入管法改正に取り組む一日

本日15時、入管法改正について、自公とわが党との修正協議が終わりました。

内容については、まだ申し上げられませんが、現状の政府の法案に維新案を盛り込むことで、
国民の皆様から見ても安心できるものになったと思います。

新しい野党としての姿は、政府が提出した法案に納得できなければ「徹底的に作り直す」
「修正協議に持ち込む」「指摘のみに終始しない」ことが大事であり、
日本維新の会がそのことを実践している姿を、この入管法改正の修正協議で改めて示せたのではないかと思います。

振り返ると、今日は入管法の一日でした。

朝7時前から修正協議の項目について、何度も何度も確認をし、この法案に首たけでありました。
先頭になって実務に奔走した丸山穂高衆議院議員には、特に尊敬の念を持つものであります。
また、議員総会において納得していただいた皆様にも、心から感謝いたします。