一生懸命日誌

ブラジル

最初の日程はブラジル開拓者慰霊碑を訪問し、献花をさせて頂きました。

1975年に開拓者慰霊碑が建てられ、当時の内閣総理大臣である田中角栄先生が開所式に参加されました。

碑に刻まれた開拓者慰霊碑の文字は田中角栄先生の直筆で有ります。

此の碑に刻まれた文字の一文字一文字に歴史があります。

その後ブラジル文化協会の皆様にご案内を頂き日本館を見学させて頂きました。

日本とブラジルの友好を願い、施設内はあらゆる工夫がされております。

日本は桜の木、ブラジルは一平の木を碑の隣に植え、8月には同時に咲く事で友好の証を示しているとの事です。

建物は桂離宮をイメージして造られています。

みなさんご存じのとおり、ブラジルは移民の国家です。

ポルトガル、 イタリア、 ドイツ、シリア、レバノン、そして日本と、世界中からブラジルに集まり、出身国の文化とブラジルの文化が融合しています。

しかし、文化協会の皆様からの説明では、日系社会の厳しい時代について教えていただきました。

かつて、ブラジル日系社会の中で「日本は敗ける」「日本は絶対に敗けない」と互いの信条の違いから争い、お互いに犠牲者を出すほどの悲惨な出来事がありました。

「歴史の全てに触れたくない」という言葉には非常に重いものがあります。

私は、この地に来て初めてそのようなことをしりました。

次の日程は、「ジャパンハウス」の1視察でありました。5月のオープンから今日までに22万人が訪れています。

その大半はブラジル人以外であります。

「隈研吾」さんの素晴らしい設計の全てがブラジルで見れると言うのは本当に面白いことです。

「平田館長の発想は素晴らしい」と胸を打たれました。

その後「移民の博物館」を視察いたしましたが、説明を受けると、本当に涙があふれて止まりませんでした。

「日系の人々には”諦め”と言う言葉がないんだろうか?」

そんな思いをしながら展示を一つ一つ見させていただきました。

その後、これまで日系3世の方々が日本で就職をするための斡旋をしている企業の皆様と意見交換をしました。

これから4世のみなさんが日本に就職をした時に課題は何があるのかと言う意見交換でしたが、様々な指摘があり、非常に勉強になりました。

特に大事なのは子供達の教育であるという事について、多くの指摘がありました。

3 4世の皆さんが日本で安心して仕事をする為には、その子供たちが安心できる教育体制をしっかり整えることが必要であります。

今回の皆さんの懇談において「子供達の教育と安心」という発言が何度もあった事をしっかり心に留めて、日本に持ち帰りたいと思います。

そして、外国語が出来る教員の配置を此れまで以上に進めて参ります。

日系会館の周辺は日本人街としてこれまで発展してまいりました。

日本で勉強してきた「うどん屋」さんや「薬局」を経営しているみなさまとの意見交換をして参りました。

「うどん屋」を経営する彼は、日本で高校まで勉強し親がブラジルに帰るときに一緒に帰ってきたが、日本の経験が生かせなかった。

日本で定住するかブラジルに帰ってくるかは本人の選択にあることは間違いありませんが、日本での経験を生かせる様な彼らのサポートをするのは私たちの仕事です。

きめ細かなサポート体制が必要で有る事が現地に来て感じました。

4世が日本に来れるというだけではなく、彼らを日本の地で活かす事が大事です。

本日の最後の日程は日系会館に於いての「4世の未来について」のシンポジウムで有りました。

会場には100人を超える方々がお集まりをいただき、私の説明に真剣に耳を傾けていただきました。

お集まりいただいた皆さんに心から感謝申し上げます。

「4世問題」に対する注目は非常に高いものがあります。

呉屋日系文化協会会長の挨拶から始まり、飯星上院議員のスピーチが行われ、その後、私から「日系4世の新制度」についての説明と今後のスケジュールについて詳しくお話をさせていただきました。

「日系4世の新たな制度」が日本とブラジルにとっていかに重要であるかを丁寧にお話しさせていただきました

この制度が始まることで日本とブラジルとの関係はこれまで以上に親密で友好的になることは間違いありません。

この橋渡しを日系のみなさんがこれまで以上に頑張れることに私たちは期待したいと思います。

そして今日改めて感じた事は、「現場に来て意見を聞くこと」の大切さです。

本当にたくさんの意見が出ました。

今日は「開拓者碑」への献花から始まり、最後の日系人会幹部との夕食懇談会まで、分刻みのハードな日程でした。

しかしこの仕事にやりがいがあるだけに、「時差ぼけ」は全く感じませんでした。

志しの高い仕事は、疲れを超越するものであります。

明日もまたハードなスケジュールをこなしてきます。

日本のみなさま、「ボア・ノイチ(おやすみなさい)」

関連記事

  1. 【第12回】下地ミキオだけど、質問ある?
  2. 心を洗う
  3. 今日のミキオシ!
  4. 安全保障委員会 日本維新の会 反対討論
  5. 政策発表
  6. 民意の重さで勝負
  7. 三本目の矢は規制緩和
  8. わからない

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP