安全保障委員会の質疑にたちました

本日の安全保障委員会の質疑のなかで、那覇駐屯地の陸自祭での初めての米国海兵隊演習参加に触れて、
「この仕組みはこれからも続けたほうが良い」と申し上げました。

在沖の海兵隊はどんどんグアムへと移転しており、岩国にも移動しております。

在沖の海兵隊の数は、確実に少なくなってきました。
そのような意味において、陸自と米海兵隊が共同で演習を行い、練度を高め、
質を向上させることで、確実に在沖米軍の負担が減ります。
これができなければ、いつまで経っても在沖米軍はとどまり、負担が軽減されることはないのです。

負担軽減を真剣に前に進めるためには、「自分の国は自分で守る」を進めながら、
限界がある部分において「協力し、共同して行う」姿勢づくりが大事です。

何でもかんでもアメリカだのみになってはいけないのです。