踏み出さなければ、始まらない。

今日の国会はどこもかしこも「米朝首脳会談」の話題でもちきりでした。

「成功だ」「失敗した」さまざまな声が飛び交いました。

私は成功の立場です。

スタートがなければ、ゴールはありません。

首脳同士のトップ会談であったことは重要な意味があると私は思っております。

日朝議連の場でも議論を重ねておりますが、私達のスタンスは「どうすれば対話の雰囲気を作っていけるか」です。

北朝鮮との対話がなければ、前に進むことはできません。

大事なことなので繰り返し申し上げますが、「対話する」という姿勢がいまは大事なのです。

2日前、F15米軍戦闘機が那覇市の南約80キロの海上で墜落しましたが、アメリカの管理体制の話ばかりに終始してはいけません。

トランプ大統領が米韓の合同軍事演習を中止する表明をしましたが、これが前進すれば、沖縄の在沖米軍基地負担の軽減が進みます。

大きな視点から物事を冷静に見る姿勢が必要です。