基地問題を解決するためには

沖縄県が辺野古の埋立承認を撤回しました。
これは、翁長知事の意思を受けて副知事や部長が下した正しい判断だと思います。

政府は撤回取消の裁判をすべきではありません。
結論は9月の30日に決着をつければいいのです。

それが政府の姿勢でなければなりません。

しかし承認撤回は沖縄の基地問題を解決する糸口にはなりません。
その先を提案していないからです。

提案しないやり方はこれまでの基地政策と一緒です。
だからダメなのです。

沖縄県知事選挙において佐喜真氏も玉城氏も普天間基地の危険の除去を実現するためにどうするかを明確にすべきです。

今日、南城市・南風原町の日本維新の会の大会を行いました。
多くの方々に私どもの統一地方選挙公認・推薦候補の思いを聞いていただき、本当に感謝します。

この感謝の気持ちを忘れずに、候補者も私どもも頑張っていきたいと思います。