2018.9.6放送分「北海道胆振東部地震情報/朝鮮総連70周年式典/いよいよ沖縄県知事選挙/」etc…

===【放送日時案内】===
「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です!
—————
[毎週木曜 夜8時〜]
FM21:76.8Mhz
FMもとぶ:79.2Mhz
FMレキオ:80.6Mhz
—————
[毎週日曜 朝10時〜]
FMくめじま:89.7Mhz
—————
[毎週日曜 夕方6時〜]
FM那覇:78.0Mhz

===【Podcastで好きな時間に!】===
iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。
購読(無料)は以下のリンクから

======
日時:平成30年9月6日(木)20:00〜21:00
場所:FM21

オープニング

ひろみ/9月6日木曜日、ミキオポスト OnRadio、番組のスタートです。
ご案内の本村ひろみです。皆さん、いかがお過ごしですか。
今、こちら浦添のスタジオから見てまして、もう大変穏やかな沖縄の天気なのですが、本当に今週は台風21号から、そして今朝の北海道の大地震まで、なんだか本当にもう急にいろんなことが起きたので、心を痛めております。
皆さんのお近く、周り、ご親戚の方々など、被害にあわれた方、いらっしゃるかもしれませんね。
本当にお見舞い申し上げたいと思います。

今朝の午前3時8分にあったという、平成30年北海道胆振東部地震と今、命名されたそうですけど、震度7です。
この大きさは本当にもう皆さんびっくりされたでしょうね。
特に寝ている時だったので、飛び起きられたと思うんですけれども、そのまま、まだ電気の復旧はめどがたっていないということですので、今ちょうど暗い夜の中ね、どのように過ごしているか考えるだけでもう、胸が痛くなりますし、若い皆さんはインターネットで地震情報をとったり、あと、ラジオを聞いてくださっている方もいるようですが、年配の方は特に情報が少ないらしいですので、本当に声かけ合ってくださいね、なんていうことをね、インターネット上でも出ておりました。

そんな1週間、きょうはもう本当に、この後たっぷり1時間話題をお届けしていくんですけれども、メインパーソナリティの下地ミキオさんなんですが、今このスタジオに向かっておりますので、また、防災担当大臣を務めていたミキオさんに、いろいろとこの自然災害や防災についても、本日は伺っていきたいと思います。
この後1時間、お付き合いください。

では、1曲目、お届けしましょう。
Foorinで「パプリカ」

♪ Foorin/パプリカ ♪

北海道胆振東部地震の情報

ひろみ/Foorinの歌う「パプリカ」をお届けいたしました。
この曲はね、子どもたちのほうが既に歌ったりして、よくご存じかと思うんですが、作曲米津玄師さん、作詞作曲ね、もう日本のミュージシャン、シンガーソングライターとして大人気の米津玄師さんのつくったこの曲は、NHKの東京オリンピックの応援ソングというふうにうたわれております。
このFoorinという小学生のメンバーがまたかわいいんですよ。
Foorinという音もいいですけどね、この踊っている姿が風鈴のようだからという粋なネーミングで、オーディションに受かった子どもたちが歌っています。
以上、お届けしました。
Foorinの「パプリカ」でした。
ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、メインパーソナリティの下地ミキオさん、今、スタジオに向かっていらっしゃいますのでね、その時間まで、今現在、手元にありますニュースをご紹介いたしましょう。
本日のニュースといえば、もうこの最新情報は、北海道での震度7、未明から現在まで起こった地震、FNNのプライムニュースの情報をお届けしたいと思います。
まず、安倍首相による発表が午後6時15分にありました。
地震による死者が9人と発表となっております。
政府は、北海道での地震を受けた関係閣僚会議を開いて、安倍首相は、地震による死者が9人にふえたことを明らかにしています。
安倍総理は、その上で、一時、295万世帯で発生していた停電について、7日、明日の朝までには100万世帯の普及を目指すという考えを示しています。
ということで、今この時間も本当に北海道、295万世帯、もう皆さん真っ暗な中で生活をされているんですよね。
それから、午後5時30分、気象庁が地震の名称を平成30年北海道胆振東部地震と発表しております。
気象庁は北海道、これ胆振地方という地方で起こった地震なんですけど、胆振地方で震度7を観測した地震の名称を、平成30年北海道胆振東部地震と決定したと発表いたしました。
気象庁によりますと今回の地震は最大震度7を観測し、広い範囲で土砂崩れなど顕著な被害が発生したため、名称を決めたとしています。
引き続き、今後1週間程度は、同じ規模の地震への注意を呼びかけております。
この件に関しましては、数年前にありました熊本地震のほうでも、その後にあった余震が同じぐらいの大きさだったと。
そのときにやはり後片づけなどをされていて、被害がさらに拡大されたというのが出ておりましたので、まだ皆さんやっぱり注意は必要ですよね。
そして、午後4時10分に発表されました、菅官房長官から、死者7人とそのときには出ていたが、今現在は9人になっております。
そして、救助捜索体制が2万5000人に増強されております。
捜索体制、4900名体制が、今後2万5000人体制まで増強する見通しとなっております。
このように、本当に大きな地震、最初は震度6強だったのですが、震度7というふうに変わっておりまして、全国、いや、もう世界中の目が今この日本の状況を見ているという感じがします。
それはなぜかというと、平成、平成じゃないですね、ごめんなさい。
台風ですね、台風21号が去って、関空が今、閉鎖になっておりますよね、滑走路が。
そして、きょうの地震によっては、また北海道のほうも空港が今、閉鎖状態になっている場所もあるわけですから、やはりこれは一刻も早い復旧を日本がするというのを皆さん期待して祈って待っていらっしゃるんだと思います。
いろいろTwitterなどの情報では、こういう震災のときには、こういうふうにしたら役立ちますよという過去の経験を書いてくださっている方もいっぱいいらっしゃいましてね、あ、これはそういうふうに使えるんだというのが1つありました。
ツナ缶をちょっとあけますと、油がありますよね。
そこにティッシュでこよりをつくってさして、マッチで、ライターで火をさすと、これがろうそくみたいに、しばらくは火を灯してくれると、そういう役割ができるというふうに、ツナ缶のアイデアを出している方がいました。
あと、懐中電灯がある方は、ペットボトル、水の入ったペットボトルの下に懐中電灯を置いて、懐中電灯の上に水の入ったペットボトルをおくと、これがランタンのように光を放ってちょっと明るくできますなんていう、そういう情報も書いております。
本当にこれはみんなが危機をもって、危機管理で一人ひとりが覚えているといいんじゃないかと思います。
今回の北海道も本当に皆さん、普通の日常の中で急に起きたこんなに大きな地震ですもんね。
本当にお見舞い申し上げます。
ではここで1曲お届けしたいと思います。
きゃりーぱみゅぱみゅで「キミに100パーセント」

♪ きゃりーぱみゅぱみゅ/キミに100パーセント ♪

ミキオ登場・日本の防災について

ひろみ/きゃりーぱみゅぱみゅで「キミに100%
、お届けいたしました。
ミキオポスト OnRadio、お待たせいたしました。
下地ミキオさん、スタジオに入ってまいりました。
ミキオさん、よろしくお願いします。

ミキオ/こんばんは。
よろしくお願いします。

ひろみ/今ちょうど、北海道の地震の話をさせていただいておりまして、やはりもう自然災害には、どうしてもこう、備えが必要だなと思ったんですけれども、防災担当大臣を務めたこともあるミキオさんのほうから、ちょっといろいろ伺っていきたいと思います。

ミキオ/自然災害の予知能力って進化しているんですよね。

ひろみ/そうなんですか。

ミキオ/そりゃあそうでしょう。
地震でも今、ひろみさんのところに地震が起こる前に、ぷっぷっぷっぷって鳴るでしょ。

ひろみ/ちゃんとアラーム来ますもんね。

ミキオ/アラームが来ます。
それに、雨の場合も、どれだけの量がどこに降りますかって出でいるでしょう。

ひろみ/ポイント出てきますからね。

ミキオ/だけどそれだけ出ているのに、なんでこうやってお亡くなりになる方が多いのかっていうのが問題だよね。

ひろみ/台風21号も本当ですね。

ミキオ/対応ができていないんですよ。
やっぱりそこのところをもう一回考えなきゃいけないし、水の配り方も、ご飯の配り方も、また同じことをしているという。

ひろみ/本当ですね。

ミキオ/また地震が来たら、ローソン、ファミリーマートが閉まっているとかって、そうじゃなくてさ、災害に強い、何かができないですかって普通考えない?

ひろみ/もう事前にやることの、もうちょっと強化してほしいですね。

ミキオ/そういうふうなことをやっぱりしっかりやらないと、何か僕は、自然災害という言葉で終わらせちゃっているところが問題かな。

ひろみ/自然災害が人災にならないように、本当に早いうちにいろんなことを。

ミキオ/今、人災になっているね。

ひろみ/もう空港が閉鎖の時点で。

ミキオ/何あの、北海道の電力会社は。
こんなに全島、全部停電になったりして。

ひろみ/もう今、北海道全体が真っ暗なんですよね。

ミキオ/おかしいでしょう。
4カ所機関があって、そのうちの1カ所がだめになったら全部がだめになるとかいって。

ひろみ/なるほど、これは事前にどうにか手を打つことも。

ミキオ/安倍総理も怒っていましたね。
やっぱりそれは違うと思うんですよね。

ひろみ/なるほどね。

ミキオ/世の中は全部防災に合わせて物をつくるっていう、そういうのは僕ら、福島の教訓じゃないですか。

ひろみ/本当ですね。

ミキオ/そういうところがまだまだできてないなというのを改めて感じるような***でしたね。
僕が言ってる水陸両用車もそうでしょう。

ひろみ/ええ。

ミキオ/どうしても必要でしょう。
今回液状化して、泥だらけになって***ですよ。

ひろみ/そこは本当にね、車が動けないところにどうやって入っていくのかという。
水陸両用車なんですね。

ミキオ/そういうのも何かできてないよね。

ひろみ/いやー、本当にもう見ていてつらい映像が、台風21号から今回の北海道の地震まで、本当に大きな被害がありませんように。

ミキオ/しかし、本当に国土強靱化というようなことを言っている以上は、もっとまじめに考えなきゃいけないですね、まじめに。
何か国土強靭化ということを言いながら、ただ単に道路の予算とる、河川の予算をとる、そういうような予算とり合戦のための国土強靭化じゃなくて、本当の強靱化。
一人も、災害のときに亡くさない強靱化。

ひろみ/本当にそうあってほしいですね。

ミキオ/そうです。
それが必要ですね。
きのうイスラエル大使が来たんですよ。

ひろみ/イスラエルの大使。

ミキオ/イスラエルにいったでしょ、この間。
無人機を見に行ったわけ。
アメリカの10分の1。
アメリカに聞こえないように言いますけどね。

ひろみ/聞こえないと思います。
あ、聞こえていますよ。

ミキオ/10分の1。

ひろみ/の大きさということですか。

ミキオ/金額、コスト。

ひろみ/もうそんなに進化してるんですか。

ミキオ/気象庁が発表したら、その上に、積乱雲の上に無人機を飛ばして、山が1ミリでも動いたら関知して下に通報ををする。
無人機がね。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/河川の。

ひろみ/増水があったよとか、山が動いて危険だというのを察知して。

ミキオ/そう。
その無人機を使いたいというのが、私が防災担当大臣のときの思いなんですけど、アメリカはもうボリボリ。
ボリボリ、アメリカ。

ひろみ/ボリボリっていうのは。

ミキオ/日本***におまえ、買えよなと言って。
もうヤルタ協定並みの状況ですね。
上から目線。
イスラエル見に行ったら、10分の1。

ひろみ/いいですね。

ミキオ/2000億円かかるよ、アメリカから買ったら。
イスラエルで買ったら200億円もいかない。
同じ機能ですよ。
だけど、イスラエルもアメリカ怖いから、売っていいのかしらみたいな感じだけど、セキュリティじゃなくて、今度は国土交通省の防災で買うからいいんだって、僕は言っているんですよね。
だから、何ていうかね、やればいっぱいできるんですよ。
自衛隊も先に出動させる。
台風が来るとわかったでしょ。
先に出動させて待っとけばいいじゃない。

ひろみ/あんなに大きなのが来るぞ、来るぞと言って、後からというのはおかしいですよね。

ミキオ/おかしいよね。

ひろみ/もう事前に。

ミキオ/そうです。

ひろみ/空港とか。

ミキオ/だけど、自衛隊にも車両がないんですよね、今。
水陸両用の車両が。
今度アメリカから水陸両用車両、54両買いましたけどね。
僕頑張りましたけど。
わかっていないんですよね。
そういうふうなことなどを、もう一回、しっかりとつくり上げていかないと、強固な、災害に強い日本っていうのはできないですね。

ひろみ/本当にでもことし特に思いましたね、もう災害が多過ぎたので。

ミキオ/そう。
これからだけど、気象変動っていうのはいっぱい出てきますから。
これ、すごいですよ。

ひろみ/本当に、防災に関しては、日本に見習えって言えるぐらいの。

ミキオ/そうですね。

ひろみ/先端行きたいですね。

ミキオ/そうですね、ちょっと頑張ります。

ひろみ/では、ここで1曲、お届けしましょう。
Manamiで「踊れティーダ」

♪ Manami/踊れティーダ ♪

朝鮮総連70周年式典参加

ひろみ/Manamiさんの曲、「踊れティーダ」をお聞きいただいております。
さて、ミキオポスト OnRadio、下地ミキオさんとお話を伺っておりますが、ミキオさんのFacebook、Twitterに、きのう何か華やかなお席に出席されている写真が上がっていましたけども。

ミキオ/朝鮮総連の70周年の式典に行ってきました。
二階幹事長の電報から始まり、国会議員も多かったですね。
何とか解決したいという思いがみんなあるんじゃないでしょうかね。
だから、安倍さんの対立型の河野太郎外務大臣がいってるように、締めつけ型のやり方じゃなくて、どうしたら融和できるのかということを模索するのが大事だと思うんですね。
私、きのうの朝鮮総連の議長の話を聞いていたんですけど、こう言っていました。
簡単にいうと、平和協定、結ばなきゃいけないでしょと。
停戦協定。
だから、北朝鮮と日本って、韓国って、今、戦争状態なんですよね。
日本は今平和だからいいみたいだけど、実質上は、戦争状態なんですよ。
だから、それを早めに平和協定結んで、平和状態に戻して、それから核兵器の削減でしょうと。

ひろみ/順番があるわけですね。

ミキオ/何で、戦争状態のときに核をなくせといって、おかしいよね。
言ってることは、向こうの方が、原理原則正しいと思ったよ。
だから、そういうふうな意味においてはね、インドも核持っています。
パキスタンもロシアも持っています。
フランスもアメリカも持ってますというようなことになっているから、核廃絶という意味では、みんな考えなきゃいけないんですよね。
だけど、北朝鮮だけをターゲットに絞って、核をなくせとかという前に、まずは平和協定を結んでからやるのが大事ですね。

ひろみ/順番はそっちが先なんですね。

ミキオ/私は、何回かナンさん(?)という議長さんと飲んだんですけど、言ってましたよ。
ミキオさん、今、北朝鮮の朝鮮半島で一番尊敬されてる人は誰ですかと言ったら、どなたですかって言ったら、千利休さんだと言うんですよ。

ひろみ/千利休、お茶の。

ミキオ/朝鮮半島の。
朝鮮征伐のときに反対して、茶室で切腹したじゃないですか。
だから、あの人たちはその歴史から見てるんですよ。
朝鮮征伐から。
僕らは、戦後の短い時間から見ているわけですよ。
だから、そういうものをなおしていくためには、拉致家族のことを考えたらもう時間かけられないでしょ。
対立で心が開かなくて、どんどん。

ひろみ/溝が深くなっていってね。

ミキオ/深くなっていく。
結局は、拉致家族の皆さんの期待に応えられない。
やっぱり方向変えないとね。
私はそう思うし、ロシアでも、アメリカでも、いろんな世界でけんかして戦争してるじゃないですか、この人たち。
何か、そういうふうな、象徴的に悪い人だというのをつくり上げて、それが結局は心開かなくて、拉致家族の人たちの思いに応えられない。
それをなおしていかなきゃいけないなと思います。

ひろみ/コミュニケーションのとり方みたいな。

ミキオ/いや、僕はそのほうがいい。
僕はその政策でいきたいと思ってまして、だからきのうも無理やり、あの会合に出るためだけにいってきたんです。

ひろみ/そうなんですか。

いよいよ沖縄県知事選挙・アイデアたくさん

ミキオ/それで、朝帰ってきてね。

ひろみ/そうですよね。
今はちょうど、本当に沖縄のあちこち飛び回っていますが、選挙の話題なんですけど、いよいよ沖縄県知事選挙も。

ミキオ/県知事選挙はこの前も話したけど、とにかく弔い合戦とか、そして、辺野古賛成とか反対とか。
小沢さんが好きか嫌いかとか。
デニーさんの後ろには小沢さんがいるの間違いないから、そういう選挙になっちゃってるんですよ、今。
きょうも週刊文春にいっぱい出てましたね。

ひろみ/そうなんですか。

ミキオ/見ました?

ひろみ/見てないです。

ミキオ/あらあら、おくれてますね。
デニーさんに隠し子がいるとか、それとか、佐喜真さんにも子どもがいたとか。
フランスに。

ひろみ/そうなんですか。

ミキオ/また来週も出るらしいですよ。

ひろみ/これ、文春砲ってやつですか。

ミキオ/文春砲。
だけど、こんなことをやっていたら、おもしろくないよね。

ひろみ/本当ですね、足の引っ張り合いみたいになっちゃったら。

ミキオ/両方書いてました。
だけど、そうじゃなくてもっと夢のある政策を。

ひろみ/本当ですね、前向きな話。

ミキオ/きょうもいっているんだけど、あれなんです。
夏休みの宿題なくしましょう。
夏休みは、子どもは親と遊ぶ時期。
決めましょう。

ひろみ/突然のような感じですけど、確かに、夏休み宿題ないなら最高ですよ。

ミキオ/いや、夏休みに宿題があって、学力が向上したケースはゼロです。
私の経験からしてもそうです。

ひろみ/夏休みの宿題。

ミキオ/大抵が、隣のお兄さんに書かせました。

ひろみ/ミキオくんはそうやって。
でも、みんなそうですよ。
きょうだいも一緒に手伝ったりとかね。
お父さん、お母さんだとか。

ミキオ/夏休みは徹底的に親と遊べと。
友達と遊べと。
夏休み終わって、小学校、中学校、高校生で、自殺してる8月、9月の統計、1200人超えますね。

ひろみ/悲しいですね、それは本当に。

ミキオ/これは宿題のせいだと言わないけど、やっぱりどっかで楽しみがないんでしょうね。
何か憂鬱になるんでしょう。

ひろみ/学校始まって。

ミキオ/始まることに、自分が宿題できなかったりしたり、何か。

ひろみ/それ絶対あると思います。

ミキオ/だって、9月の学校始まる前の5日間は、俺、憂鬱ですよ。

ひろみ/やっぱり?
ミキオ少年もそうだったんですね。

ミキオ/絵を描きなさいとか。

ひろみ/図工、工作やってない。

ミキオ/いいじゃないか。
こんなこと、どうでも。

ひろみ/子どもの気持ち、いまだに持っているんですね、ミキオ少年時代の。

ミキオ/やっぱりのびのびと遊ばせるというやつを、やったらいいよねとかいう政策ですよ。
僕らがいつも言ってる、子どもの教育の無料化。
この前言いましたけど、うちの松井代表があした来るんですけど。

ひろみ/沖縄に?

ミキオ/この前、大阪で飲んだんですよ。
そしたら、松井代表が言うんです。
来年も、大阪桐蔭は春夏優勝しまっせみたいな話をするから。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/僕も、大ぼら吹きだけど、あの人も大ぶら吹きだなと。

ひろみ/いや、でも楽しい大ぼらじゃないですか、これは。

ミキオ/どうしてといったら、大阪は私学まで無償化。

ひろみ/これは、強みですよね。

ミキオ/高校生、私学まで無償化、お金とらないんです。

ひろみ/優秀な子が行きたくなりますよ。

ミキオ/そうでしょう。
だって、学校もずっと特待生ばっかりとったら、学校の経営が成り立たないから。
だけど、無償化だから。
だから、無償化っていろんなチャンスつくるんですよ。
親の負担を軽減するだけじゃなくて、子どもにチャンスつくるんですよ。
だから、そういうおもしろい政策をね。
デニーさんの政策もおもしろくないね、辺野古反対だけ。
いつも言うんだけど、じゃあ、普天間の危険は大変、辺野古は反対。
じゃあ、あんたどうするのと。
答え出してよ、デニーさんというわけよ。
そしたら、県外、国外だと。
じゃあ何であなたが支持してきたオオタさんできなかったのと、屋良朝苗さんできなかったのと。
平良幸市さん、できなかったのと。
それだったら、ちゃんとどこでどうやって、普天間の危険の除去を、辺野古をやめてやるのかを提案しないといけないよね。

ひろみ/提案ね、必要ですよね。

ミキオ/僕らだったらもう、馬毛島使えと。

ひろみ/馬毛島案。

ミキオ/鹿児島の馬毛島、種子島の横を使えと。
そしたら伊江島の訓練所も開放だと。
高江もやめたほうがいい。
北部訓練場もなおす、かえす。
そうやったら、次のステップが生まれてきますということをいってるわけですよ。
だって、1個もないでしょ。
県外、国外って。
佐喜真さんも、危険の除去だ、普天間大変だと言うなら、じゃあ辺野古でいいんですねって言ったら、辺野古は言わないと言うし、どこがいいかというと、どこも言わないし。
どうすっぺ。

ひろみ/どうすっぺ、いやー、本当ですね。

ミキオ/僕はね、なかなか、僕が言ったらいつも角が立つ人間だからあれだけど、正面から、怒られることを恐れていたら、結果出ないと思うんだよね。
今、怒られることを言う人が、僕、最後、選挙勝つと思うよ。
戦略的に彼ら考えて、デニーさんも、佐喜真さんも、言わないことが正しいみたいに言っているけど、僕、最終的に、こういう政治していたら間違うと思うよ。
辺野古反対の人たちってすばらしいけど、じゃあどうするかというと、言わない。
佐喜真さんも辺野古危険だというのわかるけど、じゃあ辺野古賛成ですねといったら、はいと言えば理屈は立つけど、言わない。
どうなるんでしょうね。

ひろみ/どうなるんでしょうね。
ミキオさんくらいがつんと言うと、怒られて。

ミキオ/怒られるわけ。
余計なこというなと。
そういう感じじゃないかな。

ひろみ/沖縄の未来を担うわけですからね。

ミキオ/もっと、それだったらそれで、じゃあもう言わなかったらいい、両方、ファジーにしなかったら、ファジーにしなさいって。
だけど、土俵を夢にしようかと。

ひろみ/アイデアをいっぱい出してくる。

ミキオ/アイデアいっぱい出す、それもやらない。

ひろみ/その土俵を充実させてほしいですね。

ミキオ/その土俵に移って、討論会をする。
そのとき、辺野古とか、普天間とか、そんな話は置いておく。
誰が夢を語らないで、誰が実現できるか。

ひろみ/ああ、いいですね。
そういう討論会を見たいですね。

ミキオ/そうでしょう?
そういうことをやればいいじゃない。
討論会というのは、政治にとって大事なんですよ。
だから、マスコミが意図的にとか言うけど、その意図的なやつを乗り越えなきゃね。
やっぱり夢を与えられる人が一番勝利者。

ひろみ/もうこれはみんなが、この人柄に惚れたりしますからね。

ミキオ/それがね、今この選挙の大きなポイントじゃないかな。
そう思います。

ひろみ/ここで1曲お届けいたしましょう。
WANIMAで、「やってみよう」

♪ WANIMA/やってみよう ♪

沖縄県知事選挙・維新の政策

ひろみ/WANIMAで「やってみよう」、お届けしました。
何かこれ、ミキオさんのテーマソングのような、やってみようって感じでいいですね。

ミキオ/いい歌ですね。

ひろみ/さて、沖縄県知事選挙の話題を伺っているんですけども、今手元にこれ、新聞出てきましたよ。
日本維新の会の。

ミキオ/この政策見たらおもしろいんだよね。
離島の航空運賃50%オフ。

ひろみ/それうれしいですね。

ミキオ/南大東、北大東、久米島、石垣、宮古、与那国、多良間、伊江、全部50%オフ。
いいじゃないですか。

ひろみ/これうれしいですよね。

ミキオ/たいしたお金かかりませんよ。
みんなが移動しやすいような環境をつくる、いいですよね。

ひろみ/いいですね。
このアイデアが日本維新の会が考える県民ファースト政策。

ミキオ/そうなんです。
だから、流動人口がふえないと定住人口ふえないから、そういう意味でそういうことをやりましょうと。
琉球大学病院を1000室のベッドで、おもしろくやりましょう。
自慢話だけど、この前、その前の振興策に、振興法の中に琉球大学って入れたのは、僕が入れたの。

ひろみ/名前を入れてあげた?

ミキオ/そう。
入れたおかげで、普通、文部科学省がやる病院を、琉大病院は文部省の補助金と琉大の基金と、借り入れなんだけど、これ沖縄振興費で全部やります。
だからあそこの病院をおもしろくつくったら、そしてもう二度と開業医とか中間病院が治しきれないなといっても、ちゃんと琉大病院が、恐ろしいくらいの大きさで受け入れたらおもしろくなりますね。

ひろみ/期待が持てる病院という感じですね。

ミキオ/それとかね、韓国、フィリピン、インド、台湾、香港、医療技術ってすごいんですよね。

ひろみ/アジアはそうなんですか。

ミキオ/そう、そういう中で、その薬価基準があるから、日本で使えない薬をインドが使えるんだったら、あの薬は効くよって日本の病院の先生が判断したらインドに送る。

ひろみ/それは可能ですよね。

ミキオ/可能。
インドの方々が、日本にはあるけどインドにはないものは日本に来る(?)。
こういうのの基準を沖縄がやるとかってすごくない?

ひろみ/医療の流通が始まるという、すごいアイデアですねこれ。

ミキオ/大阪は重粒子線は全部民間ですよ。
民間企業がつくって、大阪府が協力する。
うち、全部税金でつくろうとするでしょう。

ひろみ/そっか、ちょっとアイデアもらって、いろんないいアイデア使いたいですね。

ミキオ/ひろみさん、沖縄全県、Wi-Fiゼロ。

ひろみ/ああもうこれ、最高じゃないですか。
ネット環境いい、沖縄最高だよってみんな言いますよ。

ミキオ/いいよね。
こういうのやりたいんですよね。

ひろみ/夢がありますね。

ミキオ/そう。
だから今言っていることは、夢戦争をしようかと、今度の知事選挙は。
辺野古賛成か反対か、弔い合戦かっていう戦争じゃなくて、夢戦争。
戦争ってあんまり良くないね。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/何か夢。

ひろみ/バトルとか、何か楽しい感じで。

ミキオ/そうそう。
そういうものをやろうよ。
そしたらおもしろくなると思うよ。

ひろみ/若い人にとってのわかりやすくて楽しいアイデアがどんどん出て来るといいですね。
県民ファーストチャレンジっていうことで。

ミキオ/トントンパーク、どうですか。
トントンパーク。

ひろみ/トントンパーク、ネーミングが***。

ミキオ/だから豚がもう少ないんですよ。

ひろみ/あ、県内は?

ミキオ/そう。
だから秋田に行ったら、20万頭ぐらい1農家でやっているやつがあって、それをやりたいなと。
トントンパーク構想。

ひろみ/トントンパーク構想って、名前からかわいいですね。

ミキオ/かわいいでしょう。
だからね、いろんなことがあるね。
何かおもしろい、ワクワクするような政策じゃないと。

ひろみ/それを期待したいですね、本当に。
政策の中に。

沖縄県知事選挙・夢を語り合う土俵を

ミキオ/そういうのを今回の論議にしたいんですよ、私は。
今からは、何かをつくるというよりも無駄を省く、そういうこともやるような、新しい政治が必要ですね。

ひろみ/いやぜひ、この県知事選挙に向けては、夢を語り合うという土俵をつくってほしいなと思います。

ミキオ/そう思いませんか。

ひろみ/ほんとですね。
この冊子欲しいという方は、またぜひ声かけてくださいね。
日本維新の会、維新の県民ファーストチャレンジということで、楽しい機関紙になっていますのでね。

ミキオ/しつこいようだけど、夏休み宿題ゼロ。

ひろみ/これ、子どもからの支持は相当受けると思いますよ。

ミキオ/絶対ですよ。

ひろみ/8月31日に、みんな競って図書館で絵日記書いてましたからね。

ミキオ/みんなそうでしょう。

ひろみ/みんなそうですよ。

ミキオ/いいんだよ、そんなのはもうやらなくて。

ひろみ/お天気、あれ、あの日晴れだったかな、曇りだったかななんて考えながらね。

ミキオ/だから今は、ランドセルが重いとかっていう話があるでしょ。
人生が重いんですよ。

ひろみ/なんですか、名言ですか(?)。
人生重いんですよね。

ミキオ/重いの。
子どものあの時代は遊ばないとさ、いい子ども育ちませんね。

ひろみ/いや本当にもう、将来を担う人材ですから。

ミキオ/そうそう。

ひろみ/子どものころの夢はたっぷりと与えてあげたいですよね。

ミキオ/僕はそんなにいい成績じゃなかったけど、国会まで一応出られて。

ひろみ/そうですよ。
政治家になりたいっていう若い子も出てくるかもしれない。

ミキオ/そうそう。
優秀じゃないけど、できるんです。
政治家っておもしろい人ができるんです。

ひろみ/ユニークな方ですね、多いですもんね。
個性があって。

ミキオ/だから、何かやっぱだけど勉強しないといけませんよ。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/だけど自分の好きなことが勉強できるような、そういうことをやりたいですね。

ひろみ/いや、いいですね。
何か夢のある話題なんですけども。
あと、統一地方選挙も今まっただ中なんですけども、いろいろね。

ミキオ/統一地方選挙はものすごく大事。
やっぱ一番、市民や住民に密着しているのは村会議員、町会議員、市会議員ね。

ひろみ/地元の、そうですよね。

ミキオ/この3つの人たちがものすごい密着しているので、彼らの声っては大事ですよね、選ばれる人。
だからもう、500票で選ばれるとか、300票で選ばれるとか、200票で選ばれるとかあるじゃないですか。
これ、票数が少なければ少ない人が大事。

ひろみ/なぜですか。

ミキオ/知事選挙って36万票とか。

ひろみ/ええ、おっきいですよね。

ミキオ/あれよりは、100票、200票の人が大事。
物すごく密着してますね。

ひろみ/地域にいる、見える顔っていうことですよね。

ミキオ/彼らもそれと同じように、当選したら、地域に密着したことが大事なんだというような教育をしていくことが大事。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/そういうことをこれからもやっていかなければいけませんね。

ひろみ/9月9日日曜日に結果が出るということで、統一地方選挙。
皆さんしっかりと、ご自分の地域の方をチェックして。

ミキオ/我が候補者の名前言いたいけど、きょうは言いません。

ひろみ/そうですね。
では、1曲お届けしましょう。
懐かしいナンバーです。
フィンガー5で、「恋のダイヤル6700

♪ フィンガー5/恋のダイヤル6700 ♪

沖縄県知事選挙・沖縄経済のアイデア

ひろみ/フィンガー5で「恋のダイヤル6700」お届けいたしました。

ミキオ/懐かしかったね。

ひろみ/この曲流れてると、ミキオさん、今動画見ているんですけど、これは自分の動画を見てるんですね。

ミキオ/何かいいこと書いてありました。

ひろみ/いいですね。

ミキオ/この前さ。
あ、うるさいんじゃない?

ひろみ/それミキオさんの動画です。

ミキオ/ああ、そっか。

ひろみ/今、何でこれを見てるんだろうと。

ミキオ/早く言ってよ。

ひろみ/今言ったんですけど。

ミキオ/今さ、クルージングバースが減りそうなんです。

ひろみ/そうなんですか。

ミキオ/伸びているみたいだけど、これがとまりはじめてるわけ。
何でかわかります?

ひろみ/わからないです。

ミキオ/クルージングバースは、経営の7割がチケット代とか、中でのレストランなんですよね。
あとの3割が船の中にあるカジノなんですよ。
日本に入ってくると、法律上、12海里が船の中でできないわけですよ。
だから、沖縄に来て、それから神戸行って、東京の、横浜港行くといったら、その間中、船の中の大きなカジノが全部ストップ、クローズしてるわけ。

ひろみ/それを楽しみに来ている方にとっては。

ミキオ/もう退屈でしょうがないらしいね。
それで、クルージング会社どうしてるかというと、沖縄ははずそう、日本ははずそうとなって、伸びが。

ひろみ/その理由で、ちょっとこのへん来なくなったら。

ミキオ/今まではしょうがないかみたいな話だったけど、それがそうなってきているらしいです。

ひろみ/影響が出ているんですね。

ミキオ/今、だから私、考えています。
12海里、岸壁まで来たらやめる。

ひろみ/接岸。

ミキオ/接岸したら。
でもそれだけではおもしろくない。
今、私が5年前につくった制度で、中国から沖縄にきて1泊したら、それから1泊したあと東京行ったら、大阪行ったら、鹿児島行ったりすると、3年間ノービザ制度をつくりました。

ひろみ/ありましたよね、これすごくいい制度で喜ばれて。

ミキオ/正直言って、これがあったから今の沖縄の海外の旅行者、アジアからのお客さんがふえたんです、中国からの。
それと同じようにしましょうか。

ひろみ/ということは。

ミキオ/クルージング船は、沖縄に一回着岸した船だけは、12海里でできる。

ひろみ/なるほど。
絶対に沖縄に来るじゃないですか。

ミキオ/沖縄に来ないといけない。
おきまちになるでしょうね。

ひろみ/いい言葉ですね。
早く沖縄に行かなきゃという感じになりますね。

ミキオ/沖縄に1泊しなければ、船の中でこれから大阪行ったりどこ行ったりしてもできないと。

ひろみ/それはどんどん沖縄に、皆さん、クルーズ船がやってきますね。

ミキオ/そういうおもしろさをつくらないといけないね。
これが1点。
もう一つは、沖縄が出発。
クルージング船をイタリアで乗るときは、2日前くらいにイタリアに行きますね。
イタリアに2日くらいいて、それからクルーズ船に乗って世界一周旅行と。
それが沖縄が出発点なったらどうなる?

ひろみ/沖縄にもう絶対来ないとスタートにならないという、これはアイデアですね。

ミキオ/いいですよね。
今、クルーズ船、全部、寄港地だけさ。

ひろみ/ちょっとよって、停泊して。

ミキオ/沖縄がスタートだったら、2日前から来て。
お水なんか買わなくていいけど。

ひろみ/いろんな買い物を楽しんで。

ミキオ/いろんな買い物して準備してからクルーズ船乗る。

ひろみ/うれしい、うるおいますね、これもまた。

ミキオ/こういうのをやらないといかんですね。
だから、しつこいけどね、知事選挙、こういうのをやらんといけない。

ひろみ/もう夢バトルですね。
本当に、楽しいこといっぱい言った方がポイントが高くなるというね。

ミキオ/残りは本当に、50%基地問題をオフになるのは、誰がどんな提案できるか。
普天間は辺野古移設やったって、5%程度ですよ。
だから、50%オフ。
デニーさんの中には、辺野古反対も入れて、佐喜真さんの中には、辺野古賛成も入れて。
しかし、どっちが50%オフをきちんと提案できるか。
そういうことやったらいいんじゃないの?
私は、辺野古賛成だけど、私の提案を受けたほうが、相対的には50%以上まで、沖縄の基地がなくなりますよ。
最終的には、嘉手納基地以外残りませんよと、そういう提案する。
デニーさんも、私は辺野古反対だけど、じゃあ普天間そのままじゃなくて、50%オフの提案して、高江もやめさせると。

ひろみ/この考え方は新しいですね。

ミキオ/そういうやり方しないといかんですね。

ひろみ/本当に、未来を担うわけですから、知事は。
ぜひ楽しい、夢のある希望を持てる方、お願いしたいですね。

ミキオ/年代別に、80、70歳以上の人たち、今回、私たちが提案している中で、医療費の1割負担ゼロ。

ひろみ/お年寄りにとっては最高です。

ミキオ/ブラジル行って感じましたよ。
1世の人たち、全て医療も介護もゼロ。

ひろみ/すばらしいですね、ブラジルのこの。

ミキオ/こんなに1世で苦労した人だから、病気になったからってお金取れるんですかって。

ひろみ/ブラボーですね、これは本当に。

ミキオ/でもそれは、僕らがもっと先に言わなきゃいけなかった。

ひろみ/ウチナーンチュが。

ミキオ/そう、ウチナーンチュが、こんなに空襲受けた、苦しんできた、地上戦受けてきた人たちに、若い私たちが、こんなに苦しんで、子どもを守って抱きながら逃げてきた、そういう人たちに、この人たちが病気になったからってお金とれますかと、今までの歴代の知事が言うべきでしたね。

ひろみ/泣けてきます。
でも、本当にこれいいと思います。

ミキオ/だけど、やってないんですよ。
日本の制度だけで縛られて。
日本の制度で沖縄を考えたら、もう無理なんですよ。
そういうことを、もうちょっと考える我が沖縄県でありたいと思います。

エンディング

ひろみ/本当ですね。
最後、みんな沖縄にきたいという一言をもらえる沖縄でありたいですね。
お時間があっと言う間に過ぎましたが、最後に、1分くらいありますので、ミキオさんから元気の出る。

ミキオ/1分しかないんですか。

ひろみ/3分ぐらいは大丈夫だそうですよ。

ミキオ/それでもだめですね。

ひろみ/夢をもっと語っていただけるといいな。

ミキオ/夢って、何か力強さ出ますよね。
だから、僕はいつも言ってるんですけど、人と違う話をできる勇気、子どもたちがね。
みんなが、9割が同じことを言うけど、Aだと言うけど、私はBだと言う。
みんなと違うこと言える勇気を持てるような子どもをつくらんといかんですね。
そこが難しいですけど。
だけど僕ね、そういう子どもが出てこないとだめだと思う。

ひろみ/そういう子が未来をつくっていくかもしれませんね。
あいつは昔ちょっと変わってたけど、やっぱり違うなという。

ミキオ/そうです。
全部、ビルゲイツもみんな変わっていた子どもなんですよ。

ひろみ/確かにそうですね。
楽しい時間、あっと言う間でした。
ミキオポスト OnRadio、ご案内は、本村ひろみでした。
そして、メインパーソナリティは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございました。