一生懸命日誌

戦いの火ぶたは切られた

いよいよ公示の日を迎えました。

連休明けの朝早くにもかかわらず、出陣式には多くの方々にお集まりいただきました。
皆さまの応援と激励に、大変勇気をいただきました。改めて心より感謝申し上げます。

小桜の塔に祈りを捧げてまいりました。
”沖縄の歴史は、沖縄がのぞんで選んだものではない。国が与えた苦渋の選択であることを忘れるな。”
これは、私の政治の師である山中貞則先生が、平成8年に初登院した私に授けてくれた言葉です。
国政に送り出していただき、政治家として歩み始めて22年になろうとしていますが、私はこの山中先生の言葉を一度たりとも忘れたことはありません。

投開票までの12日間、地域をまわり、可能なかぎり多くの方にお会いをし、多くの皆さまの声を聞いて、ミキオの政策を丁寧に説明していきたいと思います。

関連記事

  1. うれしいお花
  2. 加計学園問題の切り札
  3. 節分
  4. in石垣
  5. 何も決めない良さ
  6. ミキオジャーニー第2弾 制作順調
  7. 説明する役割
  8. 維新の党の未来

twitter

facebook

ツイキャス

ミキオのツイキャス配信中

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン

献金のお願い

献金のお願い
PAGE TOP