今こそ”助け合い”の連鎖を

政府専門家会議は「オーバーシュート(爆発的な感染拡大)は起こり得る」と発表しながら、北海道は緊急事態宣言を終了し、沖縄県もイベント自粛を解除しています。

安倍総理は、「休校は新学期に向けて文科省が判断」「大規模イベントは主催者がリスクを十分に判断して」との表明でした。

現状を考えれば、これはあまりにもわかりにくい決断だと思います。

今夜の会合で、沖縄の不動産のオーナーさんが「私のビルにはスナック店舗が入っているが、この3か月間は店子の家賃を半分にしました」と話しておりました。

この企業努力を可として、その不動産の方達がもっている固定資産税を安くするなど、大胆な税制優遇措置が実行され、そして、店子の家賃も安くなるなどの対策も実施しやすくなり、救済策は広がっていきます。

とにかく今は、助け合いの連鎖をつなげていくことです。