千葉県太陽光×農業事業視察

今日は千葉県に太陽光と農業のコラボを視察に行ってまいりました。

太陽光の売電でも収益を上げ、生農業でも収益を上げる。
まさに一石二鳥です。

また、農地の上に間隔をとってソーラーパネルを置くことで農作物に影ができ、それが作物の成長を促進するようです。
これで一石三鳥となりました。

さらに、農地の上での太陽光なので固定資産税がかからないため収益が一般的な太陽光より良くなるとの事。
これで一石四鳥になりました。

太陽光の施設も高さが3メートルも有ると同時に、幅もしっかり確保されて農業機械も充分に作業できます。
最終的に農業機械全てのエネルギーを太陽光でしたいとの事でした。

私は脱原発で、自然エネルギーによるエネルギー社会ができればと考えています。
その方が経済的効果も大きいのではないでしょうか!

原発は一部の企業原発村にしか効果はありません。
自然エネルギーは全ての人にビジネスチャンスがあります。
その先頭バッターに農業がなって頂ければと期待しております。