新那覇空港増設案

2020年に向けて、さらに多くの観光客が沖縄を訪れることは間違いありません。
しかし、政府が出している予測数値は本当に的を射ているのか?そして、現在でも様々な課題が山積みの那覇空港で、増える観光客に気持ちよく使ってもらえる環境を用意できるか?と言われると、心もとないと言わざるを得ない現状です。
ミキオは、これまでの活動や現場で見聞きしたことを元にして、新たな那覇空港増設案を考え、そして実現に向けて動き出しています。

しかし、課題は山積み
帰省する子ども家族を
迎えに来たが、
駐車場が満車で
困った。
国際線の
タクシー乗り場が
小さくて、タクシーに
乗りにくい。
飛行機の
便数は多いのに、
搭乗口が少なくて、
飛行機の到着が遅れた。
ターミナルと
レンタカーバス乗り場の
間の道路に
信号がないので、
歩行者が危ない。
保安検査場が
混雑して、飛行機の
出発が遅れた。
ターミナルビルの
周りに路上駐車が
多くて危ない。

アジアに一番近い空の玄関である那覇空港。混雑を解消し、旅客の皆様に快適に利用していただくことで、観光リゾート沖縄への良いイメージを持って帰省いただき、再び訪れたくなる観光地として発展します。

自衛隊用地を活用し、ターミナルとブリッジを増設
新たな駐車場を整備
琉球の文化漂う設計
台風・猛暑対策と自然エネルギーの活用
タクシー・バス・レンタカーを利用しやすい構造・ITシステム
ミキオプラン5つの特徴
  • 自衛隊用地を活用し、ターミナルとブリッジを増設
  • 新たな駐車場を整備
  • 琉球の文化漂う設計
  • 台風・猛暑対策と自然エネルギーの活用
  • タクシー・バス・レンタカーを利用しやすい構造・ITシステム

PAGE TOP