馬毛島の活用が、基地負担軽減を実現する。

今日のビッグニュースは、馬毛島の記事です。

掲載内容が全て真実だとは思いませんが、馬毛島を活用した日米共同の訓練施設の整備が順調に、真っ直ぐに進んでいることは間違いありません。

この馬毛島の活用計画が成功すれば、基地を抱える多くの市町村の負担軽減となることも間違いありません。

2016年3月25日には馬毛島に上陸視察を行い、同5月12日には宜野湾市の佐喜真市長(当時)と沖縄県の安慶田副知事(当時)に説明を行い、同9月12日には鹿児島県庁、翌13日には種子島の各自治体へ協力を要請。






3年間にわたって、馬毛島の地主の皆さんや、関係者の皆さんと協議を重ねながら進めてきた下地ミキオにとっては、まさにビッグニュースだと改めて感じました。

そのような意味においても、本当に嬉しいニュースです。

これで、沖縄の基地負担軽減も、しっかりと進むことになるでしょう。

安倍政権は色々なことを言われ、辺野古を進めていることでも怒られます。

しかし、このような形で負担軽減を進めていることは、歴代総理とは違う。
稀に見る成果を出していると思います。

客観的な評価と、沖縄の意見とを、しっかりと見極めたなかで、国と向き合っていかなければなりません。