ご都合主義の国会改革だけは絶対に許してはいけない

来週から参議院の定数が6増になる法案が衆議院で審議に入ります。

今日の新聞でも国会改革提言という文字が踊っておりましたが、参議院定数6増法案に賛成をする人たちは絶対に国会改革なんて言ってはいけません。
本末転倒の国会改革に、野党たるもの乗ってはいけません。

与党の幹部は笑っています。

与党議員が参議院議員6増法案に反対したら、これは本物です。
その時は堂々と一緒になって本物の国会改革をやり遂げましょう。

ご都合主義の国会改革だけは絶対に許してはなりません。
国会改革はこの国の行く末を決めてしまうだけに「遊び」や「人気とり」や「政局」ではダメです。
6増反対が基準となるのです。