”予測不能”の大統領

「プーチン大統領の発言がアメリカを刺激するのではないか」と予測される方が、多くのコメントも寄せております。
また、マティス国防長官も辞任を表明しており、新たな局面を迎えつつあります。

本日配信したメルマガにも書きましたが、トランプ大統領、プーチン大統領の2名は“予測不能”であるだけに、日本政府も戦々恐々とすることでしょう。
外交マンが敷いたレールを歩かない大統領を相手にするとき、両大統領への交渉は力強いものでなくてはなりません。

『恐怖の男』というトランプ大統領の本は、ホワイトホテルの内情を赤裸々に書いており、非常に興味深く読み終えました。
皆さんぜひ一度読んでいただければと思います。

話は変わりますが、本日の閣議決定で平成31年度の予算が決まりました。
100兆円あまりの予算でしたが、消費税1%で2.7兆円。
それであるならば、10%消費税ではなく、9%消費税で良かったのではないでしょうか。

そう思う声が多いのも、皆さんにお伝えしておきます。