メルマガ

支持率回復の鍵は『規制緩和』だ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      支持率回復の鍵は『規制緩和』だ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「安倍内閣の支持率が30%を下回る」という報道が毎日のよう
に行われ、その報道を受けて、内閣の支持率がまた下がると
いう状況となっております。

安倍内閣にとっては「悪循環」、野党にとっては「好循環」
という現状について、安倍総理は「意図的にクローズアップ
して報道しているのではないか」という思いになっているの
ではないでしょうか。

「規制緩和は既得権を壊し、新たなビジネスチャンスを生む」
は確かにその通りであります。

しかし、方法としては正しくても、不透明であれば新たな既
得権者をつくってしまうのが、規制緩和の大きな問題点であ
ります。

規制緩和は、そのことをしっかりと認識したうえで行わなく
てはなりません。

来週の月曜日に衆参両院で閉会中審査が行われることになり
ましたが、その審議のなかで安倍総理が説得力のある説明を
できるかどうかで、この支持率低下の悪循環を止められるか
どうかが導き出されることになるでしょう。

8月3日に行われる予定の内閣改造は、今の内閣のイメージを
一掃するようなものにはならないということがわかり始めて
きました。

自民党の二階幹事長は留任、麻生財務大臣も留任、菅官房長
官も留任であり、この骨格を維持するのであれば、一新する
イメージをつくり上げるには多くの無理があると思います。

内閣改造と言っても、総理大臣も、財務大臣も、官房長官も
党の幹事長も変わらないというものであれば、内閣の支持率
を上げることは不可能に近いと考えるのは私だけではないと
思います。

支持率を上げるのは「政策」です。特に、規制緩和を徹底的
に行う政策を打ち出せるかどうかというところに、今回の内
閣改造の肝があります。

つまり、規制緩和でやられた安倍総理が、規制緩和で敗者復
活戦を戦えるかどうか。

そして、内閣改造時の規制緩和の担当大臣が一体誰になるの
かということだけが、安倍内閣の生命線だと言っても過言で
はありません。

ほかの閣僚人事については、誰がなろうと、地面が揺らぐほ
どのものにはならないでしょう。

この内閣改造がめざすべきイメージは、大きなダメージをつ
くることになった「規制緩和」を徹底的に前に進めることが
できるかどうかです。

安倍総理はこれが大きな課題であることをしっかりと認識す
ることが大事です。

安倍内閣が今度どう動くのかが注目の的となっている現在の
政治状況において、もう一度「三本の矢」の「三本目」であ
る規制緩和の原点に安倍総理が戻りきれるかどうかが、内閣
支持率の回復を決めることになるでしょう。

批判された政策で復活を果たせるかどうか。

その鍵が、規制緩和なのです。

                      衆議院議員
                      下地ミキオ

関連記事

  1. 下地ミキオのメールビジョン “来年度予算 沖縄場所を…
  2. 日露首脳会談から見えてきたもの
  3. 下地ミキオのメールビジョン “未来志向の日韓関係の始…
  4. 下地ミキオのメールビジョン 参院選から垣間見えるもの
  5. 下地ミキオのメールビジョン “政界再編成を占う維新の…
  6. 辺野古埋立断念と普天間閉鎖
  7. 下地ミキオのメールビジョン “宜野湾市長選挙の勝因・…
  8. 政治家たるもの 謙虚であるべし

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP