長崎について考える

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参加してきました。

「最後の被爆者でありたい」「核のない世界をつくりたい」

この思いをしっかりと受け止めました。

被爆者代表の山脇佳朗さんの挨拶には胸を撃たれました。

本当にご苦労されてきながら、ここまでの生きる力があることに感動を覚えます。

党の代表として初めて参加しましたが、慰霊祭そのもののあり方にも考えさせられるものがありました。

最後の最後まで長崎市の職員の私たちへの対応は、非常に素晴らしいものがありました。

参加者が参加しやすい環境を、市をあげて取り組んでおられることは素晴らしい。

心から感謝です。