今日の衆院集中審議から感じることは

今日の衆院予算委員会での集中審議をみて、「全て解決した」と思える人はいないでしょう。

この問題はまだまだ続きます。しかし、この問題にばかり審議時間を費やすことを良しとしない声も多いのは事実です。

6月12日の米朝首脳会談にむけて、我々は何ができるのかを真剣に考えなくてはなりません。

先週の金曜に配信したメルマガに多くの反響をいただきました。

「ミキオさんはユタ(占い師)だね」との評価もありましたが、下地ミキオは政治家として「米朝首脳会談の必然」を述べただけです。

今後の行方は未知数ですが、6月12日の米朝首脳会談は必要なことだけに、変わることはないと思います。