日中外相会談の是非を問う

米朝首脳会談、日中首脳会談をつぶすつもりなのでしょうか。
日中外相会談での河野外務大臣の交渉には、理解に苦しみます。

拉致問題の解決を第一に考えるとき、対話路線のトーンのなかで
圧力制裁の話を持ち出す必要はあったのでしょうか。

あれもこれもと強気で介入したいのであれば、
なぜロシアの元スパイ暗殺疑惑には態度を示さなかったのか。

確固とした戦略をもってのぞまなければ、意味不明な外交になってしまいます。