【海外視察】ブラジル訪問:3日目

ブラジル視察3日目となる本日は、ジアデマ市の沖縄県人会館を訪れ、沖縄移民110周年記念祝典に参加致しました。

慰霊法要、祝賀パレード、そして、今日の祝典で強く感じたことは、沖縄系人の皆様とウチナーンチュの魂でつながっている誇りと嬉しさです。

午後は、7月1日よりスタートした日系4世の更なる受け入れついて、ブラジルの皆様への説明会を行いました。

皆さんからの質問は、「年齢制限」と「日本語資格N4」について集中しました。現地の生の声をいただけたことは、大きな収穫です。

この制度は、一つ一つ丁寧に、かつ、早急に進めていくことが重要です。
そして最も重要なのは、この制度は単なる労働力確保を促進することためのものではなく、人材育成と人材交流が目的だということを理解してもらうことだと、改めて感じました。