新しい時代 令和

「令和」という新元号が発表された興奮は、まだ当分の間冷めやらず、とった雰囲気です。

あちらこちら、訪れる場所ごとで、元号の話題を耳にします。
良い元号だと喜ぶ方、少し首をかしげる方、様々な反応を見ると、これが我が日本国の姿、本当に自由だなあと感じております。

「令和の和は、昭和の和と同じ文字です。昭和は、戦争を経験した時代でした。だから私は、和の文字に違和感をおぼえます」という意見は、大変興味深く、また、「万葉集から元号を採用したのは、中国の漢史ではなかったところが大変に安倍総理らしい」との意見も耳にしました。

いずれにせよ、決まった元号をあれこれと批評するのではなくて、新しい令和の時代を迎える私たちは、この令和の御代を、平和の時代へと作り上げていくように努めることが大事だと、私は心から思っております。