イラン訪問 外交に曇り

安倍総理のイラン訪問に冷や水を頭からぶちまけるように、イラン沖の要衝ホルムズ海峡近くで、日本のタンカー2隻が攻撃されました。
イラン側は関与を否定する一方で、アメリカは「イランのしわざだ」と断定している口ぶりです。

本当に外交の難しさを感じます。
ただ大事なことは、成果よりも、日本がこの紛争解決のための一歩を踏み込む意思表示です。
このような意思が失われたら、戦争は拡大していきます。
プラス、マイナス、だけで外交は務まりません。
改めてそのことを感じさせる安倍総理のイラン訪問でありました。