2019.7.4放送分「朝首脳会談について/米朝首脳会談後の動きとは/参院選が公示される」etc…

===【放送日時案内】===
「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です!
—————
[毎週木曜 夜8時~]
FM21:76.8Mhz
FMもとぶ:79.2Mhz
FMレキオ:80.6Mhz
—————
[毎週日曜 朝10時~]
FMくめじま:89.7Mhz
―――――
[毎週日曜 夕方4時~]
オキラジ:85.4Mhz
—————
[毎週日曜 夕方6時~]
FM那覇:78.0Mhz

===【Podcastで好きな時間に!】===
iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。
購読(無料)は以下のリンクから

[音声でもお聞きいただけます]

オープニング

ひろみ/ミキオポスト OnRadio番組のスタートです。
皆さん、こんばんは。
本村ひろみです。
そして、メインパーソナリティは、このかたです…。

ミキオ/下地ミキオです。
よろしくお願いいたします。

ひろみ/今週も話題盛りだくさんで、ミキオさんよろしくお願いします。

ミキオ/お願いします。

ひろみ/そして、何と、この放送、FMみやこでのネットが始まります。

ミキオ/すばらしいですね。

ひろみ/はい。
宮古島ではFMみやこで毎週土曜日、午後7時からお聞きいただけると、地元の応援団の皆様にもお聞きいただけるかと思います。

ミキオ/ありがとうございます。
きょう、今の段階では、どことどこなんですか。

ひろみ/現在は、FM21、FMレキオ、那覇のほうも、あと、FMもとぶ、北部のエリアも。
あと、FMくめじま、そして、FM那覇、FMみやこと、沖縄市のほうでもやっていますので、ほぼ全琉を網羅したと。
オキラジでもやってますので、すごいですよ。

ミキオ/ひろみさん、ちょっとまだまだ覚えてませんね。

ひろみ/今、オキラジがちょっと、ぽんと出てこなかったですけど。
もうかなりの、全琉を網羅しておりますね、ほぼ確実に。

ミキオ/大きいですね、それ。

ひろみ/大きいですよ。

ミキオ/頑張らないといけませんね。

ひろみ/そうですね、聞いてる方がどんどん増えてきているので、ぜひ皆さんも、ミキオさんの番組、これからも応援してください。
それでは、ミキオさん、早速番組をスタートしてまいります。
おーいミキオのミキオポスト OnRadio、今週もスタートです。
まずは、1曲お届けしましょう。
never young beachで「明るい未来」

♪ never young beach/明るい未来 ♪

< h1>米朝首脳会談について

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、さあ今週のミキオさんのコーナーですが、話題が盛りだくさんですけど、やっぱりこの話をミキオさんに聞いてみたい。
米朝首脳会談。
この話題です。

ミキオ/米朝首脳会談。

ひろみ/はい。

ミキオ/みんなびっくりしたね。

ひろみ/いやー、びっくりですね。
ツイッターでやったんですよね、トランプさん。

ミキオ/これ、そう思う?
ツイッターは手段。

ひろみ/そうなんですかね。

ミキオ/前もって、根回ししてるんです。

ひろみ/実際にはじゃあツイッターは、その以前からもう動きはあったわけですね。
ツイッター以前から。

ミキオ/あった。
一番最初はやっぱり、習近平さんがG20行く前に北朝鮮にいったでしょう。

ひろみ/いってましたね。

ミキオ/あれが、流れをつくったわけですよ。
そこで1点言えることは、アメリカのトランプさんは、米中の貿易対立で中国にガツンと言うことを言ってアメリカの国民を喜ばすよりも、北朝鮮との関係を改善するほうを選んだわけですよ。
だから、北朝鮮そのものも、このトランプさんの会談を習近平さんがセットした。
だけど、習近平さんがセットしたというのは、習近平さんは北朝鮮のカードを使ったわけですよね、アメリカに。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/アメリカのトランプさんはぜったい、自分たちをせめるよりも、北朝鮮のカードを持って行ったら、あの人は乗ると思ったから、やっと乗ったんですよ。

ひろみ/なるほど、そういうカードを出してきたわけですね。

ミキオ/そしたら、中国に対して、新たな関税はかけないHuwaweiに対しても、新しい部品をアメリカの企業、出すことも認める。
これからも交渉していきましょうって、中国はもう相当な成果をとったわけです。
アメリカのトランプさんも、新たな北朝鮮の交渉ができるという相当なカードと、現職のアメリカの大統領が北朝鮮に戦後、初めて入ってという、歴史的なカードをとったわけです。
北朝鮮の金正恩さんは、中国に対して、今までは中国のこと、中国が北朝鮮に対してサポートしてるみたいだったけど、自分の北朝鮮のカードを使って、中国の顔を立てたわけです。

ひろみ/いやあー、そうなんですか。

ミキオ/北朝鮮も中国に対して、今までと違う態度ができたわけよ。
俺のカードを使ったから、アメリカとの関係うまくいっただろと。
アメリカのトランプさんも、歴史的なことできたのは中国のおかげだから、お前のことせめないよと。
この三角関係すごいと思わない?

ひろみ/こういう、仕組みがもうできあがっていたわけですね、G20の前に。

ミキオ/問題は、日本がそれをどこまで知っていたかですよね。

ひろみ/私はG20の前に知っていたんじゃないかと思いたいところなんですけど、ツイッターで騒いでましたからね。

ミキオ/でも日本は、韓国の大統領は、板門店までついて行って一緒に会談。
日本はどうなのかなあ。

ひろみ/気になりますね。

ミキオ/いや、気になるというか、これが外交なんですよ。

ひろみ/いやあ、もう1枚も2枚も上手、上手でいくわけですね。

ミキオ/2回目のベトナムでの会談が失敗した背景というのは、いろんなことがあるわけさ。
それはアメリカも、ポンペオという国務長官は、前はCIAの長官だったわけです。
日本にいえば外務省にいったんだけど、部下がいないわけよ。
部下がいないから、情報局の、CIAの人間を使ったわけですよ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/そしたら韓国も情報機関を使ったわけですよ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/北朝鮮も情報機関使ったんですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/外務省じゃなくてポンペオさんに引っ張られて情報機関使っちゃったんですよね。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/そして日本にも情報機関使えといって、日本の情報機関を韓国は、外務省じゃなくて使えってやったんですよ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/そしたら情報機関が全部やってたら、北朝鮮に対して韓国の情報機関がいろんなアドバイスをして、情報流していたわけです、アメリカがこうなる、ああなるというのを。

ひろみ/はい。

ミキオ/全部それが裏目に出ちゃったわけよ。

ひろみ/ああ、なるほどね。
そういうことがあって。

ミキオ/それで、北朝鮮の大使館が襲われたんですよ。

ひろみ/うん、うん。

ミキオ/襲われた。

ひろみ/ありましたね、そういう事件が起きて。

ミキオ/あの事件があったんですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/そうしたら、そこから情報が漏れて、内容がもう全部だだ漏れしたんですよ。
そのだだ漏れした内容の中に、北朝鮮は核の廃棄をするつもりはないとか、アメリカは妥協するとかって。

ひろみ/えっ。

ミキオ/こういう文書が流れていたのが、会談前に全部握っちゃったんですよね。

ひろみ/それはちょっと。

ミキオ/それをアメリカのCIAがやったと北朝鮮は思っているわけよ。

ひろみ/そういうことがあってのあの会談でだめになったという。

ミキオ/そういうことがあって、全てがあの会談は、失敗しちゃったんですよ。

ひろみ/なるほどね。

ミキオ/この情報機関の北朝鮮へのアドバイス、日本へのアドバイス。
韓国の情報機関だよ。
そして、スペインの北朝鮮大使館が、言えば襲撃されて、襲われて情報が全部とられたのが、メモ見たら、アメリカに対して悪いことばっかり書いてあるから、アメリカはもうこの会談はつぶさなきゃいけないといって、つぶしちゃったんですよ。

ひろみ/そういうことがあっての、今回はもう。

ミキオ/それでもだけどトランプさんは、こう言ってたらしいよ。
それでも北朝鮮はミサイル撃ってないじゃないかと。
核を使ってないじゃないかと。

ひろみ/うーん。

ミキオ/だから、こういう文書でそんなの決めつけるのおかしいって。
現実はやってないじゃないかと言ったけども、反対意見があって。

ひろみ/うーん。

ミキオ/それでチャラになった。
そしたら今、北朝鮮側は、アメリカ側も、全部今回の会談はこれから外務省がやろうというふうな、そういうふうなことに流れが変わって成功しているんですよ。

ひろみ/いやあ、この話、おもしろいですね。
1曲お届けして、まだまだ続きます。
橘いずみで「サルの歌」

♪ 橘いずみ/サルの歌 ♪

< h1>米朝首脳会談後の動きとは

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、今週の話題は、これはもう勉強になりますね。
米朝首脳会談の話題なんですけど、でもミキオさん、今回の成功によってまたいろいろと外交が動いていくわけですか。

ミキオ/それはもう動きますよね。

ひろみ/うーん。

ミキオ/だから私は、きょうもニュースで見たら、習近平さんと金正恩さんの会談の中で、安倍総理が無条件での対話をやろうと言ってるけど、その言葉が信じられないと言ってるわけよ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/きょう言ってるんですよ。
その言葉が、魂がこもってないからだめだと言ってるんですよね。

ひろみ/ああ。

ミキオ/きょうこれが公式に出たわけさ。

ひろみ/あ、公式に?

ミキオ/うん。
だけどそれはもう、僕は前からそれを言っているわけさ。
だから日本は早目にそのことについて証を見せるべきだと。
会談を。
これを一歩前に進めないと、だめなんですよね。
だけど経済制裁はできないから。

ひろみ/ええ。

ミキオ/経済制裁は解除できないから、国際条項で決まっているものは解除できないから、国内で決めている独自制裁の中で、解除できるものを見せてやったらどうかと思うわけよ。
特に僕が心配しているのは、消費税の無償化あるでしょ。

ひろみ/はい。

ミキオ/無償化ある。
前は高校生の授業料の無償化のところには、北朝鮮の高校は入れなかったと、入れなかった。
だけど、今度の幼児教育のところもまた、40校ぐらい北朝鮮の幼児の保育園とか幼稚園があるわけよ。
これを排除したら、僕はもうだめだと思うよ。
もうこんなこと言うと、怒られる人いるかもしれないけど、何を解決したいかだよね。
アメリカの大統領が、日本とアメリカの日米安保条約が不平等だと言っているよね。

ひろみ/それもびっくり。

ミキオ/だけど、不平等であるべきさね。
うちは、憲法つくったときに、アメリカが憲法つくったんですよ。
アメリカがつくった憲法を、共産党が賛成して、アメリカがつくった憲法を、自民党や右寄りの人たちが変えたいというのはおもしろいよね。
その憲法は、日本は、専守防衛。
だから、日本ができることは限られているわけですよ。
アメリカが襲われても、助けにいけないとかというようなことは、自分の専守防衛の範囲だったらできますよ。
沖縄近辺で、どこかの船がアメリカを攻撃したら、そりゃ助けにいきますよね。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/だけど、遠いところには助けにいきませんよね。

ひろみ/遠いところはね。

ミキオ/だからそれは、もしトランプさんが不平等だって言うんなら、憲法変えなきゃいけないわけ。
憲法変えるとなると、この憲法の中に、私たちはアメリカを助けにいけるような憲法を変えたら、戦争のできる国家になるわけさ。

ひろみ/それはちょっと。

ミキオ/でしょ?
そうだったら、日米同盟は不平等でいいわけよ。
だけど、不平等といいながら、うちは基地は提供していますよねと。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/基地は提供していますよねと。
年間1000億円です。

ひろみ/そんなに資金を。

ミキオ/1000億円以上のこの土地代金は、1500億円ぐらいかな。
もっとあるかもしれんな。
やっている。
思いやり予算が6000億ぐらいあるということを言っているんだけど、アメリカからすると、日本を守るために自分たちの国民が買っておいている装備が15兆円ぐらいあるから。
嘉手納基地にF-15とか、いろんなのがあるでしょ。
あれ、全部アメリカ国民の税金さ。
日本人のお金、1円も入ってないでしょ。

ひろみ/確かにね。

ミキオ/だけど、それを置いているから、おまえらの国は守られているんだよと、また言うわけよ。

ひろみ/なるほど。
でも、その土地は、日本の土地だよと。
難しいところですよね。

ミキオ/だけど、またこんなにいっぱい武器も買ってあげる、装備買ってあげるわけよね。
だけど、トランプさんの本音のところは、そうじゃないわけよ。
トランプさんは不平等と思っているんじゃなくて、おまえ、もっと防衛装備品を買えなんですよ、心は。

ひろみ/なるほど。
さすがですね。
営業的に。

ミキオ/だけどこれが、何でこういう話をするかといったら、北朝鮮、朝鮮半島が、戦争がなくなって、核がなくなって、ミサイルがなくなったら、日本の安全保障はがらっと変わるよ。

ひろみ/ですね。

ミキオ/沖縄の基地も、半分以下でもいいと思うよ。

ひろみ/うんうん、そうですよね。
危険がなくなっていくわけですから。

ミキオ/そりゃあ、そうさ。
危険がなくなる。
イージスアショア、1基2500億円のものを買わなくてもいいよ。
北朝鮮のミサイルを撃ち落とすためのものだから。
イージス艦も。
これも1兆円超えるやつだけど、そんなにいっぱい買わなくていいよね。
ミサイル飛んでこないんだから。

ひろみ/となると、やっぱりアメリカは困るんですね。

ミキオ/何が何でも、朝鮮半島の問題、解決しないとだめです。
特に沖縄選出の国会議員としては、沖縄の基地問題を解決しようとするという観点からしても、辺野古が賛成か、辺野古が反対かっていうとんだ論理のところだけじゃなくて、大きい枠の中で、安全保障の枠組みつくらないとだめなんだよ。
だから、どうしても朝鮮半島の問題は、私たち沖縄の人が頑張って解決しなきゃいけないね。

ひろみ/はい。

ミキオ/乗り込もうかね、北朝鮮に。

ひろみ/そんな怖いこと、言っています。
ここで1曲お届けしていきましょう。
奥田民生で「イージューライダー」

♪ 奥田民生/イージューライダー ♪

< h1>歴史的な豪雨

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
世界の話題も大変なんですけど、何といっても、今週は天気が本当にびっくりで、歴史的な豪雨が九州を襲っております。
ミキオさん、防災、本当に危機的なところですよね。

ミキオ/それはもう、私、下地ミキオは防災ばっかり言っていますからね。
私がいつも言っていることは、台風が来ます。
雨量がわかっています。
どこを通過するというのもわかっています。
そういうふうな段階で、死亡事故が出るというのは、人災だと言っているわけです。
だからことしもこの鹿児島で2人亡くなりましたね、今のところ。
本当に私は残念だと思いますね。

ひろみ/はい。

ミキオ/やっぱり避難をやらなければいけないというのも大事なんですけど、やっぱり強制的な避難のやり方を考えなきゃだめですよ。

ひろみ/そうですね、避難してくださいでは皆さん動かないですね、なかなか。

ミキオ/そうそうそう。
それと、鹿児島県知事、三反園さんの、災害がある前に自衛隊を配備したという、あれはもう、下地ミキオを真似たようなもんだね。

ひろみ/いや、本当ですよね。

ミキオ/私がずっと言ってたことだよね。

ひろみ/いつも言ってましたもんね。

ミキオ/災害があってから自衛隊出すんじゃなくて、前もって出していく。
それをやることで、避難が出たらもう自衛隊が全部呼んでいかなきゃいけないんですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/だけど、ひろみさん。

ひろみ/ええ。

ミキオ/自衛隊に装備がない。

ひろみ/そこですよね。
必要な装備が。

ミキオ/水陸両用車の装備がない。

ひろみ/もう今、水、雨、こっちに対応しなきゃだめですよね。

ミキオ/そう。
だから私が言っている水陸両用車を今度1台だけど、遅いね。
もう水陸両用車は各消防車に入れなきゃ。
消防車なんて、こういう豪雨のとき何するの?

ひろみ/ねえ、水の中に入っていけないというのはちょっとねえ。

ミキオ/そう。
だからそこを言っているんですよね。

ひろみ/うん、うん。

ミキオ/そこを言っている。

ひろみ/はい。

ミキオ/ボートで助けるって、ボートなんて危なくてね。

ひろみ/もうね、流木飛んできたら大変ですからね。

ミキオ/そうそうそう。
それをもう一回考えないといけないね。

ひろみ/いや、もうことしはこの大雨もありますし、台風もこれからばんばんできるという、そういうなんか気象庁も言っていますので、怖いですからね。
防災に関してもうきちんとお願いしたいです。

ミキオ/私が前から言っている、台風が出たら無人機を飛ばして、河川とか土砂の動きを本当にタイムリーに撮影して、それを送って災害的なもので、雨量の計算とか方向わかるけど、具体的なところまで衛星が見れないから。

ひろみ/ええ。

ミキオ/それをちゃんと見れるようにして、それで自衛隊を先に行かして、装備は水陸両用車とか水に強い装備を整えて。

ひろみ/はい。

ミキオ/それで避難をやっていって、死亡事故をゼロにする。
できると思うんだよね。

ひろみ/本当にそうですよね。
ご年配、お年寄りの方がふえていますから、もう一刻も早く。

ミキオ/自分の命は自分で守りましょうって、当たり前です。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/それは、そういう感覚はいいです。

ひろみ/はい。

ミキオ/ただ、装備がない。
自衛隊の車両なんかでも、排気口を1メートル上にやっているのがありますけど、こんなの、真備町なんかで5メートルなんだから。

ひろみ/いやもう、5メートルといったら相当ですよ。

ミキオ/そう、全然だめなんですよ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/だからそこをやっぱり僕は、今回もまた同じように装備がきた。
装備じゃなくて台風が来た。

ひろみ/はい。

ミキオ/また同じようなことになっているというふうに思うので、今回は違うところは、気象庁が何度も警告を出してるところはよかった。

ひろみ/緊急記者会見を2回も。

ミキオ/そう。
それもやったし、自衛隊の、三反園さんの判断はすばらしかった。
あとはそういうのに装備をつけていくような感じをしていかなきゃいけないですね。

ひろみ/ぜひこれからの時代はもう本当にね、防災のほうもしっかりとよろしくお願いします。
ではここで1曲お届けしましょう。
テレサ・テンで「時の流れに身をまかせ」

♪ テレサ・テン/時の流れに身をまかせ ♪

< h1>参院選が公示される

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、沖縄県内、まあ全国的にそうなんですけども、参院選が公示されまして、いよいよ動き出して、そんな感じがいたします。

ミキオ/全国的じゃないですよ。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/全国。

ひろみ/全国ですね、失礼しました。
本当ですよ。

ミキオ/うちの党も、東京選挙区、神奈川選挙区、埼玉選挙区、それに愛知選挙区、大阪選挙区、兵庫選挙区の6カ所。

ひろみ/すごいですね、飛び回っているわけですね、ミキオさんも。

ミキオ/6日、4日、3日の夜、東京から帰ってきて。

ひろみ/ええ。

ミキオ/4日が沖縄。
4日に東京に戻って。

ひろみ/はい。

ミキオ/5日が兵庫。

ひろみ/うん。

ミキオ/6日が宮古。
7日が東京。
8日が愛知。
9日が沖縄。

ひろみ/毎日違う場所にいるという。

ミキオ/10日が沖縄。
11日北海道。

ひろみ/まあ、そりゃあ大変ですね。

ミキオ/11日北海道、12日福岡。
13日広島。
あとは言いません。

ひろみ/でも、これも応援のための演説だから、声も出しながら体も動かすというのは体力がすごいですね。

ミキオ/ああ、だからもうこれ頑張らんといかんですね。

ひろみ/はい、もうでもぜひ、21日が投開票となりますのでね、皆さん、ちゃんと選挙に行かれてください。

そして、沖縄の話題ですけど、やんばる未来フェス、先日行かれておりましたね。

ミキオ/何で沖縄の選挙区の話題聞かないの。

ひろみ/未来フェスの前に、沖縄選挙区の話でしたね。

失礼しました。

ミキオ/この選挙も、普天間基地の辺野古移設が反対か、賛成かっていうのに、またちょっと集約される感じがありますね。

ひろみ/はい。

ミキオ/それは、あまり良くないことですね。

やっぱり、私に言わせると、何で翁長さんから、玉城さんから、止めたいっていうのに、止められきれないんでしょうね。

ひろみ/本当ですね、なぜでしょう。

ミキオ/止めたいというなら、県民の民意が出たわけだから、止めたいというなら、国と戦って止めればいいじゃない。

ひろみ/ぜひ。

ミキオ/何で止められないの。

ひろみ/なんですか…ずっとですよね。

ミキオ/だけど、僕はそれを言うだよね。
止められなかったら、止めたいと言うなというとこがあるわけさ。
止めたいというなら、止めれって、政治家だったら。
だけども、6年間にわたって止めきれないわけ。
止めたいとアピールすることが、選挙活動になってませんかというわけ。
止められないんだから。
そこをやっぱり僕はそろそろはっきりしたほうがいいと思うわけさ。
なんで、沖縄県知事はこんなに権力があるのに、止めたいというのに止められないんだろう。
何回も同じこと言うけど。
僕が県知事だったら、止めたいと決めて県民投票やって、止めたいと出たら、100%止めるね。

ひろみ/県の力を使って、全て行使できるわけですもんね。

ミキオ/もう、いくらでも。
いくらでも。
私はずっと言ってるけど、沖縄県とケンカできるほど日本政府は強くないんだよ。
日米安保の7割を背負ってる県だよ。

ひろみ/本当ですよね。
重要なことろですよ、沖縄は。

ミキオ/そりゃそうだよ。
だから僕はもう、あー、普天間基地の辺野古移設は止めたいんではなくて、止めようと思ってるんじゃなくて、選挙に勝つための手段かなと思ってるんでね。

ひろみ/本当はそうあってはいけないですからね、ぜひ。

ミキオ/そうだよ。
それ見てるんですよ。
それを見てる。
あなた賛成ですか、反対ですかって聞く前に、県民が民意が出たんだったら、県知事が止めればいいじゃないか。
俺に聞くなよと言いたいよ。
今、そういうことになっちゃってるんだよね。

ひろみ/はい、選挙の争点が。

ミキオ/うん。
僕は普天間基地の辺野古反対して、嘉手納統合と言って、自民党除名されたりって、そういう経過を歩んできたから。
だから、何かそんなもんじゃないよなって思うよね。

ひろみ/明るい未来の話をしましょうか。
やんばるの未来フェスに行かれた話も。

ミキオ/やんばる未来フェスタは最高でしたね。

ひろみ/写真拝見しました。

楽しそうで、皆さん。

ミキオ/本当におもしろかった。
あれが本当の、手づくりの祭りって感じだったね。

ひろみ/いいですね。
みんなが頑張ってつくり上げたという感じでしたね。

ミキオ/そう。
名桜大学の子どもたちがね、全部一生懸命やっていましたね。
もう、ビールの入れ方も遅いけど、最高でしたよ、遅いのが。

ひろみ/慣れないビールサーバーで。

ミキオ/そういうふうなことを、あの子どもたちがダンス踊ったり何かしてますが、ああいうのが最高にいいよね。

ひろみ/いいですね。
本当思います。

ミキオ/だから、ああいうふうな県とか市町村からお金をもらってやるというんじゃなくて、自分でやってみんなを楽しませるという。
そういうふうな形をこれから、祭りが、描いていかなきゃいけないかもしれませんね。

ひろみ/いいですね。
地元の皆さんで、そういう意味では、やんばる元気でいいですね、若い方がね、率先して。

ミキオ/ああ、元気になってきましたよ。

ひろみ/すばらしいと思います。

ミキオ/おもしろくなってきたと思います。

ひろみ/おいしいものいただきました?
やんばるでは。

ミキオ/焼き鳥。

ひろみ/焼き鳥おいしいんですね、やんばるのね。

ミキオ/やんばるでとれてますから、大丈夫です。
おいしいです。

ひろみ/さて、ミキオさんのSNSに上がっていたおもしろいタクシー。
これは九州に行かれたときのお話だったんですよね。

ミキオ/そうそうそう。
このおもしろいタクシーって、運転手さんがおもしろいんだよ。

ひろみ/何か、変わった表現をされてたと。

ミキオ/変わった表現っていうより…。
下地ミキオじゃないですか、「シモヤ」さんとか言うだよね。
あんた、シモヤさんでしょ、あの有名なシモヤさんって言うから。
あの日本維新の会のシモヤさんでしょ、とかって言うから。
僕も、下地ですと言えなくて黙ってたら、「シモヤさんあんたいいよねー」って俺のこと相当…。

ひろみ/褒めてくれるのうれしいですけど、ずっと、シモヤさんですか。

ミキオ/それでいて、私は福岡なんだけど、阪神が大好きなんですよって、阪神の。

ひろみ/おもしろい方ですね。

ミキオ/おもしろかったね。
何党、何党って言うでしょ。
何党って言うとき、「ねえ、シモヤさんのさ、あの部族よ、部族、あれ日本維新の会でしょ」って言うわけ。

ひろみ/それは部族って表現したことないですけどね。
何々党って言いたかったんでしょね。

ミキオ/シモヤさん、部族は日本維新の会って言うから、部族は日本維新の会ですとか僕が言ったらね、そうですよねって、また。

ひろみ/その方にとっては、もう部族というイメージで定着されてるんでしょうね。

ミキオ/そうそう。

ひろみ/でも、楽しい方に出会っていいですね。
こういう全国を回って。

ミキオ/全国歩いてると、いろんな人いるからおもしろいよね。

ひろみ/でも、顔が覚えられてるってのはすごいなと思いますね。
「シモノ」さん、あ、違いましたね、下地さんでした。

ミキオ/シモノさん。

ひろみ/1曲まいりましょう。
菊池桃子で「Say Yes!」

♪ 菊池桃子/Say Yes! ♪

< h1>沖縄はますます面白くなる

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、あっという間のお時間でした。
残り3分は、ミキオさんから元気の出る話題で閉めたいと思います。

ミキオ/そうですねえ。
今、何というかね、沖縄が認められてるじゃないですか。

ひろみ/はい。

ミキオ/あっちこっち行っても沖縄の話しかしないですよね、今ね。

ひろみ/うん、うん。

ミキオ/超バブル(?)だとか、いろんなこと言われるじゃないですか。

ひろみ/ああ、そうですね、ええ。

ミキオ/人が投資するというのは、魅力がない限りお金って出さないんですよね、ものすごく。

ひろみ/ええ。

ミキオ/魅力というのは、投資をする人は儲かるんじゃないかということもあるけど、お金を出す人って全てのよさをわかりきって投資するんですよね。

ひろみ/うん、うん。

ミキオ/ここにマイナス要因があって、このマイナス要因を埋めるから、まあやってもいいかなあなんて、あんまり考えないんですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/めちゃくちゃ投資する人は、いいと思って投資するんですよね。

ひろみ/期待があるわけですからね。

ミキオ/そう、そう、そう。
だから、私の見方というのは、一時的なバブルではない。
沖縄って本当にすばらしいなというのを、みんなわかり始めたと思うわけ。

ひろみ/いいですね、うれしいですね。

ミキオ/だからあんまりびくびくしないでくれって言ってるわけ、経営者の皆さんに。

ひろみ/うん。

ミキオ/これからどんどん、もっともっと沖縄に来る。
今まで、うちの沖縄の人がうちの沖縄のよさをまだわからなかったけど、これはもっとおもしろくなりますよ。

ひろみ/これからますます。

ミキオ/そう。
2本目の滑走路できたらもっとおもしろくなる。
宮古で今、どんな現象出てきていると思う?

ひろみ/どうなんですか?

ミキオ/関西空港まで5000円だってよ。

ひろみ/えっ?チケット?

ミキオ/成田まで6000円だってよ。

ひろみ/そんな安いチケット出てるんですか?

ミキオ/出てるんです。
香港までまた、台湾まで今度また安いの出るっていうから。
だから沖縄本島から東京に行くんじゃなくて、宮古に来てから行ったほうが安いんじゃないかとか言ってるよ。

ひろみ/確かに、ちょっと宮古寄って、そこから東京でも。
おもしろいですね。

ミキオ/だからこれが、石垣でも久米島でもいろいろ変わってくるんですよ。
必ず近いうち、与那国-東京直行便って出てきますよね。

ひろみ/ねえ、楽しみですね。

ミキオ/与那国-台湾便って出てきますよね。

ひろみ/ああ、与那国-台湾。

ミキオ/まだまだ魅力で動くところがいっぱいあるわけさ。

ひろみ/いやあ、こういう話を聞くと、なんだか沖縄の未来はやっぱり楽しみだって感じになりますね。

ミキオ/楽しいです。
自信もっていきましょう。

ひろみ/あっという間のお時間でした。
ミキオポスト OnRadio、今週からFMみやこの皆さん、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
ご案内は、本村ひろみでした。
メインパーソナリティは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございました。