2018.11.1放送分「臨時国会での質問/辺野古問題の見解/沖縄の泡盛を世界へ/」etc…

===【放送日時案内】===
「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です!
—————
[毎週木曜 夜8時〜]
FM21:76.8Mhz
FMもとぶ:79.2Mhz
FMレキオ:80.6Mhz
—————
[毎週日曜 朝10時〜]
FMくめじま:89.7Mhz
—————
[毎週日曜 夕方6時〜]
FM那覇:78.0Mhz

===【Podcastで好きな時間に!】===
iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。
購読(無料)は以下のリンクから

======
日時:平成30年11月1日(木)20:00〜21:00
場所:FM21

オープニング

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、さあ番組のスタートです。
皆さんこんばんは、本村ひろみです。
そして、メインパーソナリティはこの方です。

ミキオ/下地ミキオです。
よろしくお願い申し上げます。

ひろみ/はい、ミキオさん11月1日になりまして、何だか1が3つ並んでいる。
今日は何の日だと思います?

ミキオ/111。

ひろみ/111、英語で言うと。
ワン、ワン、ワンということで、犬の日なんだそうです。

ミキオ/もう全然。
ひろみさん、全然おもしろくなかったよ今。

ひろみ/すみませんでした。
まあそういう、きょうは、11月1日はいろんな犬の日だったり紅茶の日があるということでちょっとね、情報、お得な情報をお伝えしたつもりだったんですけど。

ミキオ/いや、これお得かどうかわからない。

ひろみ/失礼いたしました。
まあでも、あっという間ですね。
2018年ももう2カ月ということになりますので。

ミキオ/そう、早いな。
とりあえず選挙あってね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/最後で当選したかなと思ったら1年経ちましたね。

ひろみ/あれがもう、この時期だったんですね。

ミキオ/そうです、そうです。
またほんとに、1年1年、大事にしていかなきゃいけませんね、お互い。

ひろみ/ほんっとにそう思いますね。
お互い、頑張って今日もおいしいお水をいただきながら
番組を進めていきたいと思います。

ミキオポスト OnRadio、きょうの1曲目はこの曲でまいりましょう。

ManamiとDIAMANTESで、「WANDA」

♪ Manami×DIAMANTES/WANDA ♪

臨時国会での質問

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さあ今週のミキオさんのコーナーは、まず何といっても
臨時国会開会ということで、安倍総理の所信表明がございました。

ミキオ/まあ臨時国会なんですけども
参戦を自民党の総裁に参戦を果たされて最初の国会ですね。

ひろみ/はい。

ミキオ/そういうふうな意味においては、あと3年間すると
吉田茂元総理や佐藤栄作元総理を抜いて1位になる。在任期間が。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/在任期間が1位になる人が、何をするんだろうかというようなことを
みんなが興味を持っているんで、非常に面白い国会になるだろうという風に思いますね。

ひろみ/そうですね、ええ。

ミキオ/私が思うことを明日、質問します。

ひろみ/11月2日、明日ミキオさんが立つんですね、質問に。

ミキオ/2時からね。

ひろみ/はい、午後2時から。

ミキオ/安倍総理に対して質問しますので。

ひろみ/楽しみですね、はい。

ミキオ/皆さんも聞いていただいて、どういうふうな質問するのかなというようなことを、ぜひ興味を持っていただきたいと。

ひろみ/はい。

ミキオ/まあこの番組だけ先に言うと。

ひろみ/お願いします。

ミキオ/まずはこの国会の補正予算は、防災、災害に対する補正予算なんで
災害の話を冒頭やります。
災害の話の冒頭は、大阪の高槻市のブロック塀が倒れて
子どもさんが亡くなったんですよね。

ひろみ/ありました、はい。

ミキオ/あの悲惨な事故をもう一回やらないようにするための対策の予算が
今度組まれているんですけど、この政府が今回予算組むでしょ。

ひろみ/はい。

ミキオ/ブロック塀の撤去の費用って3分の1の補助なんですよね。
予算規模が小さかったから、なかなか無かったわけよ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/高槻市の市長さんなんかは、もうそんな政府の補助予算なんか待てないから
自分でやっちゃってるわけ。

ひろみ/はい。

ミキオ/そういう人たちにも、ちゃんと遡及してお金が出せるのかどうなのかっていう
ことを、ちょっと質問したいのね。
それとか、この前青果市場行ったらもう青果市場が停電してましたね。

ひろみ/大変ですね。

ミキオ/そういうふうな意味で、食肉センターとか漁連とか青果市場ってのを
自家発電を徹底しろというようなことをちょっと言おうかなとか。

それと私の一番ずっと言っている水陸両用車。
これについて、もっとこれを普及させろと。
これだけ、その何というの、災害の中でも
ゲリラ豪雨とか多くなっているにも関わらず
それに対応するような装備がないと。
消防車なんかではね、ゲリラ豪雨に対応できないでしょ。

ひろみ/ええ、本当ですよ。

ミキオ/だからそれをやるべきだということを、ちょっと言おうかなという。
そのあとに、沖縄問題を。
ちょっと時間かけてちょっと説明して、憲法と北朝鮮と
それと北方四島の返還問題をやって、あとはクルージング船の話を
ちょっとしようかなという風に思っております。
そういうことを中心にしながら、ちょっと質問をしてみようかなと。

ひろみ/今回は47分ぐらい、お時間がたっぷりあるということですのでね。

ミキオ/いや、たっぷりじゃないよ。
たっぷりは2時間ほしいんですよ。

ひろみ/2時間。
その中で47分にいくつかの質問まとめるのは、本当大変ですけれども。
ぜひこれはもう…。

ミキオ/だから、普通ね、自民党の一番長い人でも、見つけるのが長い人でも
党で1人やるのは大体1時間ぐらいですね。

ひろみ/それを考えると、47分で割と時間はとっていただいて。

ミキオ/まぁまぁ長いんで、まぁまぁですよ。

ひろみ/まぁまぁ。
2時間ほしいところの47分っていうことで。

ミキオ/そう。
それをしっかりとまたやっていこうと思っていますから
よろしくお願いしますね。

ひろみ/これはもう明日。
もう一度確認します、11月2日の午後2時過ぎですね。
国会答弁。

ミキオ/2時ですね。

ひろみ/はい。

ミキオ/はい。

ひろみ/ぜひラジオお聞きの皆さんも、ミキオさんの質問を
ご覧いただきたいと思います。

ミキオ/特に明日はちょっと、沖縄問題やりましょう。

ひろみ/これは期待ですね。

ミキオ/ちょっと今のやり方ではだめですね。
政府との交渉ってのは、こうあるべきだというやつをちょっと
私のほうから話をしたいと思いますね。

ひろみ/ぜひ期待したいと思います。
ここで1曲お届けいたしましょう。
DIAMANTESで「オキナワ・ラティーナ」

♪ DIAMANTES/オキナワ・ラティーナ ♪

辺野古問題の見解

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
今のお話にも触れておりましたが、辺野古の問題について
ここでミキオさんの見解も伺っていきたいと思います。

ミキオ/これ、僕は同じこと何百回、何千回と言っているんですけど
とにかく仲井眞さんという前の知事さんが
印鑑を押したというところから
この辺野古の問題はスタートしているんですよ。
埋め立て認可を印鑑を押したということね。

ひろみ/はい。

ミキオ/だから、稲嶺さんのときにはそこまで行ってないわけよね。
だから印鑑を押したところからスタートしているので
印鑑をいただいた国が工事を進めるというのは当たり前なんですよね。
この印鑑を押したというのを、無効だという裁判を沖縄県がやるわけですよ。
無効だということをね。
だけど、最終的にはこの無効だというのがね、いろんな経緯を含めて、無効じゃなくて最高裁判所で負けて、これは認められるわけですね。

ひろみ/はい。

ミキオ/私はもう、前からここは、こんな裁判しても
無効の裁判を起こしても勝てませんよと。

だから、勝てないから、それはやりなさるなと。
それよりはもう、沖縄県知事が持っている権限、条例をつくるとか
埋め立て認可権を持っている人がね、しっかりとある意味
国に自分の権限のもとで、自分の意志をつくらさないということを
やればいいんだと言うけど、翁長さん、裁判やったのよ。

裁判負けちゃった。

しかもその前に私が県民投票やったらいかがですかと言ったら
私が選ばれたら県民投票する必要ないと。

私が選ばれることが辺野古が反対だって選ばれることだって言うから
そうじゃなくて、辺野古の反対の人はこれだけいるぞと、示した方が
いいんじゃないのというようなことを言ったけど

県民投票もやらない、条例も1本しかつくらない
埋め立ての認可の権限については反対ばっかり言うから
訴えられたら負けるみたいな、そういうふうな形になったわけですよね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/これが、今回デニーさんが知事になった。
デニーさんが知事になったその前に
沖縄県は撤回をやっているわけですよね。

この撤回。
今度は認可が無効だけじゃなくて
この認可したこと自体がどんどん、どんどん、あの認可したときと
違う条件になっているんで、これはおかしいから
撤回だと言っているわけですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/だけど、私は、これもまた裁判
同じようなルートを使うんですよ。

この国土交通大臣に対して停止命令を出したり
いろんなことをやって、もうやりましたでしょ。

国土交通大臣が、停止命令は違法だということになったじゃないですか。
防衛省が国土交通大臣に、この停止命令に対する停止を
要求したものを同じ人同士がやってということを、おかしいねと言うけど
これ国のルールがあるんだから。

だけど沖縄県がさ、防衛省が国土交通省に言ったら
こうなるって結果は始めからわかっていてやっているわけでしょ。
そうじゃない?

ひろみ/はい、そうですね。

ミキオ/わからなかったと言ったらおかしいよね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/ということは、この結果も前と同じような
類似の結論の出し方をやるから
これは最高裁まで行っても負けるんですよ。

負けるだけじゃなくて、その間、工事が進むんですよ。
だから、今度また、こうやっている間にね
終わったら県民投票やるって決めたわけですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/県民投票って6カ月以内だからね。
もう工事が始まったら40ヘクタール、11月から始まったら
県民投票するときには埋め立て全部終わっているよ、ひろみさん。

ひろみ/えー!
この期間で…。

ミキオ/そこで県民投票やって何になるの?

ひろみ/そうですね。
本当ですね。

ミキオ/だって、もう停止することは、もう停止できないということが決まったら
着工しますよね。

ひろみ/はい。

ミキオ/6カ月以内に、あの埋立地、囲っているのがあるでしょ。

ひろみ/はい。

ミキオ/あれ終わっちゃうよ。

ひろみ/タイミングがずれていますね。

ミキオ/だから、もうじゃあ、埋め立てて終わった後
県民投票やって、どうなるんですかということになるでしょ。

僕は、デニーさんは協議する、協議するって言うから
あの人は僕が撤回も一回ストップしてね。
それで県民投票もちょっと待てと言って
俺が国と勝負すると言うかなと思ったら、
言わないんだよな。

同じことを繰り返しているわけさ。
これ、何なのと。

司法ではもう勝てないというのははっきりしている。
県民投票をやるころには
埋め立て終わっているというのもはっきりしている。
僕はね、思うんだけど
この人たちは辺野古を止める気は
翁長さんのころからないよ。

政治に勝ちたいだけ。

辺野古問題を解決するには

辺野古を止めるんだったら、条例つくって
ミンカケン(?)やって、県民投票を4年前に
さっとやっていれば終わっていた。

デニーさんも辺野古止めたかったら、はっきりしていることは
もう撤回をやったら、防衛大臣が、国土交通大臣だって
撤回をしている間に停止をして
この工事が着工できるようにするというのを決める。

決まっている。

県民投票をやるのは6カ月後と言ったらね
埋め立て終わっている。

デニーさんが本当に、今できるのは
国を止める以外ないんですよ。
国を止めるのは県民投票で止めようと思って
県民投票が7割になりました、8割になりましたとかって
言いたいとか言うけど、あんたもう、その頃終わっているんだもん。

ひろみ/あー…何という…。

ミキオ/だから止めようと思うんだったら
もう政治がね突っ込んで話をしないといかんわけですよ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/それができていないんですよね。

ひろみ/ここは…。

ミキオ/だから、僕は選挙を勝ちたいための県民投票
選挙を勝ちたいためのね、承認撤回。

これじゃないかなと思うんですよね。
だから本当にさ、そうじゃなくて
辺野古を止めるんだということをだったら
止めることをやらなきゃ。

私がいつも言うでしょ。

地位協定をね、私ももう25年ぐらい国会にね
志してやっている中でも、この外務省とかと
話をして地位協定を変えさせて

この事件、事故を止めるとかっていうそんなもう
幻想なんか浮かばなくて、権限でやれと言っているさ。

ひろみ/権限ですよね。

ミキオ/もう戦後ね、沖縄が***に置かれてから
今日までの間に、600人が強盗殺人、飲酒運転ひき逃げで
沖縄の人が亡くなっているんですよ。

ひろみ/うーん、すごい数ですよね。

ミキオ/すごい数でしょ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/すごい数。
だからそういう中でどうするかと言ったら
もう地位協定が大事だというんだったらね
それをやらないんだから。

だから簡単なんだよ。

うちの県民を1人でも殺したらね
企業局が水を提供しているアメリカに水、ぴぇーッと止める。

ひろみ/はい。

ミキオ/電気も止める。

ひろみ/いいですね。

ミキオ/県道を歩かさない。
ごみも焼かん。これやるべきでしょ。

ひろみ/もう徹底して、権限を使うということですね。

ミキオ/そう。
それでアメリカが怒る、日本政府も怒る、怒らせって。
怒るぐらいだったら、お前直せよな、と言うべきだよね。

ひろみ/この手法でいくしかないですね。

ミキオ/いや、だから、その手法でやれと言っているのに
できないんだもう。

何かね、その戦いがわかっていないよ。
日本記者クラブに行って話してさ
アメリカに行って課長以下と話して、どうなるの。
世論を動かしてというより、そんな世論を動かす余裕があったら
自分の権限を行使しろと言いたいよね。

世論なんかどうでもいい。
県知事になった人が、本当に戦う姿勢を見せれば、これ終わるよ。
県知事にはいっぱいの権限があるんだから。
それが、できない。

ひろみ/ここで1曲お届けいたしましょう。
DIAMANTESで「フィエスタ」

♪ DIAMANTES/フィエスタ ♪

沖縄の泡盛を世界へ

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さあ、ミキオさん。
11月と言えば祭りシーズンなんです。

ミキオ/そうですか?

ひろみ/そうなんですよ。

ミキオ/何の祭りがあるんですか。

ひろみ/まず11月3日土曜日は、琉球王朝祭りといって
首里城から古式行列があって、3日、4日は
壺屋のやちむん通り祭りというのがあるんですよ。

ミキオ/はい。

ひろみ/そして、11日の週には
なは青年祭という祭りが行われます。

ミキオ/青年祭いいね、これね。

ひろみ/ねぇ、いいですよね。
躍動感あります。
旗頭(はたがしら)とかエイサーも出るそうですよ。

ミキオ/何か、あれが出るっちゅうんじゃないの?

ひろみ/そう、ステージではディアマンテスも
今回、盛り上げてくださるということで。

ミキオ/ディアマンテスがいいね。
ディアマンテスがなは祭りで青年祭で歌ったらまた、青年盛り上がるね。

ひろみ/そうなんですよ。
もう今週は、ディアマンテスの曲を一気にお届けしておりますけれども
やはりステージが盛り上がるということで、皆さんね
ぜひ大勢の方、来てほしいなと思いまして。

ミキオ/産業まつりってあったでしょ。

ひろみ/はい。

ミキオ/あれおもしろかったよ。

ひろみ/沖縄の新しいものが一堂に集まるという。

ミキオ/そう。

ミキオ/着物をね買いにきかれる(?)、着こなすことができる発明ね。

ひろみ/おー。

ミキオ/それと沖縄で初めての電気自動車。

ひろみ/はあ。

ミキオ/それに、水素を使ったおもしろいものもありましたね。
それと蓄電池。
太陽光の蓄電池のやつもありましたね。
非常におもしろかった。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/僕がこの前も言ってるけど
イスラエルなんか1年間で600社の企業が世界の企業に提携するか
買われるかするって言ってましたでしょ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/ああいうふうな産業まつりでいいのが出てて
どんどんこの特許が売れたり。

ひろみ/うん。

ミキオ/いや一緒にやりませんかと言って
増資をしたりとかっていうのが出てくると
面白いかもしれませんね。

ひろみ/それすごい、タイアップしてね。

ミキオ/あとはもう、泡盛がいっぱい出てましたけどね。
さあ、どうするかね、泡盛。
あっちこっち行っても、今もうウイスキーのソーダ割の何て言ったかね、あれ。

ひろみ/ハイボール。
ハイボールかな、人気ですよね。

ミキオ/ハイボール飲ませてくれとか、芋焼酎とか、麦焼酎とか、ワインとか。
どんなにして、これに勝つのかね。

ひろみ/ほんとですね。
今の宮腰さんっていう大臣は、輸出ものについては沖縄で米つくって
沖縄の米で泡盛つくって出そうとかいうんだよね。
輸出したときにこれ何が原料ですかと言ったら
タイ米ですと言ったら売れないっていうのがあの人の持論なんですよね。

ひろみ/あー。

ミキオ/コストは高くなるから
コストが高くなって海外で売れるならいいけども
まず認知度だよね。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/だから俺、あの人も沖縄好きでよくわかってる人だけど
そうやって沖縄に愛情あるならまず外務省に話をして
外務省は1年間に何百人と公式行事やりますよ。

ひろみ/へー。

ミキオ/世界中からお客さん来て。

ひろみ/セレブの方々とか。

ミキオ/そう。
じゃあ、おまえら何出してるんだと。
沖縄政策言うんだったら。

ひろみ/うん。

ミキオ/大体日本酒です。
芋です、ワインです。
それでいて、世界中の大使館に泡盛を買えとか言ってるわけよ。
そしたらまた、ありがとう!とかって沖縄の泡盛業界言うんだけど
どこから買うのよ?

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/沖縄からまた送ったり何だりすると、税金だからこれも。

ひろみ/うん。

ミキオ/税金で大使館買うとなったら
そりゃ沖縄の泡盛業界喜ぶかもしんないけど
なんで税金でそこまでして送らなきゃいけないのかと。

イタリア行っても、フランス行っても、全部日本酒や芋焼酎は
民間が向こうに売ってるわけだから、それから買うんだったら安いよね。

ひろみ/民間の小売店から。

ミキオ/だけどまた宮腰さんはね
全部***総理補佐官のときに言ってるわけだよね。
だから、こういうふうなやり方をしていてもだめだって
わからんかなと思うわけね。

だからまずは、そんなこと言うんだったら、オークラ、帝国、ニューオータニ
リッツカールトン、こんなところに全部お願いしてさ
まず日本酒のところに泡盛って名前を入れさせろよと。

ひろみ/そこからスタートですよね。

ミキオ/そこからスタート。
そこからスタートです。

ひろみ/名前をみんなに知ってもらってから
ということもありますね。

ミキオ/やっぱり一流のところになければさ
あそこのバーに全て泡盛があるかといったらないよ。

ひろみ/やはり、まだないんですかね。
認知度低いんですかね。

ミキオ/だからそういうふうなものなんかは
やっぱ徹底的にやっていくような仕組みをつくれと。
泡盛業界にね、外務省の次官ぐらいしたやつを
顧問に入れて全部回せと。

ひろみ/それするとすごいですね。

ミキオ/そう。
泡盛業界に来ているのは
国税が管理するから財務省の天下りが来てる。

ひろみ/うーん。

ミキオ/そうじゃなくて、ほんとに。
それもいいかもしれないけど、やっぱ売らないとな。

ひろみ/売るための施策が必要ですね。

ミキオ/これだけ税金使ってるわけだから。

ひろみ/はい。

ミキオ/山中先生がつくって、泡盛を守るって言っても
いつまでもそれできんでしょ。
そうなってきたらやっぱり、自立するような道を
模索をしないといかんですよね。
だから、僕が泡盛コンペティションとか
泡盛マイスターってあんだけ支援しても、泡盛業界何も応援しない。

ひろみ/おかしいですね、それは。
もう、チャンスですもんね。

ミキオ/泡盛カクテルコンペティションなんかさ
泡盛のカクテルで総理大臣賞まで出してるんだよ。

ひろみ/すごいですよね。
ゴーヤー入れたりとかね。

ミキオ/その総理大臣に出したやつを、毎年1回カクテルをつくって
今年の総理大臣賞ですと言って、全部にファミリーマートとか
ローソンとか売ったらおもしろいと思わない?

ひろみ/飲食とかね、あればいいですよね。

ミキオ/だから総理大臣賞をとったものは、ホテル組合と相談して
必ず乾杯はこれでやりましょうと。

ひろみ/それはいいですね。
そうすると頑張りますよね、つくるバーテンの方もね。

ミキオ/そういうやり方、当たり前に。
これもだけどさ、国にお願いするんじゃなくて
県知事がやったらいいんじゃない。

ひろみ/県で。
そうですよね、ほんとに。

ミキオ/何でも国に、国にと言って、沖縄担当大臣がそこまで
泡盛のくちゅくちゅしたものまで、私がやりますとか言うんじゃなくて
いつまでもあんたにおんぶに抱っこじゃないよと。

自分たちでやりますよって、県知事が沖縄にこれだけあと5年間で
88カ所ホテルができるというわけだから、琉球漆器を使え
琉球ガラスは使え、泡盛はどう使うんだ、カクテル使えとかさ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/やるべきじゃない?

ひろみ/もう沖縄のものでドカンと。

ミキオ/いけよなと。

ひろみ/ぜひそうあってほしいですね。

ミキオ/そういうふうなやり方だよね。
制服なんかも紅型使いなさいとかさ、いろいろあるさ。

ひろみ/ありますね、ほんとに。
ミキオさん、今度。

ミキオ/景気がよくなっても自分のところまで降りてこないというのは
こういうところ徹底してないからそうなるんだよ。

ひろみ/徹底してぜひ、これは始めてほしいですね。
観光のためにも。

ミキオ/頑張りましょう。

ひろみ/今おっしゃった全日本泡盛マイスター技能競技大会というのも
今度3日の日、国立劇場のほうで行われるそうなんですよ。
これも内閣総理大臣杯になってるということでね
ぜひ大勢の方に参加してほしいですね。

ミキオ/すごいんですよ、これも。

ひろみ/先ほどご紹介した那覇青年祭なんですけど、11日の日曜日。
場所が、あのセルラーで行われるそうですので
ぜひ皆さん、ディアマンテスも応援しながら。

ミキオ/ディアマンテスの歌、聞きたいね。

ひろみ/もう、いいですね、そこで皆さんで乾杯しながら
楽しんでいただければと。

ミキオ/ディアマンテスの歌は、タダで聴けるんですか。

ひろみ/これはもう無料でということですので。

ミキオ/じゃあ絶対みんな集まるね、これ。

ひろみ/集まります。
もうぜひ皆さん、ご参加して盛り上がってほしいので
ここで1曲、ディアマンテスの曲をお届けしましょう。

DIAMANTESで「ガンバッテヤンド」

♪ DIAMANTES/ガンバッテヤンド ♪

ペーパーレス化と書き物文化

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、先日SNSでミキオさんが皆さんで携帯ですとか
iPadを持っている写真があったんですが
今ミーティングはペーパーレスになったということでね。

ミキオ/ペーパーレスよりも
私はこの小泉進次郎にライバル意識を持ってる。

ひろみ/どういう点で、ライバル意識があるんですか。

ミキオ/この前も知事選挙で応援して
彼が街頭やったら3000人ぐらい集まって
同じ時間に私がやったら5人だったと。

ひろみ/5人。

ミキオ/寂しい結果で。
この前ペーパーレス化を、平成のうちに改革できる案で
やりたいとかって言って彼が発表したら
新聞にもテレビにもばんばん載るしね。
だけどうちの党は、もう僕が政調会長になってから
ペーパーレス化なんですよ。

ひろみ/もう既にやってたんですね、日本維新の会は。

ミキオ/やってるんです。
なんでうちのものはとらないで、小泉進次郎のものだけやってるんだって。
なんかお子ちゃまみたいですね、下地ミキオ。

ひろみ/いえいえ、でも気持ちはね。
ちょっと知ってるの?っていうふうに、皆さんに問いかけたいですね。

ミキオ/うちはもう本当にペーパーレス化なんです。

ひろみ/いや、すばらしいですね。

ミキオ/iPad持たせて。

ひろみ/iPad持って。

ミキオ/そう。
そういうふうなことをやってるんですよ。
だから、小さい政党が先駆けてやっている一つ一つのことね
さっき言った水陸両用車の件とか、日系4世の件だとか
色んなことなんかやってるんですよ。

またこの前は、琉球大学と沖縄県とあわせて
この普天間につくる琉球大学病院が小さくなろうとしてるから
それを大きくしようとかね。
色んなことを、ダイナミックに取り組んでますよ。

ひろみ/ほんとですよね。
これはちょっと、どんどん言いたいとこですけども。

ミキオ/言いたいとこなんですけど
これからまで頑張ってやっていきたいと思いますんで。
ペーパーレス化はだけど、これから大事よ。

ひろみ/そうですね。
時代はもうそこに向かってる感じはしますね。

ミキオ/そこに向かってます。
間違いなく、それをやっていかなきゃだめですね。

ひろみ/ミキオさんは、ちゃんと両手で打ったりしてるんですか。
iPhoneとかを。

ミキオ/私は、両手で打つ前に片手で打って
両手でチェックしているという。
全然意味わかんないこと言ってますけど。

ひろみ/いや、こう両手。
脳トレみたいな感じでいいですよね。
指を使うっていうのはね。

ミキオ/僕は、本来はちゃんと大事なところは
ペーパーレス化も大事なんですけど。朝は必ず書道をしてます。

ひろみ/やってますね、地道に。

ミキオ/書き物文化というのは、捨てちゃいけないんで。
だからペーパーレス化というのは
無駄を省くためにやっているだけの話であって
書き物文化は残さなきゃいけないからね。

ひろみ/すばらしいですね。

ミキオ/だから、時間があったら必ず書道で書いてるんですけど。
こういうことをやりながら、ペーパーレス化と書き物文化を
守らないのというのは、別次元ですから。
そこは大事にしていきましょう、というふうに思っています。

ひろみ/書くことということも大切で。
ミキオさんのほうは何と
音声入力もかなりされているようでね。

ミキオ/打つのが遅いから音声入力にしています。

ひろみ/でもそれもう既に、精度が上がってきているということなんで。
すばらしいですね。

ミキオ/機械の精度が上がっているのか
僕のしゃべり方が宮古訛りがとれてきているのか
どっちかだと思います。

ひろみ/訛りはでもいいかななんて、必要かななんて思いますけどもね。

ミキオ/あしたも訛りながら
質問しときましょうね。

ひろみ/じゃあウチナーンチュとしてみんな
地元のみんな見て応援しているかと思います。
ここで1曲お届けしましょう。

DIAMANTESで「アスタ・マーニャ」

♪ DIAMANTES/アスタ・マーニャ ♪

「ミキオ流」朝の過ごし方

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
でもほんとに、秋になって過ごしやすいですからね。
食欲もわいてきますけど、ミキオさんのほうはどうですか。
いっぱいもうおいしいものいただいて。

ミキオ/今玄米ですね、下地ミキオは。

ひろみ/このごろ玄米ですよね。

ミキオ/玄米。
非常に、玄米食べるとお通じもいいし
それと体重にも影響が出てきていますね。

ひろみ/やっとこうちょっとずつ。

ミキオ/もっと恐ろしいこと教えましょうか。

ひろみ/恐ろしいことですか、はい。

ミキオ/玄米食べてるでしょ。
必ず東京にいるときは、お風呂で1時間。

ひろみ/半身浴。

ミキオ/暖房つけて、半身浴じゃなくてバーベル持ってぐるぐるやるんです。

ひろみ/すごいですね、それ。
サウナ効果。

ミキオ/いろんな運動やるんですよ。
これがまたいいんですね。
これもう、必ず腹筋とか何とかお風呂場でやったりして
終わったら新しい新兵器を買いました。

ひろみ/何でしょう。

ミキオ/お腹ブルブルするやつがあるでしょ。

ひろみ/わかりますよ。
脂肪を溶かす、燃焼させるっていうやつですね。

ミキオ/よくテレビショッピングに出るやつを。

ひろみ/見てますけども。

ミキオ/あれね、ばかにしてたんだけどやってみたら
なかなかいいですね。

ひろみ/効果がありそうですか。
少しずつ。

ミキオ/効果あります、効果あります。

ひろみ/へー。

ミキオ/あれをやって、大体8時15分に出るんですけど。
5分ぐらいでつきますから、議員宿舎から。
これが全部運動終わったり何だったりするのが、大体7時15分ごろ。

ひろみ/うん。

ミキオ/もうそれが全部終わった段階で
ブルブルをつけながらまずは本を大体30ページか40ページぐらい読む。

ひろみ/はい。

ミキオ/その後は書道やって
それが終わったら朝ご飯を家内がつくってくるんでそれを食べて
15分に出ると。

ひろみ/何と充実した朝のスタートでいいですね、過ごし方で。

ミキオ/東京で(?)それやらないとね、やっぱ落ち着かないですね。

ひろみ/心を落ち着かせて、書を書いて、玄米いただいて。

ミキオ/だけどもう、事務所入ったら8時半からずっと
勉強会とか日程とかそういうのが続くんで。

ひろみ/なるほど。
でもストレス解消にもなりますし、健康にもいいですし
一石何鳥もありますね。その朝の過ごし方。

ミキオ/とにかく書き物文化は守らんといかんですね。

ひろみ/ということで
いよいよ来年に向けての一文字も考えてるんですね
きっとミキオさんは。

ミキオ/これから考えます。

ひろみ/今年は何でしたっけ。
覚えてない。

ミキオ/縁ですよ。

ひろみ/縁?

ミキオ/縁ですよ、縁。

ひろみ/縁だったんですね。
じゃあ来年に向けても、一文字を考えていただきましょう。
あっという間のお時間でした。
30秒くらいあります。
ミキオさんから皆さんに
元気の出る言葉で締めたいと思います。

ミキオ/あした、下地ミキオらしい質問をしたいというふうに思ってますから
またぜひ皆さん聞いてください。
お願いしたいと思います。
私なりの感覚で、どんどんやっていきます。

ひろみ/期待したいと思います。
頑張ってください。
ミキオポスト OnRadio、ご案内は本村ひろみでした。
そしてメインパーソナリティは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございます。