「口裏」「首相指示」「日報」3つの問題の解決策とは。

本日の衆議院予算委員会も、
森友学園の「口裏」、
加計学園の「首相指示」、
防衛省の「日報」など、荒れに荒れました。

わが党は、日報についての勉強会を本日も行いました。

金曜の安保委員会において、わが党の串田議員が質疑にたちますが、
新しい切り口での論議の提案が必要だと思います。

「口裏」「首相指示」「日報」、この3つの問題にたいして、
国民がストンと腑に落ちる解決はまだ見られません。

とはいえ、この問題をずっと論議することも現実的ではないでしょう。

北朝鮮の情勢を見れば、わが国が取り組むべき喫緊の課題はまさにそこにあり、
これが保留されているのが現実です。

国会に吹き荒れるこの問題の決着の道筋を示す役割を担うのは、
野党ではないと私は思います。

安倍総理や政府が、どう解決するのか。

そのことについての考えを早急に提示することが必要です。