をしなきゃいけなくなってくるわけですよ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/迎撃ミサイルではもう撃ち落とせない。
4発とか5発とか言ってますけど、狙うところは韓国じゃありませんよ、本村ひろみさん。

ひろみ/どちらになるんでしょう。

ミキオ/私の読みではなくて、考えでもなくて、間違いのない考えはまず嘉手納空軍基地、岩国、三沢の空軍基地、それに佐世保、横須賀、この5つの、この前4発飛ばしているけど、5発。
そこに迎撃すればもうこの北朝鮮を攻撃する能力はなくなる。

ひろみ/うん。

ミキオ/まず嘉手納飛行場F-15から空軍爆撃機からそういうようなものが一挙になくなるし、岩国もそのとおりになるし、三沢基地もそうなる。
それに原子力潜水艦を持ったり、原子力空母を持ってる横須賀がだめになって、イージス艦を置いてる佐世保がだめになったら、これは日本の安全保障では、もう崩壊ですよ。

ひろみ/こわいですね。

ミキオ/いや、やみくもに撃つわけじゃないんですよ。
これ5カ所なんですよ。
自分が攻撃されないためにも5カ所なんです。
自衛隊の基地なんか全く考えてない。
だからそういうふうな意味においてはこの迎撃態勢をどうするのかを考えておかないといけない。

ひろみ/ほんとそうですね。

ミキオ/一番はその中で今、この5カ所がよく言われているところに、今韓国にいる米軍関係者の家族、これが今わからないように避難し始めてるんですよ。
避難し始めてる。
それは、もう嘉手納基地とか、岩国とか、今そういうところにいっていますね。
これ相当に緊張感あるものだと思いますよ。

ひろみ/そういう状況になってるんですね。

ミキオ/そうそうそう。
このミサイル、韓国には撃ちませんよ。
在日米軍基地、日本にしか撃たない。
きょうフジテレビ見たら、在日米軍基地を狙うというフリップの中に沖縄が入ってなかったね。

ひろみ/あー。

ミキオ/こういうときだけは沖縄入れなくて、何やってるんだと思ったんだけど、それは置いといて、2点目にはそういう状況ですということ。
3点目には、先制攻撃というものを本当にやるかどうかですね。

ひろみ/うん。

ミキオ/アメリカは選択肢の中に入っているでしょう。
だからこういうような意味ではあるアメリカの議員なんかと話をしたら日本も核を持ったほうがいいんじゃないかと言う人がいたんで、私たちは日本の歴史上簡単に、抑止という観点からしても核は持てませんよというお話をして、そのあとに私たちが核を持つことをアメリカ議会は許すんですかと言ったら、議会が今許すとまでは言えないけど、論議をするテーブルには上げてもいいと思ってるんじゃないかと言ってたね。
もう論議をするテーブルに上げる時期に来ているんじゃないかと。
日本の敵地抗議についてはもう、おまえらそれ当たり前だろみたいな話でしたね。

ひろみ/そういう世界になりつつあるという緊張感のある世界ですね。

ミキオ/緊張感がある中でこのなんていうか、森友、森友、森友、森友って。
はー、もうほんとに。

ひろみ/耳にたこができてきましたね。

ミキオ/これは司法に任せる、もう司法に任せる。
証人喚問終わって、偽証罪で訴えるか訴えないかっていっても、偽証罪は全会一致で訴えないといけないから、普通は偽証罪とか、証人喚問呼んだら自民党が偽証罪で訴えようとする野党に反対するのが普通なんですね。
今度は自民党が訴えたいと言って、野党が嫌だと言っているんだから。
だからそういうようなことになってくるような、へんちょこりんなものになっているんです。
それだったらもうこれは司法に判断を任せて、大阪府大阪市がちゃんと監査を入れて、そこで違法があったら大阪地検に訴えて、そして裁判によって白黒つける。
それで国のこの8億円安くしたものが異常か異常じゃないかは会計検査員が明確にする。
それで会計検査員の監査が、それをやって違法性があったら財務省に処罰を与えると。
ただもう、簡単だと思いますよ、僕は。
あの森友に行ってみて、掘ってみて本当にゴミがあるかどうか確認すればいいんでしょ。
それでゴミの量が8億円かどうか決めればいいんでしょ。
ただそれだけなんですよ。
だから論議するよりももう、掘らせてもらったほうがいいんですよ。

ひろみ/すぐにわかる、答えが出るということですよね。

ミキオ/ボーリング調査すればすぐわかるんですから。
だからその2つを周りに任せて今はもうほんとに北朝鮮の危機的な問題をどう日本が対処していくかですね。
ただ迎撃という言葉で私たちの国が守れるかといったらそうはいかないと、こういうようなことになってるんじゃないかなと思います。

ひろみ/ここで1曲お届けしましょう。
星野源でSUN。

♪ 星野源/SUN ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さてミキオさん、国会の動きなんですが、共謀罪、先週もお話少ししていただいたんですけども、この件に関してのお話をさらに詳しく。

ミキオ/テロの準備罪といわれている、共謀罪ですね、これ非常に難しい法律、というか、本村ひろみさんが私を殴ったときに、本村ひろみさんは私に暴行をしたということで捕まるわけですね。

ひろみ/実際にこういう殴るという行為で捕まるわけですね。

ミキオ/谷元と2人で話をしたわけだ。

ひろみ/秘書さんと、はい。

ミキオ/そうか、ラジオの皆さんわからないから。
谷元という私の秘書と話をしてミキオを殴ろうと決めたと。
ちょっとあいつは生意気だから、手で殴ってもあいつには感じないと、ちょっと太ってるし肉付きがいいから感じないから。

ひろみ/そこまでなんかいろいろ膨らまさなくてもいいですけど、はい。

ミキオ/ちょっとバットで殴ったほうがいいと言って話をした。
それでバットを買いにいった。
しかもある日突然から谷元さんと、谷元さんは秘書でありながら、本村ひろみさんはフリーアナウンサーでありながらもちょっと変な団体に入って信奉者になっていると。
これはちょっと、異常になってきたなと。
この団体がまた危ない団体だと。

ひろみ/団体も特定されてくると共謀罪になるんですね。

ミキオ/街中で2人で話しているだけではだめなんですよ。

ひろみ/そういうことなんですね。

ミキオ/なんていうか危ない団体に入ってないといけないんですね。

ひろみ/そうなんですか。
ただ話しているだけではだめなんですね。

ミキオ/そう。
それでバットを買いに行こうっていったら今までだとその時点で逮捕ができないわけよ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/そこを今回は逮捕できるようにしようと。
だからこの問題は団体に入っているかどうかが認定ができない、本村さんのバックヤードが認定できないと、入ってるか、準構成員かもしれないという段階や、話をしている段階で捕まえるというのは相当に調査がというか、必要なんですね。

ひろみ/調べがいってないと出来ないわけですよね。

ミキオ/そう。
それでもしかして捕まえる可能性があるんじゃないかといろいろと論議を呼んでいるところになっているんですね。

ひろみ/これは難しい。

ミキオ/2つ目にはこの条約を通っているもんだから、これ条約に伴うこれは担保法案なんですよね。
今日本が犯人の引き渡しのできる国っていうのが8つぐらいしかないわけ。
だからこの法案をつくって、条約に入っているんだけど入っている時点で条約が施行されるとどの国とも犯人の引き渡しができると。
例えばシンガポールにいる変な団体が日本の下地ミキオをつかってテロを起こそうとしたというのがわかっているけど、今の国の現状ではシンガポールにいる下地ミキオの友達を、証拠が出ているにもかかわらず掴むということをシンガポール警察にお願いして送ることができないわけよね。

ひろみ/実際に動きがないとできないということですね。

ミキオ/この法律が通らないとできないというのがあるわけ。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/だけど民進党なんかはこんな法律つくらなくても、予備罪とかいろんなのがあるからできるんだというふうなものがこれでもまたぶつかるわけよね。

ひろみ/これはちょっと微妙ですね、解釈とかも、難しいですね。

ミキオ/そうそう。
だからこれは今北朝鮮の問題がある。
一番私たちがおそれなければいけないのは北朝鮮からのミサイルだけではないんですね。

ひろみ/ほかにも。

ミキオ/北朝鮮の工作員が、拉致家族という言葉があるように、あれだけの人を日本から連れ出しているわけですよね、一般の方々を。
何十名と連れ出しているわけでしょ。
間違ったらもう相当に潜伏している可能性があるんですよ。

ひろみ/あ、そうですよね。

ミキオ/何百人と、長い歴史の中で。
公安当局なんかもそういうのを認定しているし、相当入り込んでいると思うけども、彼らがテロを起こそうとする可能性が出てくる。

ひろみ/こわいですね。

ミキオ/そういう状況なんですよ。
東京オリンピックに向けても。
この法案がなくてもいいのか、つくらなくてもいいのかと言ったら、それ論議せないかんでしょ。
だから私たち論議はいいと言っているわけ。
だけども民進党はいや、性の犯罪の防止法案を先にやるべきだと言って、これを先にやらないから、テロの法案は、交渉しない、審議しないと言っているわけ。
だけど、自民党という公明党と3分の2を持っているところが、性的犯罪の法案を国会で通す、テロ法案も通すと言っているんで、これ順番のケンカではないだろうと僕は言っているわけ。
テロをやろうが、性防止法案やろうが、両方通すと言った、6月の議会までで通す、万が一延びても延長してでも通すということを与党が約束したら、これ順番よりも中身を論議を始めないといけないけど、この論議に乗ってこないわけ。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/そういうふうなところが今は問題になっているというとこですね。
だから非常にこの問題は国民の間(あいだ)でもいろいろ論議を呼んでいますから、私どもも慎重にしながらこの法案だけでいいのかということで独自案を出そうと。
我が党は、これでは捕まらないよ、この前最高裁の判決でGPSで捜査できないとかなったでしょ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/GPSで捜査をしないで犯人が捕まるかと。
テロに関してはGPS捜査は認めるべきだという声が私たちの党内である。
また、間違って捕まえた場合にこの人がはっきりと主張できるような機会をつくらないといけないということで可視化、取り調べを全部ビデオで録音する。
こういうのもやりたいです。
だけどこの可視化に関しては非常に問題があって、暴力団とか、テロ組織というのは確実にこの人に報復する可能性があるわけです。

ひろみ/あー。

ミキオ/だから可視化しないんですよ、わざと。

ひろみ/はい。

ミキオ/この人がどういうことをしゃべったかというのが裁判に出てくると、周りの人まで報復される可能性があるから、テロの犯人とか暴力団関係者のものに関しては可視化しないというのが、警察の今ルールになってるんですよ。
だからそういうことからしても非常に可視化というのは大変だけど、この法案については間違いを起こす可能性があるので、これは可視化をしたらどうかと、こういう論議を今しているということですね。
非常に難しいですよね。

ひろみ/難しい問題ですね、本当に。
ここで1曲お届けしたいと思います。
槇原敬之でどんなときも。

♪ 槇原敬之/どんなときも ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
国の話題、国内の話題もそうなんですけど、海外の話題もたくさんありまして、まず習近平主席と訪米、首脳会談、先ほども少し、オープニングで触れていますけど、これも大きな意義があるということですよね。

ミキオ/ちょっと沖縄の話題に触れなきゃいけないんで、これちょっと短くやります。
1つは駐韓大使が3カ月ぶりに帰任しましたけどね、慰安婦像が道路に置かれたというのを受けての抗議の意味での駐韓大使の帰還でありましたけど、3カ月後に戻りましたけど、銅像は変わってないということなんですね。
なんのために戻したのかといわれかねない状況ですね。
しかし、新しい政権になるんで、大使がいないということは大きな意味があるんで、私がこのときも言ったんだけど、政府は駐韓大使の引きあげをすべきでないと。
韓国という国家は私からするとまだ成熟してないんですよ。
情緒的なんですよ。
だからそういうふうな意味においては向こうとおつきあいしてケンカするんではなくて、なだめて教えてっていうレベルではないかと僕は思うよ。
だから駐韓大使を帰すんじゃなくて、大使がそうじゃないよと3カ月間言い回ったほうが結果逆だったんじゃないかと思うわけ。

ひろみ/あー、そうですか、うん。

ミキオ/強気の引き上げをする、安倍政権ならではのやり方だろうけど、そこは私はもう少し丁寧にというのが1点ありますね。
あとTPPをアメリカ抜きで発効するということでありますけど、私がずっと言っている話がありますが、FTAを二カ国間協議をアメリカとやって、TPPをアメリカ抜きでやるというんだったらいいです。
FTAをやらないでTPPをアメリカ抜きでやるというのはこれはちょっとこわいですよ。
アメリカは2400兆円のGDPを持っている国家。
韓国って100兆円ぐらいしかないですよ。
イギリスなんかで300兆円ぐらいですよ。
アメリカ抜きで経済回せますかと。
あの中国でさえも1200億円しかないですよ。
我が国は500億円しかないですよ。
アメリカの5分の1。
それだけの国家を抜きで世界経済をつくろうとするのが、そう簡単なことではないことですね。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/アメリカがやっとけよと、俺もう入りたくないからやっとけということでつくるんだったらいいけど、やるならやればいいさということでつくられたらよくないよと。
今回、来週から副大統領が日本に来て経済協議が始まります。
その次は麻生副総理がアメリカに行って協議が始まりますからこれじっくり見ながら物事を考えていくというのが必要かなと思いますね。
豊洲についてはもう、小池さんはほんとに決断力のない知事。
もう1日、本村さん、1日いくらだと思いますか?

ひろみ/このあいだクイズ出されてましたね、すごい金額でしたよね。
何百万円。

ミキオ/500億、違いますよ。

ひろみ/どれぐらいでしたっけ。

ミキオ/500万円か、500万円ですよね。

ひろみ/500万円はすごいですよ。

ミキオ/でしょ?

ひろみ/ええ。

ミキオ/もう捨てるんですよ。
これ500万ではないと思うよ。

ひろみ/数字のところは探してください、あとで。

ミキオ/今探しますから。
これちょっともう一回聞いてみますけど、相当な金額ですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/だけど東京都民は56%が豊洲に移転したほうがいいと言ってますね。

ひろみ/言ってますよね。

ミキオ/最初に豊洲に移転すべきだと言ったのは日本維新の会ですよ。
私たちは明確にしているわけ、それから自民党が乗ってきているわけですよ。
やっぱりそこがね、大事(だいじ)ですね。
こういう政治の姿を、ちょっともったいないでしょ?
1日500万。

ひろみ/無駄遣いですよね、このお金自体が。

ミキオ/2日で1000万、10日で1億。

ひろみ/想像するだけでこわいですね。
今どのくらい進んでいるのかっていうね。

ミキオ/そう、1カ月で1億5000万。

ひろみ/そろそろ勘弁してほしい金額ですよね。

ミキオ/やっぱね、相当きつい金額で、だから政治家が決断するっていうのは大事(だいじ)なんですよね。

ひろみ/大事(だいじ)ですね。

ミキオ/決断するってのが。
そこを見ていかなければいけないというふうに思います。

ひろみ/ここで1曲お届けしましょう。
AIでStory。

♪ AI/Story ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、本当に話題がたくさんある中で、沖縄のほうにも目を向けていくということで県内の話題に、お願いします。

ミキオ/沖縄は今度サトウキビが史上最高、90万トン。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/南大東、北大東の農家の所得は平均所得の3倍、4倍ですね。

ひろみ/へー。

ミキオ/天気がよくて。
天気がよくてっていうのは台風が来てっていうことよ。
沖縄台風が来ないと雨降らないから。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/そういう意味では適当な台風で、台風被害もなく雨が降っていただいて、こういう結果になってきますね。
農家の皆さんは大はしゃぎだと思います。

ひろみ/はい。

ミキオ/これと、高速道路に6カ所、インターンが空いて、時差出勤で安くなるということをやりましたね。
そして新聞にも出てますけど、あの許田のインターンを伊佐まで延ばして、名護の交通渋滞を解消するということもやってますね。
そういう意味においてはとにかく私たちの交通体系をきちっとつくっていくっていうのが非常に大事なことになりますね。
私の事務所の新都心のところから、あの58号線のPLがあるでしょ?

ひろみ/はい。

ミキオ/あそこもずっと潜ったりしながら道がつながっていくわけですね。

ひろみ/地下のほうに潜って。

ミキオ/そうそう。
そうすると交通渋滞、交通渋滞というのはどんなにしても経済の足を引っ張るマイナスですからね、それをしっかりやっていかなきゃいかんと思いますね。

ひろみ/ぜひお願いしたいです。
渋滞を早く緩和してほしいですね。

ミキオ/これから一番はことしの私の最大の県とか国に対する要望ではこのやっぱりこの400億円かかる教育の無償化のお金を早めに翁長さんに決断してもらってやろうと思っているんでぜひ教育の無償化を沖縄県からスタートさせたいと思っていますね。

ひろみ/希望のある話題でいいですね。
これは一足早く全国に先駆けて沖縄でというスタートで。

ミキオ/よろしくお願いします。

ひろみ/FUNKY MONKEY BABYSで桜。

♪ FUNKY MONKEY BABYS/桜 ♪

ひろみ/あっという間のお時間で、最後にミキオさんからラジオをお聞きの皆さんに元気の出る一言で番組のエンディングになっていきます。

ミキオ/皆さん、私たちは戦後、非常に戦争というものの分岐点に立っているという認識を持たないといけません。
そういう意味ではこの緊張感を持って政治に取り組むということをしっかりやっていこうと、私もそうやって行きたいと思います。
そして2点目には、元の知事の大田昌秀さんがノーベル平和賞のノミネートに上がりましたね。
恐ろしいことだと思いません?

ひろみ/ほんとですね。

ミキオ/ノミネートに上がるだけでも。
大田先生の記念館なんか見てるといろんな沖縄の想いがありますけど、やっぱり大田先生の教育の考え方とか行動っていうのは非常にシンプルでわかりやすくていいですよね。
基地反対が平和教育だと思ったら大間違いですよ。
米軍基地反対、自衛隊基地反対が平和教育だと思ったら大間違いで、平和教育っていうのがちゃんとあるんですよ。
その平和教育の中に自衛隊だって米軍だって入ってる。
こういうようなことが平和をつくる1つのシステムとしてあるんですね。
戦争するための仕組みじゃありません。
平和を保つ仕組みとして軍隊がある。
軍隊そのものが嫌だという人もいらっしゃることはもう間違いありませんから、その対立の中で私は大田先生の平和のノミネート選ばれたのは、きちっと全部を取り囲んだ中での平和をつくりたいという思いがあったのではないかなと。
沖縄で平和教育、ノーベル平和賞のノミネートなんてもうないですね。
これはもう翁長知事を先頭にして、政治的に決まらないことはわかりながらもみんなで大田先生のノーベル平和賞を実現させようという期成会をつくってどーんとやるのが沖縄、大事(だいじ)だろうね。

ひろみ/はい。

ミキオ/これはもう政治的には右も左もなくて、経済界も一緒になってがちっとつくってやったほうがいいですね。
ぜひそれをやっていきたいと思います。
やっぱり元気の出る話の最後は沖縄からノーベル平和賞がノミネートされたということです。

ひろみ/平和を発信していく沖縄でありたいという感じがいたします。
今週も話題盛りだくさんでした。
また来週までの1週間、ミキオさんも元気いっぱい駆け抜けてくださいね。

ミキオ/ありがとうございます。

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、ご案内は、本村ひろみでした。
そしてメインパーソナリティーは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございます。

関連記事

  1. 2015.6.18放送分
    「18歳選挙権/青果市場/ミキオ…
  2. 2017.6.8放送分「高宮城1等陸尉の葬儀/加計学園問題/習近…
  3. 2014.6.19「読谷村の皆さんこんにちは/法人税の減税って?…
  4. 2015.12.31放送分「おおさか維新の会 政調会長就任!/2…
  5. 2017.3.9放送分「北朝鮮のミサイル発射/森友学園問題/ヤマ…
  6. 2015.6.25放送分
    「慰霊の日/橋本最高顧問/国会延…
  7. 2015.4.30放送分
    「日米首脳会談/安保法制度の特別…
  8. 2016.9.15放送分「ゲスト/ミュージシャン福田昌也さん」e…

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP