どうなる!?米朝首脳会談

(2018年5月25日にメールマガジンにて配信された内容を転載しています)

24日午前、「6月12日の米朝首脳会談が中止になる」という内容のトランプ大統領の書簡をホワイトハウスが公表し、世界に衝撃が走りました。

しかし私は、この現実を決して悲観してはおらず、これは米朝首脳会談が行われるためのステップのひとつであると認識しております。

金正恩氏は自ら、これまでの6者協議や南北首脳会談での対応とは全く違う5つの行動を世界に示しております。

1点目は、南北首脳会談を初めて「韓国側」で行ったこと。

2点目は、ポンペオ国務長官を北朝鮮に受け入れ、条件が何も整わないなかで3名の拘束者を解放したこと。

3点目は、中国の習近平国家主席と1か月の間に2度も会談し、意見調整を行ったこと。

4点目は、ミサイル発射と核実験の中止を表明したこと。

5点目には、北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場を爆破し、韓国や外国メディアに取材を許したこと。

これら5つの行動は、「北朝鮮側からの、これまでにないポジティブなメッセージ」だと考えております。

米国との意見調整は、今まさに「土俵際」でありますが、お互いの合意を世界がどう判断するのかについての最終的な見定めを行っているという意味において、私は「ポジティブ」という表現を使わせていただきました。

一方、トランプ大統領もまた「この米朝首脳会談の中止は、恒久的なものではない」というメッセージを十分に北朝鮮側に伝えております。

アメリカの世論の中には「トランプ大統領がノーベル平和賞欲しさに前のめりになり、北朝鮮の提案を何でも呑み込むのではないか」という声があることを大統領自身が強く感じていると思います。

その疑念を払しょくするために、親書という前例のない形をもって米朝首脳会談の中止を公表し、自らに向けられた「安易な決着」という声を全面否定することに成功しました。

つまりこれは、「米朝首脳会談」を行う段階におけるトランプ大統領のパフォーマンスのひとつであり、「親書を送る」という手法を用いたことで、極めて紳士的に対応した姿をも世界に示すことに成功したのです。

トランプ大統領が本気で中止という決断を下すのであれば、親書ではなくTwitterで行ったでしょう。

また今回の親書は、会談に含みを残すような表現がされていることにも注目すべきです。

中間選挙において敗けることは、トランプ政権がその後2年間レームダックするということをよく知っているトランプ大統領だからこそ、米朝首脳会談は確実に行われることは間違いありません。

北朝鮮側も、トランプ大統領への激しい批判はせず、「アメリカに時間を与える」というコメントを発表していることからも、米朝はお互いに十分な戦略を持ち、次のタイミングを決めたなかで、今回の発表に踏み切ったのだと思います。

政治には「後に引けないこと」が必ずあります。

トランプ大統領からすれば、この米朝首脳会談が、政治家として「後に引けない」最重要事項であるでしょう。

「下地ミキオは、相当に米朝首脳会談に前のめりだな」という印象を、このメルマガから持たれるかもしれませんが、その通り、下地ミキオは「前のめり」です。

拉致問題が解決すれば、拉致家族の皆さんに安心をもたらす。

朝鮮半島の和平は、沖縄の過重な米軍基地負担の軽減をもたらす。

前のめりでない政治家がいたら、会ってみたいものです。

決して感情論で言っているわけではありません。

この会談の動きのなか、「えっ!?」と皆さんが驚かされる日が来るのは、そう遠くないと私は思っています。

衆議院議員
下地ミキオ

※※※1週間前に配信されたメールマガジンを転載しております※※※
メールマガジンの登録にご登録いただけると、リアルタイムでメルマガをお届けいたします。
ぜひご登録ください。

メールマガジンに登録する