政局の動く一週間が始まります

おはようございます。
今週も政局の動く一週間になります。

毎日新聞の世論調査では、内閣支持率は30%、自民党の支持率は27%、両方足し上げても57%、
青木幹雄理論によれば、100を超えなければ、与党が選挙に苦戦することは間違いありません。

加計、福田事務次官、森友、日報など、とにかく色々な問題を抱える政府にとって、
一番気にすべきは世論調査によって示される国民の声です。

これ以上支持率が下がるようであれば、安倍総理は決断をしなくてはなりませんし、
それを回避できればまだ持ちこたえることは可能だと思います。