働き方改革法案、採決せず。

本日の本会議では、「働き方改革法案」の採決は行われませんでした。

与党は、採決をあさってに延期すれば野党が応じてくると考えているのでしょうか。
また、野党は、今日はダメだけど、あさってになれば採決に応じようと思っているのでしょうか。

一番の懸念は、このような議会運営が国民にとってわかりやすいものになっているかどうかです。

働き方改革法案は、安倍政権にとって今国会での最重要法案に位置付けられております。

与野党ともに考え方が違うのですから、審議のなかで時間をかけて意見を戦わせるなかで、委員会において与党が強行採決へ踏み切って法案を成立させようと動くことは、民主主義の議会戦略において否定するものではありません。

互いの信念がぶつかりあうからこそ、国会運営は難しいのだと思います。

「ここだけは譲れない」という強い思いがぶつかり合って導かれる結果の良しあしは、後世から検証しなくては判断できない側面もあるのも事実であるだけに、今日は改めて議会運営の難しさを感じました。