新しい日本をつくる“革命保守”

(2018年4月6日にメールマガジンにて配信された内容を転載しています)

防衛相に「破棄した」と報告されていた陸自イラク派遣部隊の日報が、実際には保管されておりました。

この問題は、2つの大きな課題を示すことになりました。

1つ目は、南スーダンPKO日報問題での教訓が、防衛省内で全く生かされていなかったこと。

2つ目には、背広組が制服組の報告義務違反を1年間も発見できず、つまり「文民統制」が機能していなかった。

これは陸自の新たな船出「統合幕僚本部」の創設に大きな汚点を残し、文民統制のあり方を問われることになりました。

 財務省においては、「森友学園に対して、口止め工作を行った」という新たな疑惑が発覚し、森友学園問題が泥沼化しております。

「土砂の搬出で森友学園側と口裏を合わせた」ということは、これまでの国会答弁の真逆であり、国会軽視と言わざるを得ません。

「忖度」「改ざん」「不透明な指示」「刑事訴追されるおそれがありますので、お答えできません」という言葉が、日本中を賑わせましたが、今度はまた「口裏を合わせる」という言葉が付け加えられてしまったのです。

この森友問題は、「役人が忖度」⇒「政治家の答弁に合わせて議事録を改ざん」⇒「口裏合わせ」⇒「責任をすべて佐川氏に負わせ」⇒「お答えできません」というシナリオになっています。

これでは、日本という国家の官僚組織が世界から信頼を失うだけではなく、国民の納税義務をはじめ国民が果たさなければならない国民の公的義務が放棄されるという動きが出ることを、私は懸念いたします。

この「防衛省」「財務省」のスキャンダルは、日本の官僚機構をはじめ国の根幹を揺るがすことになるだけに、徹底的に膿を出し切り、新たな日本の姿をつくらなければなりません。

しかし政局においては、この2つの問題の徹底追及だけで「安倍政権を倒し、野党の政権奪取が実現する」とは、私は考えておりません。

スキャンダルの徹底追及を否定するものではありませんが、国民が知りたいのは「次の国の政治リーダーは誰か、それをサポートする政治家は誰か」であり、それなくして大きな政治の動きは絶対に起こりません。

そのためにも、「1) どんなイデオロギーを持つ集団か、2) 政策的に何をするか、3) 政治リーダーは誰か」の3つを示すべきであります。

その3つの姿について、下地ミキオが考える構想をお示ししたいと思います。

1)は、「革命的保守」でなければならない。

2)は、「1.財政再建」「2.規制緩和・“官から民へ”」「3.教育の完全無償化」「4.北方四島の解決・日米地位協定の見直し」「5.地方分権」、この5つを実行しなければならない。

3)は、「内閣総理大臣=橋下徹、副総理=亀井静香、官房長官=松井一郎、外務大臣=鈴木宗男、財務大臣=細野豪志、内閣府行財政改革兼財政再建シナリオ実行大臣=渡辺喜美、総務大臣=田中康夫」個性豊かで、独創性のある政治家が集わなければ、巨大自民党から政権奪取することなど絶対にあり得ません。

“下地幹郎の役割は何なのか”と言えば、超個性豊かな大臣たちの調整を行う「総理補佐官」が適しているのではないかと思います。

このような明確な「政治の立ち位置・政策・政治リーダーの人事」を発信しなければ、“国民の政治への情熱”を受け止める政治集団にはならないのです。

私がきょう示した内閣人事を見て、「これは面白い!」と思っていただける方と、「あの人たちは絶対にまとまらず、分裂するよ」と思われる方に極端に分かれると思いますが、日本という国家の危機に自分の思いだけを主張して政治を考える政治家たちではないと、私は長い付き合いの中から自信をもって申し上げられます。

是非みなさん、「面白い!」という政治をつくる輪の中に入っていただけませんでしょうか。

衆議院議員
下地ミキオ

※※※1週間前に配信されたメールマガジンを転載しております※※※
メールマガジンの登録にご登録いただけると、リアルタイムでメルマガをお届けいたします。
ぜひご登録ください。

メールマガジンに登録する