ラジオアーカイブ

2017.9.14放送分「大阪府堺市長選挙/待機児童/ウェルカムロード/ 木村太郎先生/ 」etc…

日時:平成29年9月14日(木) 20:00-20:55
場所:FMレキオ

ひろみ/さあやってまいりました、ミキオポスト OnRadio。
この時間からたっぷり1時間お届けいたします。
ご案内は、本村ひろみです。
そして、メインパーソナリティは、この方です。

ミキオ/下地ミキオです。
よろしくお願い申し上げます。

ひろみ/ミキオさん、よろしくお願いいたします。

ミキオ/お願いいたします。

ひろみ/お天気がいろいろと二転三転、大雨だったり台風だったりと、ほんとにここんところ気象状況が怖いですね。

ミキオ/しかし、台風ことし来てないよね。

ひろみ/ええ、沖縄本島来ないですね。

ミキオ/石垣と宮古に今度、ちょっと強いのがちょっと行ってますけども、沖縄本島はもう全然ですね。
やっぱ台風が来ないと、海の中のサンゴ礁が混ざらないみたいな感じになってくると、サンゴにとってあんまりよくないらしいね。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/私たちにとっては、台風っていったらちょっと被害っぽいところがあるかもしれないけども、自然の摂理からすると、やっぱ必要なんですよね。

ひろみ/だんだんと気候も変わっていって、温暖化の現象が出てきたかなという感じがいたしますね。

ミキオ/そういう感じします。
大丈夫です。
これからですね、温暖化、異常気象、いろいろ出てきますから、そういうのに対応できるような人類社会をつくっていかなきゃいけませんね。
頑張ります。

ひろみ/ほんとですね。
これからの時代に即した対応が必要だと思いますが、一方ですね、私の今心を一人占めにしているのは、かゆ子ちゃんというかわいいネコなんですけど、ちょっと今週のかゆ子の話をさせていただきますと、かなりお利口らしいですね。

ミキオ/いや、僕あんまりネコ好きじゃなかったんですけどね。

ひろみ/イヌ派ですよね、どちらかと言えば。

ミキオ/イヌ派です。
だけど、ひろみさん、このお手ふりをしている泊交差点にあのちいちゃいネコがいるって、車にひかれそうだったって、想像できる?

ひろみ/すごいですよ。
奇跡とも。

ミキオ/あと1周り、1回転タイヤが回っていたら、彼女は、彼女はってかゆ子はもうここにいなかったですよ。

ひろみ/かゆ子の強運、もうミキオさんの演説を聞いてたかもしれませんね。
演説聞きに、聞きにやってきたところに、拾われたという。

ミキオ/あらまた、いいこと言いますね、本村さん。
いいこと言う。

ひろみ/いやいや、物語が始まった感じがいたします。
そういう話題も混ぜつつ、1時間お届けしてまいります。
この番組は、北部地域はFMもとぶ、中部はFM21、南部地域はFMレキオ、そしてFMくめじまの4局ネットでお届けしています。
またインターネットでは世界中に配信をしております。
きょうもリアルタイムで文字配信の発信もしております。
下地ミキオ公式ウェブサイト、ミキオポストトップページからぜひごらんください。
きょうの1曲目は、この曲です。
熊谷幸子で風と雲と私。

♪ 熊谷幸子/風と雲と私 ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、今週のミキオさんのコーナーはまずなんといっても、堺市長選挙9月10日の告示ということで、今盛り上がっていますね。

ミキオ/大阪府、大阪市そして堺市、政令指定都市ですけど、これが一緒になったら、一緒になったらというのは考え方の同じな人が、市長になると都と市が2つですね。
おんなじ方向で動いていくということになれば、それは大阪は相当元気になりますね。
私がいつもいうのは、何かというと、超冒険が大事なんですよね。
超冒険。
私たち平成の合併ってやったでしょ。

ひろみ/はい。

ミキオ/あれ、幾らやったと思います、合併。

ひろみ/幾らで?

ミキオ/1700市町村合併したんですよ。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/すごいでしょ。
1700市町村が合併したおかげで、公務員の効率化が図れて、税金がいかなくなって、これはもう大きな成果を出したんですよ。
だけど、福岡県、北九州市、福岡市、大阪府、堺市、大阪市、神奈川県、横浜市、それでもう一個、政令指定都市があるんですけど、政令指定都市って県を全然相手にしないんですよ。
都を相手にしなくて、国と直接やるんですよ。
二重構造になっているわけ。
おんなじ水事業やる、おんなじごみ事業やる、おんなじ保険事業やる、もうこういうふうなことが全てがこの税金のむだ遣いになるんですよね。
だから僕は、大阪都構想っていって、一緒になって一つの方向になるってのは、これもう絶対当たり前のことですよ。
福岡県も北九州市と福岡市は、福岡県とを加えて(?)どうすべきか考えるべきですよね。
やっぱりそういうふうに、東京都みたいに東京都があって、区があって、その中に遠いところで市があってってわかりやすいさ。

ひろみ/ええ、そうですよね。

ミキオ/そういうなものは、僕は福岡とか神奈川県なんかはやるべきだと思います。
そしたら、ものすごく効率化できますよ。

ひろみ/効率がいいっていうのが、大切ですね。

ミキオ/まあね、大きい市なんていうのは儲かってるもんだから、大阪市とかね。
この福岡市とか儲かっているから、県ってあんまり儲からないもんだから、合併すると逆に大阪市や福岡市の待遇が悪くなるんじゃないかといって、反対するんですよ。
だから堺なんかもそうなんですけど、堺は1つとか、堺は堺とかって言ってるけど、そんなこと言ったら町の平成の合併で1700も合併させておいてさ、何を今ごろそんなこと言ってんだっていう気がしませんか。

ひろみ/そうですよね、ほんとに。

ミキオ/だから人口が減ってくる、そして介護の人材とかいろんな財源が必要になってきたら、できるだけ効率的にやってくというのが必要。
だから、おなじような方向に向いてやる人が堺で生まれたら、私はちょっとまた大阪変わってくるのかなというような気がしますね。

ひろみ/ほんとにこのむだを省いていく、スリム化とよく言われますけど、そうですよね。
24日の投開票ということで、大変期待したいと思います。
さて投票率、これを上げるためにということで。

ミキオ/今投票率が悪いですね。
この前の那覇の市長選挙、市会議員選挙(?)、人数は前よりも多くて、18歳も初めて参加して投票率悪くて、投票数も少なくなったと、どうなってるんでしょうかね。

ひろみ/あり得ないですよね。

ミキオ/やっぱり、この権利を行使しないというのをそのままほったらかしにしていては、僕はいけないと思うんですね。
だから、政治家が悪いっていうより、おまえらが魅力がないから投票に行く気がないんだよっていうのあるけど、魅力のない人を落とすのも当選させるのも、あなた方の権利だから投票にだけは行ってよとお願いするけど、どんどん投票率悪くなってるね。
もう方法は2つ。
自主的にやるようなものをつくらなけりゃいけない。
極論で言う人いますよ。
投票に行ったら、お金あげたほうがいいんじゃないかとか言って。
投票に行ったら、行かなかったら、もうパスポートを発行しないとかね。
外に出れないとか。
もういろんなこと、極端なこと言ってくる人たちがいうぐらいに、投票率が悪くなってるね。
やっぱり僕は一番心配なのは、きょう国民憲法改正について自民党の試案って出てますよね。
いろいろと出てますけど、私たちは教育の無償化をやるべきだと言って提案させていただいているんですけど、この憲法改正のときに投票率30%で国の骨格が変わったらどうなるでしょうか、本村ひろみさん。

ひろみ/怖いですよね。
大切なものを。

ミキオ/怖いでしょ。
そこに一部のわーっとした風が流れると、やっぱそこ怖いですよ。
私たち軍国主義の流れが、ぶわーっと出たり、違う流れが出たりしたら、一番怖いのはこの投票に行かない人がいることと、その何て言うか意図的な投票勢力が強くなって、それだけで20%、30%で国の骨格が決まるということ自体が、怖いんですよね。

ひろみ/怖いことですね。

ミキオ/だから私は、この国民投票なんかも投票率が50%を超えなけりゃ無効だというのも、入れるべきだと私は言っているんですけど、なかなかそう簡単にはいかないみたいなところがありますね。

ひろみ/ぜひ未来がかかっている投票ですから、これはもう意識をしないといけないという、どっかその方向に持っていかなきゃだめですね。

ミキオ/そうです。
しっかり、それやっていきましょう。

ひろみ/ところでミキオさんが、大阪で出会ったアイディア企業の話題を少し伺ってみたいんですけれども。

ミキオ/このアイディアのお兄ちゃん、最高でしたね。

ひろみ/そうなんですか。

ミキオ/この手帳あるでしょ、本村ひろみさんの。
中は印刷屋さんがつくります、カバー、このカバーをつくる会社に行ったわけよ。

ひろみ/カバーをつくる会社、はい。

ミキオ/あのカバーがあるでしょ。

ひろみ/はい、手帳のね。

ミキオ/手帳、通帳なんかあるじゃないですか。
通帳、ビニールのカバーにいれるでしょ。
ああいうのをつくっている会社。
これがもう、あのこのビニールとか、あれ何ていうのかね、そういうのを活用していろんなものをつくってるわけよ。
このキャラクターをやって、冷蔵庫なんかにぱちっと貼れるように、メニューなんか貼れるように、磁石と組み合わせてビニールでかわいいキャラクターをつくってやるとかね。

ひろみ/おもしろいですね。

ミキオ/それとか、看護婦さんがいるでしょ。
看護婦さんとかが、よくペンとかよく入れてるじゃないですか。

ひろみ/ええ、胸元のポケットに。

ミキオ/そう。
そうすると、汚れるでしょ。

ひろみ/インクがこぼれて。

ミキオ/そうすると、なんか新鮮さが感じられなくなっちゃうじゃないですか。
だから、そういうのをポケットの入る分だけビニールみたいなきれいなものでやって、それに差し込めるようにしてって、こういうアイディアでやってる。

ひろみ/これはいいですね。
汚れてしまわないっていうのは、ありがたいですね。

ミキオ/そうそうそうそう。
これ、汚れても取りかえられるから。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/また洗うとすぐ落ちるから。

ひろみ/これはすごいアイディアですね。

ミキオ/すごい、いろんなことを説明していったけど、日本のシェアの6割ぐらいやってるらしいですよ。
だけどね、そこに下地ミキオが提案してきた。

ひろみ/アイディアマンとして、どういった。

ミキオ/アイディアマンとして、この眼鏡を入れるケースっていうの固いじゃないですか、大体。
固いケースが多いですよね。
眼鏡って今、昔は高いから潰されないように高いケースに入れていたんですよ、固いケースに。
今、眼鏡って高くないんです。
僕なんかもう眼鏡は、なかなか高いの買わない。
捨てる可能性があるから、忘れて。
だから、いつも家に1個、事務所に1個、持ち歩きに1個みたいにみんなやるじゃないですか。

ひろみ/はい、やりますね。

ミキオ/だから、そういうふうなことからすると、ポケットの中に眼鏡を入れていけるような、固い物じゃなくて柔らかい素地でつくったらどうかって、アイディア出してきた。

ひろみ/おもしろいですね。

ミキオ/しかも、その中に眼鏡を中に入れると、眼鏡拭きになっていると。

ひろみ/ナイスアイディア。
汚れてるのをすぐきれいになると。

ミキオ/そう、中がもじゃもじゃになっていて、中にすーっと入れて、3回くらいやると、このもじゃもじゃが裏と表もきれいにやると。

ひろみ/それいいですね。

ミキオ/これ考えたんですよ、僕が。

ひろみ/これ特許取れますよ。

ミキオ/したらね、研究者の皆さんはね、ちらっとやってね、下地さんこれおもしろいですね、使わせてもらっていいですかってから、どうぞお使いくださいと言っておきました。

ひろみ/じゃあ第1回目のできたら、それをすぐミキオさんが使うということで。

ミキオ/そうそうそう。
だけど、彼に言ったのはオレンジじゃなきゃだめだよと。
試作品の最初はオレンジの色をつけなさいって、わかりましたとかって言ってますけどほんとにやりますかね。

ひろみ/オレンジアイテムで、そろえてほしいなと思いますけどもね。
ではここで1曲、お届けしたいと思います。
小田和正でラブ・ストーリーは突然に。

♪ 小田和正/ラブ・ストーリーは突然に ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、保育園の話題に目を向けていきたいと思います。

ミキオ/僕ね、今いって那覇市で今220名ぐらいの待機児童がいるというわけね。
待機児童っていうのは、ひろみさんがおわかりのように、民間保育園に入りたいけど入れないという人を待機児童というでしょ。
それが220名だと言っているんだけど、この前の新聞見ると、650名という数字があったわけですよ。

ひろみ/650名ですか。

ミキオ/それはもう、私学に入っちゃって、私立に入っちゃって待機児童に数字になってない、ほんとは認可に行きたかった数が650人と出ましたね。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/私が、ひろみさん言ってるんですよ。
待機児童なんて1秒半ぐらいで、私はゼロにできるって言ってるわけ。

ひろみ/1秒半で。

ミキオ/そう。
なぜかといったら、この那覇市には90を超える認可保育園があるんですよ。
200人だったら、幾らだと思う?
何人、200人。
3人。
200人だったら2人いれたら、九二十八で180人ね。
あと2人だけ入れてもらったらいいんだよ。

ひろみ/そうすると、200名はクリアしますよね。

ミキオ/うん、二点何人ぐらいでクリアするわけですよ。
あと5人入れてもらったら、どうなる?

ひろみ/もう600はいきますよね。

ミキオ/でしょう。
10人入れたら900だよ、10人。
なんでそれやらないの。
それには、基準があるからだわけ。
子ども10人入れたら、保育士を2人入れなさい、3人入れなさい、遊び場の面積を大きくしなさいとか、いろんなこの規制があるわけさ。
これを取っ払うことができないから、こんなにしてるんですよ。
10人入れて、10人じゃなくてもいいですよ、2.2だから入れて、保育士は今いません。
だけど、近くのボランティアの人とか、子どもを預けているところの人だとか親とか、順番順番に2人でも、3名でも保育士のサポート係としてやったら、待機児童ってなくなるんですよ。

ひろみ/そうですね、確かに。

ミキオ/この国はね、この規制緩和に弱いわけよ。
だから、この獣医学部1校つくるのにもこんなにもめるわけよね。
やっぱおかしいよね。

ひろみ/おかしいですね。

ミキオ/2.2人ってどう思う?

ひろみ/そんなに大変じゃないと思うんですけどもね。

ミキオ/そうでしょ。
今100人入れてる保育園が、あと2人ふやして何がそんなに問題なるのかね。
那覇市はそれ、すべきじゃないの。
自分で基準を変えて、そしたら待機児童なくなりますよ。
それと同時に、無認可を認可にしていく作業を進めると。
両方やればいいだけの話なんですよね。
これね、ほんとにちょっとわからないというところがありますね。
また2つ目、ウェルカム道路って今度那覇空港から、山下交差点まで新しい道路の街路の整備しますよ。
僕がもう、がんがん、がんがん言って、右を見たら自衛隊の基地、左を見たら那覇空港、観光立県沖縄です、世界一になりたいですっておかしくないですかって。

ひろみ/そうですね、いきなり沖縄について見えるのが、そういう基地と軍港っていうのがね。

ミキオ/僕が金網に自衛隊にも、米軍にも金網につるを巻かせって言ってるわけよ。
あの金網につるをきれいに巻いて、花が咲くようになったらきれいになるでしょ。

ひろみ/いいですね、ハイビスカスとかブーゲンビリアで。

ミキオ/そうそうそうそう。
そうしたらもう、だめだっていうわけさ。
安全上、だめだと。
金網は見えるからいいけど、つるで見えなくなったら侵入者が来るとか来ないとか、こんなまたヘチマみたいな話をするんですよ、またこの人たちは。

ひろみ/ヘチマみたいに。

ミキオ/だけどどう考えても、今のままではだめですよね。
雑草ぼうぼうで。
シンガポール行ったら、そんなことありますかね。

ひろみ/まず見えるものが観光地として、大切ですよね。

ミキオ/だからそこを今度、ウェルカムロードとして道路をきれいにするんですよ。
見ていてください、来年の4月までにものすごくいいのができあがりますから。

ひろみ/ウェルカム道路、楽しみですね。

ミキオ/いやいやいや、これをやらなければいけないのよ。
これもう、何回も何回も視察をして、予算付をしてこれをやるんですけどね。
これを私はずっと、名護から本部までの間に何キロかごとにウェルカム道路つくりたいわけよね。
こういうふうな街路を。

ひろみ/おもしろいですね。

ミキオ/全部つくってくるというとお金がかかるから、観光客が集まりそうな、この次はずーっと行ったらこの牧港のA&Wのところなんか、観光客来るじゃないですか。
ああいうところを、また3キロぐらいウェルカム道路つくるわけよ。
今度また、ずーっと真っ直ぐ行って、宜野湾のところから行ってて、宜野湾のところから嘉手納に入るところぐらいまででね、ウェルカム道路をつくるとかね。
こういうやり方をずっとしていきたいですね。
北谷のところには観光客いっぱいあるでしょ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/いっぱい行かれるから、その信号待ちの間きれいな道路の花を見れるようにするところをつくるとかね。
これをどんどんどんどんつくっていくわけよ。
だから全部をきれいにするとお金がかかるから、間でつくっていくというのをやったらどうかっていうのが私のウェルカム道路構想なんです。

ひろみ/これはいいと思います。
観光で来た人がお写真撮りたい、沖縄きれいだったね草花もって言えるような、そういうウェルカム道路で。

ミキオ/だから今度は、先週も話したバス、ワッターバス島と言いながら、日陰も何もない、雨宿りもできない、何がバス島ですかってね。
これちゃんとまたつくるとね、みんなバスに乗りますよね。
今タクシーが空車で走れるようになりましたよね、僕少し頑張りましたけど。
今度バスも同じ人がいつも立ってらっしゃるから、バスもまたある一定のところから出発できるようにするとかね。
先週も話しましたけど、これやるとかね、やることいっぱいありますね。

ひろみ/そうですね、本当にバスの利用度はこれからどんどん高まると思います、高齢化社会になると。
ぜひ早いうちにお願いしたいです。

ミキオ/ただ首里の城下町の当蔵の通りね。
沖縄で城下町の通りって当蔵しかないんですよ。
ほかにないんですよ。
あのつくりでいいんですかね。

ひろみ/まだまだよくなる余地ありますものね。

ミキオ/なんで県は考えて、赤瓦でひさしもつくったり、あんなに30センチのひさしもつくったりして。
ひさしも長くするとまた固定資産税とるとかって意味不明なこと言ってるらしいんだけど。
なんというか、あの通りは石畳で本当におもしろい通りつくったら人が歩くよね。

ひろみ/いいですね。

ミキオ/だから暑いから、上を全部こうやってかぶせるわけよ、歩道を赤瓦で。
その赤瓦の下にぽつんと裸の電球があって、夜になるとこれがずーっと続くわけさ。

ひろみ/なんてすてきな、ロマンチックですね。

ミキオ/その間あいだにそば屋があり、ワイン屋があり、中華料理屋がありとかってこうやってお店があって、それがぽつんぽつんともう。
夜は外灯じゃだめよ、外灯じゃだめ。
この赤瓦の下に全部ついてそれがきれいにね、あの1キロの道路についてると。

ひろみ/いやあ、いいですね。

ミキオ/だからやると言ったらこういうことをやるよね、普通。

ひろみ/ぜひやってほしいですね。

ミキオ/
何でやらないんでしょうね、市長さんとか県知事さんは。

ひろみ/もったいないですよね。
ぜひこのアイデアを生かすような。

ミキオ/道路拡張工事なったって意味ないでしょ。

ひろみ/県民も歩きたくなるような。
いいと思います。

ミキオ/そうそう。
それでスタンドっていうかベンチとか、いっぱいつくるわけよ。

ひろみ/いいですね、座れる空間必要ですからね。

ミキオ/小田急っていうデパートがあるじゃないですか。

ひろみ/はい、小田急デパート。

ミキオ/あれが成功した秘訣、3つあるそうですよ。
1つはおじいちゃん、おばあちゃんの着るようなものをちょっと特化したって。
2つめにはあんまり模様替えしないって。
模様替えしすぎるとおじいちゃん、おばあちゃんが混乱して来なくなるんだって。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/3番目、30メートルおきに座れるものを何個もつくったんだって。

ひろみ/それ大切ですよね。

ミキオ/だから買い物しやすい、混乱しないようにあんまり模様がえしない、おじいちゃんおばあちゃんにターゲットを絞った品物を置いたと、それが当たったと言うんですよ。

ひろみ/小田急のこのアイデアの利用すべきところありますね。

ミキオ/そこですよ、そこを考えなきゃ。

ひろみ/ぜひ、陰とベンチのあるそういう通りになってほしいなと思いますので、よろしくお願いします。

ミキオ/はい、お願いします。

ひろみ/ここで1曲お届けしましょう。
チューリップで、サボテンの花。

♪ チューリップ/サボテンの花 ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadioお届けしております。
このごろはミキオさん飛行機乗るのは普段から多いとは思うんですけど、大変なことになったようですね先日。

ミキオ/この前大阪からの帰り、沖縄上空まで来たら、日曜日、雷、豪雨で飛行機が降りられなくって宮古島におりて、宮古島で給油して、また戻って帰ってきました。
もう飛行機の中で大変でした。

ひろみ/これ飛行機は、滞在時長くなるんですよね。

ミキオ/そうそう、ずっとぐるぐる積乱雲がいなくなるのを待ってたんだけども、ガソリンがなくなってきたもんだから、燃料がなくなってきたんで宮古に行って、燃料入れて戻ってきたんですよね。

ひろみ/大変だわ。

ミキオ/しかし僕思ったけどね、スチュワーデスさんというのがもう勉強になったね。

ひろみ/はい。

ミキオ/僕も政治家じゃないですか。

ひろみ/ええ。

ミキオ/政治家って説明責任あるでしょ。
このスチュワーデスさんという人が、説明よくするわけよ、10分おきぐらいに。
ぐるぐる回ってます、だけどなかなかおりられませんとか言ってね。
ガソリンがもし切れるようだったら、万が一は宮古に行くかもしれませんとかね。
こういうのをぽんぽん言うもんだから、先が読めるものだから安心できますよね。

ひろみ/安心ですね、すばらしい。

ミキオ/何も説明しないと何もわからなくなって、怖くなってどうなるかってお客さんもパニックするでしょ。
だけどこのパニックさせないんですよね。
私一番おもしろかったなと思ったのは、皆様燃料の給油を始めます、所要時間は15分になると思います、どうぞベルトをお放しになってゆっくりとなさりながらお待ちくださいとか言うわけよね。
なかなかいい話だと思いませんか、単純なんだけど。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/ゆっくりお待ちくださいませとかってね。
シートベルトを外して。
シートベルトをしめろというのがスチュワーデスの仕事だけど、シートベルトを外して。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/外されてゆっくりなさってくださいとかって言ったら安心しますよね。

ひろみ/こういうときの説明って大切ですね本当に。

ミキオ/これ政治も説明なんですよね。
だから僕は今月の暮れぐらいから始まる臨時国会で安倍総理相当謝ったでしょ。
自分は売り言葉に買い言葉とか謙虚さが足りなかったとかって言ったけど、どういう説明するのかね。
説明しないから森友も加計学園もこうなっているんですよ。
説明必要なんですね。
それをしっかりやらなければいけないなというふうに思います。

ひろみ/飛行機の中でもそういうことを学んでミキオさんは一歩前に進んだという感じがいたしますね。

ミキオ/自分に足りないから前に進みました。

ひろみ/よかったです。
ここで1曲お届けしましょう。
中島みゆきで空と君のあいだに。

♪ 中島みゆき/空と君のあいだに ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadioお届けしております。
先日フェイスブックのほうにも、あっ、ブログのほうですね、ミキオさんのメルマガに書かれていました、木村太郎先生のお別れの話を書いておりましたね。

ミキオ/木村太郎は当選同期でしたね。
青森県の出身で、ぼくとつとした政治家で真面目で私の横に座ってましたけど、いつも後援者の皆さんに自分で手紙を書いて、はがきを書いて、努力家でもありましたね。
私が自民党出てもとにかく党は関係ないといって友人だといって、ずっとお付き合いして、ポールマッカートニーのコンサートもね、チケットを持ってきてね、ミキオは芸術音楽に弱いから聞くべきだとかって意味不明なことを言ってて、夫婦でいったりしてね。

ひろみ/いやいや、いい仲間ですよ。

ミキオ/いい仲間でしたよ。
そういうふうな人がいたから同期の中でも非常にいい付き合いができたのかなという感じしますね。
自民党と、青森自民党県連と、後援会と、木村太郎が生まれた市の、協賛の葬儀だったんですけどね、安倍総理が弔辞を読まれて、モリモト総理が読まれて、それで青森県のミムラ知事が読まれて、あと後援会長が読まれたんですね、弔辞をね。
後援会長の弔辞がもう、なんとも言えない弔辞でしたね。
木村太郎という人間は一言で申し上げると、謙虚な人間です。
この謙虚な人間が政治をやらなければいけないんですと。
謙虚さを忘れた政治家が、人間が政治をやってはいけないんですと、こういうあいさつなんです。
安倍総理が横で聞いてましたね。

ひろみ/いやいや、すばらしいあいさつですね。

ミキオ/すばらしいあいさつだと思いません?
これなんとも言えないですね。

ひろみ/謙虚さ、はい。

ミキオ/謙虚ということばは難しいですよね。
安倍総理も、うんと下向いて聞いてましたけどね。
そういう意味でも私たちも政治家として、謙虚という言葉を忘れずにしっかりとやっていきたいと思います。
彼がね、天に星、地に花、人に愛とか言って、ねぶたのときに使う青森の、このなんといいますかね、たこ、たこね、木村太郎事務所がね、遺品として下地先生に持ってもらいたいと言うんで、持ってくださいと持ってきましたから部屋に飾ってます。

ひろみ/すばらしいですね。

ミキオ/すばらしいやつでした。

ひろみ/若くして、志、もしかすると半ばだったかもしれませんので、その意を継いで、ほんとに。

ミキオ/52歳ですよ、52歳。

ひろみ/若いですもんね。

ミキオ/体に気を付けながら、頑張りましょう。

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしておりますが、あっという間のお時間です。
最後にラジオをお聞きの皆さんに、ミキオさんから元気の出る話題も、また伺いたいと思います。

ミキオ/政治家という仕事の中で、やっぱりアイディアを出してというね、さっきこのウェルカム道路の話もしましたし、バス停の話もしましたし、当蔵の通りの話もしましたけど、とにかくアイディアを出してそれを実践していく。
これが必要なんですよね。

ひろみ/実践していくというところが大切ですね、ほんとに。

ミキオ/そう、アイディアだけあってもしょうがないんですよ。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/実践していく。
それをね、これからも忘れないようにして頑張っていきたいと思います。

ひろみ/ミキオさんは行動力はピカイチだと思うんですけど、実践と。

ミキオ/行動力は、というのはほかに何が足りないんでしょう。

ひろみ/日本語の使い方をうっかり間違えてしまい、今回のかゆ子の件もそうですけども、拾ってきてそこからまた自分の事務所で愛情たっぷり育てていくという。

ミキオ/だってさ、運命あって、僕あんまりネコ好きじゃないとか言って、イヌ派だとか言ってるけど、やっぱりこれ、あと一転がりしてたらもうほんとに亡くなってたかもしらないっていうネコを拾ってきて、すぐに誰かにあげるとかっていうのはできないよね。

ひろみ/ねえ、ほんとにここからまた新しいミキオさんの視点ができるんじゃないかと期待しておりますので。

ミキオ/近頃はもう、かゆ子のことばかり考えてますけどね。

ひろみ/はい、かゆ子も幸せ者だと思います。
あっという間のお時間でした。
ミキオポスト OnRadio、ご案内は本村ひろみでした。
そして、メインパーソナリティーは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございました。

関連記事

  1. 2015.1.8「お茶会/沖縄の娯楽事業・農業」
  2. 2015.4.2放送分
    「管官房長官と翁長県知事の/県の人…
  3. 2015.4.16放送分
    「国土交通委員会/安全保障委員会…
  4. 2015.5.28放送分
    「安保法制度審議入り/大阪都構想…
  5. 2017.6.29放送分「慰霊の日/亀井静香先生/教育無償化/新…
  6. 2014.10.30「ゲスト:川満しぇんしぇ?さん」
  7. 2014.4.10 「座間味村、粟国村視察から思うこと」
  8. 2017.4.27放送分「ゲスト:アメクタツオさん」etc…

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP