2019.1.3放送分「今年の1文字/元号が変わる/G20の開催/北方四島について」etc…

===【放送日時案内】===
「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です!
—————
[毎週木曜 夜8時〜]
FM21:76.8Mhz
FMもとぶ:79.2Mhz
FMレキオ:80.6Mhz
—————
[毎週日曜 朝10時〜]
FMくめじま:89.7Mhz
—————
[毎週日曜 夕方6時〜]
FM那覇:78.0Mhz

===【Podcastで好きな時間に!】===
iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。
購読(無料)は以下のリンクから

===【放送日時案内】===
「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です!
—————
[毎週木曜 夜8時〜]
FM21:76.8Mhz
FMもとぶ:79.2Mhz
FMレキオ:80.6Mhz
—————
[毎週日曜 朝10時〜]
FMくめじま:89.7Mhz
—————
[毎週日曜 夕方6時〜]
FM那覇:78.0Mhz

===【Podcastで好きな時間に!】===
iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。
購読(無料)は以下のリンクから

[音声でもお聞きいただけます]

オープニング


ひろみ/新年、あけましておめでとうございます。
2019年1月3日がやって来ました。
さあ、この時間からミキオポスト OnRadio、番組のスタートです。
ご案内の本村ひろみです。
そして、メインパーソナリティは、この方です。

ミキオ/下地ミキオです。
皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年も皆さんが、健康でいい年になりますように、私も政治の場で一生懸命頑張ってまいりたいと思います。
どうぞ皆さん、頑張ってまいりましょう。
よろしくお願いを申し上げます。

ひろみ/いやー、ミキオさん。
晴れやかな新年を迎えて、本当におめでとうございます。

ミキオ/おめでとうございます。

ひろみ/干支でいうとイノシシですよ。

ミキオ/あらまた。

ひろみ/あらまた、はい。

ミキオ/あらまた。

ひろみ/いのしし年でいらっしゃるわけではないですけどね、ミキオさんが。

ミキオ/言われるでしょ、僕。

ひろみ/猪突猛進。

ミキオ/そう。
だけど、ほんとは違うんですよ。
私はカメなんですよ。

ひろみ/ゆっくり、スローのほうなんですね。

ミキオ/そうなんですよ。
と言っても、誰も信じてくれません。

ひろみ/いや、私もあんまり信じられないと思いますが。
まあでも、今年はどうなんでしょうね。
2019年のスタートからは、ゆっくりな感じですか。

ミキオ/まあ、ゆっくりというよりも、やっぱりもう一度自分の新しさとか、自分のチャレンジしたこと、同じことをやらずに何か新しいものにするとか。
いろんなことをつくっていくというかね、そういう年にしたいです。

ひろみ/今のミキオさんの話の中に、いよいよ今年のご自分の一文字というのが入ってたんですかね。

ミキオ/入ってますね。

ひろみ/これは楽しみです。
昨年が縁をつなぐという縁でしたけど、今年の一文字、この後1曲挟んでお届けしたいと思います。
それでは、2019年の栄えある1曲目はこの曲でまいりましょう。
Mr.Childrenで「彩り」

♪ Mr.Children/彩り ♪

今年の1文字

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、2019年新春の初めての放送ということで
まあまあ毎年この初めての放送で、ミキオさんの今年を占う一文字の発表があるんですけど。

ミキオ/今年は新(しん)。
新しい。

ひろみ/いいですね、すてきな文字ですね。

ミキオ/これなかなか重いんですよ。
この前、縁だったでしょ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/人の縁というか、縁に助けられて政治家としての道を歩んでいるわけなんですよね。
だからもう一回、私と本村ひろみさんの縁も当たり前だよと。

ひろみ/もうなれてね。

ミキオ/そういうもんではなくて、やっぱこの縁結んでるのは大事なんだなというのが去年でしたね。

ひろみ/はい。

ミキオ/今回は、新しい下地ミキオ。

ひろみ/あー。

ミキオ/この新しい下地ミキオというと、先ほど言ったようにこのイノシシの。

ひろみ/猪突猛進のような。

ミキオ/猪突猛進のような下地ミキオでしたね、と思われるでしょ。

ひろみ/一般的にはね、もう。

ミキオ/新しいという言葉は、私はゆっくり、ゆっくりという言葉と組み合わせて、今年はちょっと自分の新しさを考えてみたい。

ひろみ/またこれこそ、新しいですね。
ゆっくりと新しく。

ミキオ/いや、新しくとゆっくり。

ひろみ/新しくとゆっくり。

ミキオ/そう。
何か新しいというと、全てが。

ひろみ/リニューアルみたいなね。

ミキオ/そう、リニューアルというか前に、前に、前に、前に、前にって感じかもしれないけど
このゆっくりとした自分を探すのも新しい。

ひろみ/ゆっくりできますかね、ミキオさん。

ミキオ/今日のラジオ番組のしゃべりかたも、去年と違ってゆっくりじゃありませんか。

ひろみ/確かに、ちょっと今日落ち着いていらっしゃるなと思ったのは、あえてこのゆっくりモード。

ミキオ/このゆっくりなんですよ。
これ、新しいもゆっくりを目指していく。
新しいも、今までのミキオの考え方じゃないやつを探していく。

ひろみ/あー。

ミキオ/新しいも、去年の縁とそれから一歩進んで、お互いの今までは15分ぐらいしか
会わなかった相方をちょっと1時間会ってみるとかね。

ひろみ/時間もゆったりととっていこうということですね。

ミキオ/新しいも、新しい政策を。
今まで、俺はこうだって思い込んでるのがいっぱいあるかもしれないから、このやってみる。
政策をつくってみる。
新しいも、今までの日程が同じサイクルで回ってないかをもう一回チェックしてみるという
ちょっと新しいという言葉を全ての私の行動の前に、お話の前につけてゆっくりした新しいミキオ。

ひろみ/ワオ。

ミキオ/新しい日程で縁を探すとか。

ひろみ/難しそうですね、これもまた。

ミキオ/新しい政策を発表するとか。
こういうふうな、この何かね。
新しいという言葉の意味を、もう一回ちょっと。

ひろみ/いや、これは新、新しいという文字の重さが伝わってきましたね。

ミキオ/そう、新、新。
これはなかなか難しいですよ。

ひろみ/まだ、番組始まって今6分ぐらいですけど、このゆっくりモードのしゃべりは続いていますからね。

ミキオ/だけども、これがまた自分が新しいということをやるというのがまた難しいんですよね。

ひろみ/相当大変だと思います。

ミキオ/同じサイクルでしょ。

ひろみ/なれてきたものを崩していくわけですからね。

ミキオ/そうそう、これがなかなか難しい。
これなかなか難しい。
なかなか難しい、ひろみさん。
な、か、な、か。

ひろみ/笑いに変えてもいいんですか。
でもそれぐらいの、もう極端にゆったりしてるみたいな。

ミキオ/ミキオちょっと、あんた新しいミキオ見たねみたいな。

ひろみ/ラジオお聞きの皆さん、今年は会ったときに期待しててください。
もうミキオさんがゆったりに、ゆったりに変わるそうですので。

ミキオ/期待しといてください。

ひろみ/ということで、今年の下地ミキオさんの一文字は「新しい」という文字です。
新、期待したいと思います。
さあ何はともあれ、2019年がいよいよもうスタートいたしまして3日たちましたけれども、ミキオさん、今年2019年がどんな年かを少し占ってほしいっていうかね、この辺がやはり気になるところだという政治的な、もしくは社会的なそういう話題がありましたら教えていただきましょう。

2019、元号が変わる年

ミキオ/今年はですね、天皇陛下の譲位がありますから、それは大きいですね。
新しい年号になります。

ひろみ/はい。

ミキオ/私は、昭和は体験はしてません。
昭和に生まれましたからね。

ひろみ/はい。

ミキオ/平成という言葉は、変わるときを体験しました。

ひろみ/ええ。

ミキオ/今回、また2回目の元号が変わることを体験すると。
これ、非常に珍しいですね。

ひろみ/すごいですよね、2回体験するわけですから。

ミキオ/はい。
そういうふうな意味においても、どういう元号になるか。
これは興味津々ですよね。

ひろみ/まだミキオさんのところにも、情報は漏れてこないわけですね。

ミキオ/漏れてきませんね。
これをもし私が今あると言ったら、これは恐ろしい問題が起こる。

ひろみ/そうですね、失礼いたしました。
気になるのが、前回の場合はね小渕さんが掲げて発表しましたけども、今回はどなたがそれをされるのかとか。

ミキオ/私が見たあの平成という文字の、平という言葉はもう平和という意味ですよね。

ひろみ/あー、確かに、はい。

ミキオ/僕は、天皇陛下がいろんな人と相談して一文字は決めてんじゃないかと思うんですよね。

ひろみ/やはり、もう既に心にあるわけですね。

ミキオ/そうそうそうそう。
だから、平成は天皇陛下が宮内庁でいろんな人とご相談なされて、内閣で相談されて
平和な時代にしたいという意味で、平をとったんじゃないかって、私の勘、あれですよ。

ひろみ/そんな感じはしますね。
平和の平という。

ミキオ/それで成長していくみたいな。
今回も、だから天皇陛下の思いが来る、何て言うの、わかる、頭の言葉が。

ひろみ/なるほど。
そこにヒントがもしかすると、思いあるかもしれませんね。

ミキオ/そういうふうなことになるから、この元号でこの天皇陛下は
自分の時代何したいんだっていうのがわかるんじゃないですかね。

ひろみ/予測できる文字が出てくるということで。

ミキオ/そうそうそうそう。

ひろみ/わー、これ楽しみだわ。

ミキオ/そうですね。

ひろみ/はい。

G20の開催

ミキオ/2つ目は、6月には、8月かな。
G20が日本で久しぶりに行われる。
世界の首脳が集まりますね。
そのときまでに、北方四島の二島先行返還、平和条約締結と、このビッグニュースがつくりきれるかどうかだね。

ひろみ/まだ、あともう半年ぐらい先ではあるんですけど、可能なんですか。

ミキオ/いやもうこれ、今相当詰めてるでしょ。

ひろみ/なるほどね。

ミキオ/これができるかどうか。
だから、プーチンさんが言うように、北方四島には米軍は置かないということ約束できるかと。
しかし、お前ら沖縄がこんなに騒いでも、アメリカに何も言えないから主権がないからなとかいって
日本が置かないと言っても米軍が置くと言ったらまた置いちゃうだろうみたいな、こういう皮肉を前で言ってましたね。

ひろみ/駆け引きしてますね。

ミキオ/そうそう。
そういうふうなことをもう一回感じるような、大きなことになってくるんじゃないかなというふうに思いますね。

ひろみ/ここで1曲お届けいたしましょう。
FUNKY MONKEY BABYSで「桜」

♪ FUNKY MONKEY BABYS/桜 ♪

北方四島について

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、新春の第1発目。
華やかな話題からスタートしておりますが、さて新春のね、新しい元号がどうかという話題で今盛り上がっておりますけども
続けてミキオさんからお話を伺います。

ミキオ/元号の話があって、北方四島の話が。

ひろみ/G20。

ミキオ/があって。
G20の前に、この北方四島がまとまるかどうか。
G20が来たら、議長国の日本がわがままトランプさんと、もう個性豊かなプーチンさんと、何を考えているかわからない習近平さんと。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/フィリピンの。

ひろみ/ドゥテルテ。

ミキオ/ドゥテルテ。

ひろみ/大統領。

ミキオ/破天荒な大統領と、フランスの意味不明な大統領と、みんな来るわけですよ。

ひろみ/これ役者がすごい方ばっかりですね。

ミキオ/全部今おかしくなってる人ばっかりだから。

ひろみ/そんな、もう、ね、大変なところですよね。

ミキオ/だって、イギリスだってそうでしょ。

ひろみ/そうですね、確かに。

ミキオ/EU離脱とか。
カナダは中国ともう真っ最中だし、けんかの真っ最中。

ひろみ/今世界中いろんなことがありすぎますね。

ミキオ/ありすぎますね。
そういう中で、安倍さんが議長国として、議長声明をまとめてしっかりできるかどうか。

ひろみ/これは、もう見せどころですね。

ミキオ/見せどころです。

ひろみ/腕の見せどころと思いますけども。

ミキオ/そこに、日本の役割を見いだせるかどうかですね。
このときにはやっぱり、株価の問題ですね。

ひろみ/今話題は株価ですからね、はい。

ミキオ/株価がこれからどうなるかと。
3月が決算時期ですから。

ひろみ/うん。

ミキオ/決算を締めて、6月発表、3月決算。
株価が上がってないと、非常に春闘も厳しくなって給料が上がらない。
一時金も出てこないというようなことになりかねない。
そういうふうな全てが動く、こういう形になってきますね。
これはG20がポイントになりますね。
元号、北方四島、G20、11月に消費税の10%へのこのアップとなってる。
来年も、来年に向けてまたオリンピックでしょ。

ひろみ/2020年は、はい。

ミキオ/これはまた。

ひろみ/何だかすごく動き始めましたね、いろんなことが。

ミキオ/6月はまた参議院選挙と。

ひろみ/ちょっと2019年も物すごい、刻みで忙しいですね。

ミキオ/大変ですね。

ひろみ/改めて見ますと、ほんとそうですね。

ミキオ/まあだから、19年もさ、今年もほんとに動いているうちにあっと動くかもしれませんね。

ひろみ/何だかもう、すぐに2020年がやってきそうな雰囲気で、スタートから。

ミキオ/それぐらいハードな中において、新しい下地ミキオはゆったり。

ひろみ/今、番組始まって約14分ぐらいですけど、まだゆったりしゃべってるのでちょっとびっくりですけどね。
やはり、新しい下地ミキオを、ね。
何か私が言うと、すごく失礼になって、今大変ゆっくりとお話されていてよろしいかと思います。

ミキオ/それでいきましょう。
お願いします。

ひろみ/では、ここで1曲お届けいたしましょう。
中島みゆきで「時代」

♪ 中島みゆき/時代 ♪

2020年、那覇空港の開港

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
新春ということで、下地ミキオさんの一文字が発表されました。
新、新しいというのが今年のワードなんだそうです。
これ皆さん、覚えててくださいね。
さあそしてミキオさん、やはりラジオを聞いている皆さん、各市町村の方々も
自分のこの地域はどうなるんだろうというわくわくしてるのがあると思いますので
まずは那覇と浦添の皆さんに、ミキオさんからこういうふうになるということ。

ミキオ/今は那覇だけです。

ひろみ/じゃあ、那覇。
スポットです、那覇さん。

ミキオ/那覇はですね、やっぱり来年、20年の3月那覇空港の開港です。

ひろみ/よいですね。

ミキオ/この前段階というのが大事ですね。

ひろみ/そうなんですね。

ミキオ/だから、これはもう激しく那覇空港ができあがってまいりますから。

ひろみ/はい。

ミキオ/国際線から何からね。
そういうふうな意味においては、この那覇市というのは滑走路が2本になる。
国際ターミナルが充実する。
そういうことになってくるんで、非常に大きな動きになってきますね。

ひろみ/那覇にとってはもう、大切な年ですね。

ミキオ/そうです。
この那覇空港ができあがると、今16万回飛んでるものが1万回、2万回、3万回とふえてきますね。
国際線がふえてきますね。
国際線のパイロットとか、キャビンアテンダントとかそれとか、整備士とか。
また、全日空の整備チームが今那覇空港に来ますから、こういう人たちっていうのは周囲3キロぐらいのところに住まわれるという。
そうなると、小禄地域というのはまた物すごく元気になる。

ひろみ/ほんとですね。
今も栄えてますけど、さらにパワーアップ。

ミキオ/やっぱ空港ができるとなると、それは大きくなってきますから。
そういう意味ではこの那覇というのは、この那覇空港の新設滑走路を軸にしながら、わーっと動いていくというようなことが
那覇になってくると思っていたんだな。

ひろみ/楽しみですね、ほんとに。

ミキオ/浦添ですけど。

ひろみ/続いて、浦添の皆さん。

浦添市と観光発展

ミキオ/浦添は、3つのことについて方向性を出したい。
1つは、浦添の西海岸の埋め立て。
狭隘化(今日あいか)した那覇空港を補完するには、もう浦添の埋め立てしかありません。
観光客が2000万人に伸びます。
滑走路が2本目出てきますから、物すごい人が来ます。

ひろみ/はい。

ミキオ/しかし、この方々が来るためにつくられる資材であったり
物資であったりってのは90%はみんな船。

ひろみ/物流、そうですね。

ミキオ/倉庫が足りない、港が足りないっていうのがありますね。
だから、浦添の西海岸。

ひろみ/はい。

ミキオ/これの8月までの概算要求を決められるかどうか。
これは大きな。

ひろみ/大きいですね。

ミキオ/ポイントになってきますね。
2つ目には、キャンプ・キンザーの返還の日にちを決めましょう。
何年後にキャンプ・キンザーは実質返還する、そういうふうなことをこれは国に決めてもらう。
今年から、このキンザーの倉庫を沖縄市につくるという作業が始まりますから、そういう中で具体的に
キンザーが民間活用できる日にちを決めるというようなことを。

ひろみ/日程を、いよいよ。

ミキオ/やりたいと。
3番目は、浦西のモノレール。

ひろみ/そうですね。
もう、いよいよですか。
2019年。

ミキオ/いよいよですね。
しかしこれは、浦西が最終駅になるっていうだけじゃない、まず4両編成にしなければいけない。
4両編成にするということになると、ターミナルをまた長くしたり、いろんなつくりかえをしなきゃいけない。
Suica、OKIKA、Suicaってありますけど、Suicaをちゃんと使えるようにして観光客がとまらないで流れるようにしたいと。
私の考えはもう一つ、みんなレンタカーに乗ってる方々は1回モノレール乗ってもらって
この浦西まで行って浦西に広大なレンタカーの宿があって、そこから北部に行くと。

ひろみ/そうすると混まなくなりますね。

ミキオ/混まなくなる。

ひろみ/渋滞緩和。

ミキオ/これ浦添のやる役割だろうね。

ひろみ/ええ、ええ。

ミキオ/浦添は、モノレールの最終駅としての役割。
2つ目には、キンザーの返還日の決定、そして浦添の西海岸の着工日の決定、これはもう壮大な浦添の役割がありますね。

ひろみ/大きいですね、浦添市は。
いろんなイベントがありますね。

ミキオ/もう一個、浦添市があるんです。

ひろみ/はい。

ミキオ/私はもうこのモノレールを4両編成にして、その横から本部までの鉄軌道走らすと。

ひろみ/そうすると、すーっと北まで行けるという鉄軌道。

ミキオ/こういうふうな考え方をスタートさせようと思ってますから、浦添大きいですね。

ひろみ/楽しみですね。

ミキオ/浦添がですね、那覇市の人口を抜くというのは私はもう可能性が十分に出たと。
キャンプ・キンザーは、新都心の1.5倍ですからね。

ひろみ/そんなに広大な敷地で。

ミキオ/それの埋立地の中に商業地域なんかできたりすると、これすごいですね。

ひろみ/人の動き変わりますね。

ミキオ/変わりますね。
ベイエリアでコーヒーを。

ひろみ/すてきですね。
それおしゃれな何か、キャッチコピーつくっちゃいましたね。
いや、いいと思います。
ベイエリアで。

ミキオ/コーヒーを。

ひろみ/コーヒーを、はい。

ミキオ/これが浦添ですね。

ひろみ/はい。

ミキオ/その次は本部ですね。

ひろみ/はい、本部の皆さん。

本部エンテーテイメント計画

ミキオ/本部に関してはもう、エンターテイメント。
これをきちっと計画を発表する時期と。

ひろみ/やんばるのテーマパーク。

ミキオ/そして、本部のクルージング船が始まります。

ひろみ/うーん。

ミキオ/そして、先ほど言ったような本部までの鉄軌道の最終ジャッジが行われます。

ひろみ/いやー、すごいくっついていろいろ動いていますね。

ミキオ/本部までの高速道路の延長が。

ひろみ/はい。

ミキオ/目鼻がつくかどうか決まります。
これ大きいじゃないでしょうかね。

ひろみ/これ、2019年でいけそうなんですか。

ミキオ/2019年がみんな集中するんですよ。

ひろみ/うわー、すごい。

ミキオ/集中する。
あのクルージングバースがね、シンガポールの
ゲンティンという会社が運営して来ますね。
それに、高速道路が本部までどーんと来ますね。
鉄軌道が本部まで来ますね。
エンターテイメントができますね。
海洋博記念公園がありますね。
クルージングバースに、いっぱいの観光客が来ますね。
沖縄は今まで、空も、海も全部那覇から入ってきたけど
沖縄本島で初めて本部から人が移動し始めると。

ひろみ/そうすると、もう交流の仕方が違いますよね。

ミキオ/違ってきますね。
これなんです。

ひろみ/沖縄に旅行に行きたくなりましたね。

ミキオ/やっぱもう、沖縄ってもうそこぐらいまでおもしろいところになってくる。
だから本部は、全ての最終拠点、道路と、鉄道と、港湾の。
もうおもしろくなりますね、本部、今帰仁、名護。

ひろみ/ダイナミックに、沖縄のこのいろんなものが変わっていくっていうことですね。

ミキオ/名護はもう、那覇ぐらいになるでしょうね。

ひろみ/これはちょっとびっくりです。
那覇も何か、もっと頑張らなきゃっていう気持ちになってきますね。

ミキオ/いや、もう頑張らなくても頑張ってますから大丈夫です。
こういうバランスがよくなきゃいけない。

ひろみ/どんどん変わっていくわけですね。

ミキオ/全部那覇に集中しちゃいけません。
那覇の人のためにもそれはよくない。
だから、そういう意味でも浦添と本部がバランスよくなってくると。

ひろみ/いや、おもしろいですね。

ミキオ/このラジオは聞いていないかもしれないけど、あと沖縄市ね。

ひろみ/はい。

沖縄市の更なる発展の展望

ミキオ/沖縄市は嘉手納基地の、中部は軍民共用、2本目の滑走路、1本必ず民間が使う。
中城湾をあと百、千十メートルバースを延ばして、中城が那覇と同じような中核港湾になる。

ひろみ/これはもう、リアルに目に浮かびますね。

ミキオ/それで、中城湾から高速道路通して、今の高速道路通るロータリーをつくって、そのまま本部まで高速道路がだーっと行く。
那覇から来て、読谷まで行くチーム。
那覇から来て、中城まで降りて行く。
中城から来て、そのまま読谷。
中城から来て、名護、那覇って、この道路ができたらどうですか。

ひろみ/このロータリーから、あっちこっちに行けるっていうのだけでも夢がありますね。
近くなりますね。

ミキオ/これをやるだけで、またおもしろくなりますね。

ひろみ/いやー、多分ラジオ、沖縄市の方も皆さん、中城の方も聞いてくださっていると思うので夢があるんですが。
さてあと1曲挟んで、今度離島のほうもちょっとお話伺っていきたいと思います。
ここで1曲まいりましょう。
ウルフルズで「バンザイ」

♪ ウルフルズ/バンザイ ♪

スペシャルゲスト登場

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、さあ、2019年もいろいろともうミキオさんからわくわくする
話題を伺っておりますがここでスペシャルゲストがいらっしゃったようです。

ミキオ/當間モリオ県会議員です。

ひろみ/よろしくお願いいたします。

當間/ありがとうございます。
ありがとうございます。
新年、あけましておめでとうございます。

ひろみ/じゃあ、もう一度マイクのほうで。

當間/皆さん改めまして、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
準レギュラーの當間モリオでございます。

ひろみ/そうです、もうほんとに昨年もお世話になりましたが。

當間/いえいえ、こちらこそ。

ひろみ/今年もがんがん出てくるということで。
ここで、當間県議にはどういうお話を伺えるんでしょうか。

ミキオ/先ほど、本部まで話しましたんで、久米島はもう深層水の話からいろんな高速船の話から
當間モリオ県議が今お話をします。
どうぞ、よろしくお願いします。

ひろみ/2019年を占う、久米島の未来。
県議の。

久米島の未来/h1>

當間/久米島の未来。
代議士のほうからもいろいろあったと思うんですけど、もう宮古、八重山はもう観光客の皆さんでもうね
活気を呈しているというのがありますので、もうここはもう大丈夫だなと。

宮古においてもね、今年下地島空港、三菱地所さんが受けてのものでありますので
もっともっと宮古は観光客の皆さんがお越しいただけるのかなというふうに思ってますんで
あとはもうこの本島の周辺離島の久米島を、我々はしっかりとこの観光客の皆さんにお越しいただけるような
施策をやっていきたいなというふうに思っていますんで、とにかくもう観光もしっかりとやる。

そして今海洋深層水、もう久米島が一番取水のものも全国どこよりも多いという部分で、エビも日本一ですし。

ひろみ/養殖エビね、すごいですよね。

當間/海ぶどう含めてね、もずく等々含めて。
化粧品だとかいろんな***さんだとかね、出してるところもありますので。
今、1万8000トンの深層水の水なんですけど、これを10倍にふやそうという計画で。

ひろみ/すごいですね。

當間/やってますんで。
やっぱり久米島の地形的な部分っていうんですかね、周りが海に囲まれての分で、大変そういった面ではこの深層水が
簡単にと言ったらおかしいんですけどとれる、とれるというかね、そういったものに活用できる場所でもありますんで
これから我々もう久米島だなということで、思いでやってますね。

ひろみ/いやー、もうほんとに沖縄全体がすごいこの可能性を広がっていく2019年ということですよね。

當間/そうそうそうそう。
もう、あともう久米島ですよ、我々は。
もう海もきれいですし、バーデンハウスとかね、海洋深層水つかったところもありますので
そこもまた改めて整備をし直さないといけないだろうなというふうに思ってますのでね。

ひろみ/ラジオを聞いている久米島の皆さん、すごい今喜んでいらっしゃると思いますからね。

當間/いや、頑張りますよ、我々は。

ひろみ/期待しておりますので、當間県議。

當間/頑張っていきます。

ひろみ/ぜひ、よろしくお願いいたします。
では、ここで1曲お届けいたしましょう。
HYで「いちばん近くに」

♪ HY/いちばん近くに ♪

エンディング

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、あっという間にいろんな話題でふくらんでいくんですが
當間県議のほうから、最後にやはり久米島の雇用についてもお話があって。

當間/まあ雇用というよりも、やっぱり久米島、今飛行機の便がジェットが1便でしかないと。
あと移動手段というのが、まだやっぱり空で短いですから少ないですので、やはり代議士ともよく
下地代議士ともお話するんだけど、やっぱり高速艇をね、高速船をやっぱり就航させないと観光客の移動もそうでしょうし
修学旅行のやっぱり高校生、中学生の修学旅行もぜひ久米島のほうにということで考えていますので
もう近い将来高速船を導入すると。

ひろみ/楽しみですね。

當間/頑張ります。

ひろみ/近くなりますね、さらに。

ミキオ/いや、近い将来じゃ。
今年やります。

ひろみ/2019年は。

ミキオ/19年。

ひろみ/すごいもう、皆さんこれ聞いてるだけでね、未来がわくわくと思ってますよ。

當間/マカオに橋がかかったということで。
そのマカオから船を代議士が持ってくるという。

ひろみ/じゃあもうミキオさん、いよいよ船長にも役割として。
それはないですか。

ミキオ/船長は、當間モリオさんがやります。
私は甲板でお客さんと接待やる。

ひろみ/それもすごく楽しそうですね。
まあでもほんとに、今年を占ういろんなお話を伺いまして、あっという間のお時間でしたが
最後にお二人からいろいろとまた話題を入れて、番組のエンディングとなります。

ミキオ/モリオさんからどうぞ。

當間/私のほうから。
昨年は選挙と基地問題ということがあるんですが、今年はまた違うような形での沖縄のあり方
将来像というのを我々また皆さんに見せてもいきたいですし、提言もしていきたいなと思っておりますので
ぜひまた期待してもらえればと思っています。

ひろみ/當間県議、頑張ってください。
応援してますので。

當間/ありがとうございます。

ひろみ/さあ、そしてあと3分ほどのお時間ですが、ミキオさん、エンディングまとめていただきましょう。

ミキオ/さっき言いましたけど、今年はもう激しく動きますね。
元号の変更があり、それでG20があり、その前に北方四島があり、そして消費税があると。
そして、参議院選挙があると。
もう、何が何だかわからないぐらい動きがありますね。

ひろみ/激動です。

ミキオ/しかし、沖縄は選挙は補欠選挙1つだけなんで、集中して経済とかね
そしてある意味ここが足りないなと思ってきたこと。さっき、モリオさんが言ってた高速船の話だとかね。
これをやればよくなるなというようなことなどについて、私たちは頑張りたいと。
久米島においては、さっき言った深層水の話であったりとかね、政治家がやらなければいけないことがいっぱいありますね。

この政治という仕事は、ほんとに楽しいですね。
お祭りというぐらい、やっぱりこれをやったら人の暮らしが変わったなと思うようなね。
そしてあとは、障がいを持っている人とか、悩みを持っている人とか、そういう方々が政治がいるから自分たちはサポートされてると感じていただけるような、そういうのを一つ一つちょっとつくり上げていきたいというふうに
思っていますね。

まあ今年は、新でゆったりと。
新しい、ゆったりした年。
新しいという言葉を頭(かしら)にしながら、しかし動く行動はゆっくりしていくというようなことを
信じないかもしれませんがやっていこうと思ってますから、よろしくお願いしたいと思いますね。

ひろみ/いやでも、笑いでね、またまとめていただいたのでよかったです。
今年の一文字は、ミキオさんは新しいという文字。
そして、ゆったりと動くというなかなか難しいテーマを掲げておりますが
モリオ県議一緒に見守っていきましょう。

ミキオ/モリオさんの一文字は何だ?

ひろみ/何でしょう。

當間/私の一文字、一文字難しいね。
猪突猛進の年でもあるんですけど、進むですね。

ひろみ/いいですね。
真っ直ぐに、そして新しく。
ぜひお二人を見守っていきたいと思います。

ミキオ/そう世の中、真っ直ぐいきませんよ。

ひろみ/ということで、あっという間のお時間でした。
ミキオポスト OnRadio、今日ゲストに来てくださいましたのは沖縄県会議員の當間モリオさん。
ありがとうございます。

當間/ありがとうございました。

ひろみ/ご案内は、本村ひろみでした。
そしてメインパーソナリティは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございます。