愛知県の大村知事の応援に行きました。

今日は愛知県の大村知事応援のために東海市に来ております。

大村知事は、平成8年当選の私の同期であります。
菅官房長官、河野外務大臣、桜田オリ・パラ大臣も当選同期です。
同期の絆は、強いものがあります。

県知事3期目に向けて、ぜひ頑張ってもらいたいです。

愛知県には、沖縄から集団就職で入られた方が多くおられます。

この地で頑張られてきた沖縄郷友会、同郷の皆様としっかり関係を築きたいと思います。
大村氏は沖縄を大事に考え、郷友会の皆さんを大事に考えております。
私は、そのような大村氏を尊敬し、これからも大事にしていきたいと思います。

話は変わりますが、北方領土の問題は、まだまだこれから。
そう簡単に結論を出すものではありません。

6月に大阪で開催されるG20サミット首脳会議が勝負です。
急ぎ足の結論では、国民は納得しません。

悩みながらも、お互いに交渉している姿勢を見せる事が大事です。
この姿勢は、対韓国にも言えます。

亀井先生が常々おっしゃるように「親北・反日・反米の大統領が選出されたら、
拉致、ミサイル、核問題は解決に向かう。一番恩恵を受けるのは日本。
だからこそ、少々のゴタゴタで怒る必要もナシ。慌てる必要もナシ。日本の大勢に変化ナシ。」

そのような、強い思いが必要です。