当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
2015.4.16放送分「国土交通委員会/安全保障委員会/久米島視察/千日のたい焼き/初心の気持ち」 - ミキオポスト | 衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

ラジオアーカイブ

2015年04月17日

2015.4.16放送分「国土交通委員会/安全保障委員会/久米島視察/千日のたい焼き/初心の気持ち」

【オープニング】 ひろみ/4月16日、午後8時になりました。 皆さん、こんばんは。 本村 ひろみです。 さあ、この時間からミキオポストOnRadioお届けしてまいります。 メインパーソナリティーは、この方です。 ミキオ/下地ミキオです。 よろしくお願いします。 ひろみ/ミキオさん、今週もよろしくお願いいたします。 ミキオ/お願いいたします。 ひろみ/早速ですが、きょうは午前中、衆議院TVのほうで少し姿を拝見したのですが、大臣とのやりとりがあったりと、お忙しい1日でしたね。 ミキオ/そうですね。きょう、120分質問したんです。いや、80分。1時間20分。1人で1時間20分質問したのは、国会議員になってはじめて。これはね、すごい長時間でしたね。 ひろみ/この様子は、インターネットのTVで検索していただくとちゃんと見られます。下地ミキオという名前をクリックしていただけると、ご覧いただけると思います。 早速、番組を始めてまいります。この番組は、北部地域はFMもとぶ、中部地域はFM21、南部地域はFMレキオ、そして、FMくめじまの4局ネットでお届けしています。 また、インターネットでは世界中の皆さんに配信しています。そして、アイセック・ジャパンさんのサービスを利用して、リアルタイムで文字情報を送っております。ぜひ、ミキオポスト、トップページから、御覧ください。 さあ、それではきょうの1曲目は、ノリノリのこの曲です。小沢健二さんで、ラブリー。 ♪ 小沢健二/ラブリー ♪

【国土交通委員会】

ひろみ/ミキオポストOnRadio、お届けしております。 さあ、今週のミキオさんのコーナーは、オープニングトークでミキオさんが話してくれました、きのうは国土交通委員会で、きょうは安全保障委員会で80分近い質疑応答があったということを、話していただきたいです。 ミキオ/きのうの国土交通委員会は、大きなポイントは、この前、岩礁破砕があったので、工事をストップしてくださいということを沖縄県が決めたら、防衛省が工事をストップするわけにいかないと、翁長さんそのものの、工事をストップしなさいという、言動そのものをストップさせるというのを、これを訴えた。 そしたら農林水産省が、翁長さんがストップしなさいといったのを、ストップしますという判断になった。それでもめたわけです。審議してる。これがずっと進むとどうなるかというと、埋め立てを仲井眞知事が認めたのを、翁長さんが、取り消しとなってくるわけです。取り消しとなったら、また同じようにまた、国土交通大臣にたいして、防衛省が取り消しといった翁長さんの行動を取り消すっていって、同じような行政訴訟がこれから始まるわけです。 そういう状況がずっと、続いてくなかで私の見方だと、仲井眞さんが押した印鑑を取り消すのは難しい。それはなぜかというと、この埋め立て認可は、国の代わりに県がやっている。代理執行やっているから、国が、わかった、じゃお前に預けている埋め立てのものは、全部とって、自分が代理執行しますよとなる可能性がある。そうなると、沖縄県が埋め立て認可とりけしても、これはまた、工事が進められるということになる。 そういうふうになってくるけど、この工事というのが進むにつれて、設計変更がでるので、設計変更ごとに県知事の了解をとらないといけない仕組みになっている。ということになると、岩国の飛行場では8回、中部国際空港では14回、県知事から了解とっている。沖縄県に、設計変更だからと防衛省がもってきても、翁長さんが押さないわけです。押さなかったら、代理執行だから、翁長さんの権限とって、これを認めるとなる。2回目また来るんですよ。設計変更してくださいと、言ったらまた翁長さんがノーと言ったら、代理執行でまたやる。こうなると永遠の闘いになるんです。これ、永遠の闘いになったら、できないんじゃないのということを言ったら、これがきょうの新聞の、琉球新報社の1面に載っていましたが、なかなか難しいですね。工事を進めるのが難しくなりますね、というのが私の国土交通委員会での一つの大きな質問と答えの山だった。 きょうの安全保障委員会では、ちょっと違って、5点くらいあるけど、1点は、この粛々という言葉は、翁長さんは、上から目線だと言われていると。なんで上から目線からといった、キャラウェイという前の高等弁務官と、菅官房長官がダブってみえると言うんです。キャラウェイというのはいろんなことやってきた。きょうけんのこと。沖縄の自治は認めないということやってきたから、キャラウェイという表現を、翁長知事は使って、翁長知事の、いやだというのをやろうとしているから、自治権を認めないから、キャラウェイになぞらえて、言われている。国にあなたは、キャラウェイと言われているんだよと、なんで言われているかわかります?と。4カ月合わなかったとかいろいろな沖縄公庫の人事で強引にやるとか、そういうことやらず、もう1回、感情論でなくて、向き合って話をできる雰囲気を作らなきゃ行けないというのがきょうの1点目。 2点目は、普天間基地があるけど、何かあると普天間基地が危険だと、危険だから私たち辺野古作るんですと、こればっかり言う。わかりました。危険というの数字でお互いチェックしようと、今日言っている。 乗り降り回数は、福岡空港と伊丹空港ではどっちが多いですかと言ったら、普天間が7回、福岡空港が14回、伊丹空港が13万回。こうやって、向こうのほうが多いですよねと。周囲3キロ以内で、人口はどっちが多いかといったら、普天間は12万、伊丹は27万人、福岡19万人って多いですねと。3キロ以内の住宅はどうかといったら、普天間は2万5000から3万。伊丹や福岡は、10万を超えている。伊丹や福岡のほうが人口密集して大変ですねというと、いや学校があるんですと。普天間小学校があるんですと。小学校中学校の数が、合計すると普天間は、15くらい。伊丹は全部で21くらい。福岡になると30くらい。どっちが危険ですかと、あんたが危険だから作らせてというけど、危険という意味もう一回確認させてくれと。落ちましたと。不時着しました、ヘリコプターがいっぱい落ちましたって、それは福岡も伊丹も落ちた飛行機ありますよ。だから私は、辺野古を作るときになんかここは丸くイメージを作って、丸いイメージを作って、それでいきたいというようなことをあなた方やってませんかというようなことを言って、もう1回、危険というものに対する定義をもう1回作りなさいと。辺野古に作りたいために、危険だ危険だと言うんじゃなくて、ほんとに危険かどうかっていうのを、ちょっと考えなさいよというふうに言って。 ネットでおもしろくてですね、ネットで。世界の10の飛行場で、絶対にパイロットが降りたくない飛行場っていうのがランクが出てくるんですよ。ランクが。そのランクには、伊丹も普天間も、それに福岡空港も入ってないんですよ。だから僕申し上げたいのは、飛行機が飛んでるところは全部危険だけど、この人たちが危険だ危険だっていうのは、何か裏があるなと。辺野古に作りたいということを、立証したいがために、危険だ危険だと3点目の質問。 4点目は、唯一の政策が辺野古だというから、唯一というのは、これ以外ないってことですねと、それ以外ないというので、今ここに何機、ヘリコプターがいますか?オスプレイが24機。CH-53のヘリコプターが5機。あとは司令官が乗る飛行機が3機くらいで、もう33機くらいしかいないんです。33機のために、辺野古に5000億かけて基地つくるんですかと。しかも1800mの滑走路ですよ。1200人、オーバーランが600m。こんなのは、与那国空港よりも短い。久米島空港よりも短い。こんなのが、軍事基地としてできるんですかと。輸送機も降りれない、ジェット機も降りれない。あんたらはもう、打算で作ることだけが目的になってるでしょと今は。ほんとに、これが基地として、日米同盟の中核として使えるような辺野古の基地になるならいいと思うと、2500mの滑走路で。でもならないでしょと。あんたらが作ろうという基地は、作りたいがために作っているだけで。これ日米両政府のためにもならないと、僕は申し上げたんです。 僕が何を言いたいかといったら、これらが言っていることの根拠を一回潰しとかないと。 基地問題ってゼロから話し合いができないんです。じゃあ下地は、辺野古を危険じゃないのかという論理はだめ。下地は、じゃあ辺野古が大きければいいのかという論理もだめ。僕が言ってる論理は、彼らが作りたいために言っている論理が間違ってるというのを徹底的に示しておいたら、向こうも、もう1回ゼロから辺野古を埋め立てないで話し合いしようというようなことになるという環境をつくるのが、僕のきょうのこの質問の大きな意味になっているんです。 ひろみ/ここで1曲まいりましょう。 オフコースで、言葉にできない。 ♪ オフコース/言葉にできない ♪

【安全保障委員会】

ミキオ/4月29日から訪米するので、訪米してアメリカの上院と下院の議員を集めて、初めてというか54年ぶりに安倍さんが演説するんですよ。 中谷大臣が演説する中で、約束するということは、これはもう国際条約、国際約束というのは大きいですよねと言ったら、これは大きいと言うわけ。私もそう思うと。だから私は大臣で国際公約をするものは100%できるものだけを、アメリカの議会の演説で言うべきじゃないかと。 今この環境は50%にも満たない環境なのに、安倍総理は普天間を辺野古でつくりますということを言おうとしている。僕はそれはやめたほうがいいんじゃないかと。そのまま国際約束をして、国際約束をしたからやりますというようなことはやらないほうがいいというのを、きょう申し上げて、そしたら中谷大臣にあなたは安倍総理は向こうでしゃべるべきかと言ったら、しゃべるべきだと言う。議会でしゃべるべきだと言うから、違うよ、しゃべらないほうがいいよ。しゃべらさないというアドバイスをやるのが、あなたのアドバイスだよと。 国際約束をする前に、今はアメリカに追随する前に沖縄の人と辺野古をつくりたかったら、沖縄の人と話し合えということを、僕はきょうも言っているわけです。 一例上げて、2003年にブレアが、イギリスの首相がアメリカ議会で演説したんです。そのときにイラクを攻撃するのは、大量破壊器があって、フセインが大量殺戮(さつりく)をやっているから、やらなければいけないと言って、イラクは大量破壊兵器を持っている、うちの情報機関は正しかった、だからやるんだと言っているけど、大量破壊兵器はなかったんです。その翌年に大量破壊兵器は、アメリカ議会で発言したことは、ありませんでしたとお詫びをしている。そのあと、労働党が人気がなくなったときに、労働党のあの当時の閣僚や幹部が何て言っているかと言ったら、ブレアはまず間違ったことを言ったことを謝るべきだと。ああいう議会で言ったことを謝るべきだと。各閣僚がみんなブレアに反旗を翻したんです。アメリカ議会で言ったことがその通りじゃなかったから、それが問題点になって、ブレアは政治的に厳しくなった。 だから私は、今回の件も、アメリカ議会で100%できることだけを約束しなさいと。日本政府の代表として、アメリカ議会の代表というのは、アメリカ国民の代表だからね。アメリカ国民の代表のところで、日本の代表の総理大臣がまだ50%も満たないようなことを発言してやっちゃいかんと。そういうことをきょうは日本テレビ(?)に申し上げて、うーんという思いには私はなっていると思うんです。 だから安倍さんにアメリカ議会に行って話をさせないというのは、私は大事なことだと思っていて、今はアメリカ議会で話をする前に、翁長さんと向き合いなさいと、話をしなさいと、やりたい気持ちはわかるから、それをやりなさいと。こういうことをきょうは、安保委員会で話をしたということですね。 ひろみ/この様子はぜひネットで見られるそうですので、ごらんいただきたいと思います。 ここで1曲はさみます。DREAMS COME TRUEで、未来予想図Ⅱ。 ♪ DREAMS COME TRUE/未来予想図Ⅱ ♪

【久米島視察】

ひろみ/ミキオポストOnRadioお届けしております。 Facebook上でもいろいろお写真が出てたんですけど、久米島の視察で初めて城跡のほうから眺めたという大変素敵なお写真が出ていましたね。 ミキオ/久米島行ってきましたね。いい島ですよ。 もうね、石垣が100万人、宮古が50万人、久米島が8万人。少なすぎません?と言って、新たな対策をしたいなというふうに思っているんですよね。 今回は私は久米島でこのスポーツアイランド構想をやるべきだと思っているんで、野球場を作ったから、今、楽天が来て元気なっているんで、サッカー場と陸上競技場とですね、野球場も1面ぐらい作って、久米島にスポーツの選手たちが来るようなそういうようなことやりたいんですよね。これをちょっとやろうということ。 また久米島に兼城港(かなぐすくこう)っていうところがあるもんですから、あそこをね今度作り替えるもんだから、だからそこにも今のフェリーと高速船が入れるような、そしてターミナルがちゃんと、雨でもお客さんがぬれないようにできて、それでバスに乗ってタクシーに乗ってっていう、そういうような絵を描くべきだよというのを、この前久米島に行って、いろいろと勉強してきましたね。 久米島はねとにかく今飛行機の便数が、来年だけでも今で14万回。来年は18万回。18万便しかないわけ。席しか。1年間で。だからどんなにひっくり返っても18万人以上は来ないっていう数字なんですよね。18万席しかないんだから。 だから私は、今回行ってきたんですけど、どうしてもこの飛行機を大きくしていく作業と同時に、高速船も入れたいというふうに思っていて、200人乗りぐらいの高速船が1日2回~3回往復することで、久米島に入る座席数が飛行機と船でですね、50万回近くまで来るようになってくると、20万を超えるお客さんが来られるんじゃないかなというように思っていました。それを久米島でやりたいというふうに思っていますね。 あの島は非常におもしろい島ですから、どうやって活用していくかというようなことを、きちっと政治が方向性を持って行けば、私は素晴らしい島になると。また、食べ物がおいしいんです。 ひろみ/おいしいですよね。 ミキオ/カマボコなんて最高ですよ。久米島のカマボコ。久米島ってソバあんまり人気じゃないみたいだけど、久米島のソバものすごいおいしいですよ。久米島ソバってあるんですけどね。味噌もおいしいしね。 ちょっとアピールが弱いからね。このアピールをしっかりしていきたいと思います。 またパークゴルフ場が今人気になっているんで、このパークゴルフ場をもっと拡充して、きちっとしてもっとお客が入れるようにしていきたいと、そういうふうに思っていますね。 ひろみ/それではここで1曲お届けいたしましょう。The BeatlesでHey Jude。 ♪ The Beatles/Hey Jude ♪

【千日のたい焼き】

ひろみ/さて、ミキオさんは、忙しい合間にもおいしいのには目がないということで千日のたい焼きを、先日、手に持ってお写真出ていましたが。 ミキオ/このたい焼きがうまいんですよ。千日に行って、私はお願いするんです。あんこをいっぱい入れてくれと。1個だけ。それで、カリカリに焦げがつくまで焼くんです。他のものは、普通どおり焼いてもらうけど、自分のものはガリガリにするまで焼いてもらって。あんこがちょっと焦げるかなと思うくらいまで焼いてもらって食べるのが好きなんです。 ひろみ/いいですね。 ミキオ/これ、ぜひ皆さんにも食べてもらいたいと思いますね。 ひろみ/千日、夏になるとかき氷もおいしいですよね。 ミキオ/かき氷がまた、頭がキンキンきてやめられないですよね。また、観光客が千日は多いです。 ひろみ/ミキオさんのこれどうでしょうの中に、1つ、そういう夏の氷ものとか、たい焼きとか、おもしろいアイディアないですか? ミキオ/夏までに考えてきましょうね。 ひろみ/沖縄の食材を使った、おもしろい夏の冷たいものというのがほしいですね。 ミキオ/考えておきます。 ひろみ/ここで、1曲お届けしたいと思います。ケツメイシで太陽。 ♪ ケツメイシ/太陽 ♪

【初心の気持ち】

ひろみ/ミキオポストOnRadioお届けしております。 ミキオさんも、日々、お勉強しながら忙しいのですが、ラジオ聞いている皆さんも、4月スタートで今、まさに意欲湧いている方が多いと思うので、皆さんに元気になる言葉をお願いします。 ミキオ/きょうの、自民党の議員の質問に、オダワラさんというのがいて、きょうが始めて安保委員会で質問しましたと、がんばりますみたいな話があって、新鮮な感じなんです。若い議員で。俺も、そういう時代があったなと。始めの質問は、安保委員会だったという思い出があってね。 4月から新しい会社、学校に入られる方、この気持ちをどう、さっきのかき氷じゃないけど、凍結して自分の気持ちに入れておくかという工夫をしておいたほうがいいね。 この時期だけでも、俺は新入社員になって、きょうからスタートするよと手紙を書いておくとかね。自分への手紙を書いておいて、この純粋な気持ちが、自分がきつくなったり、ちょっとわがままになったりしたときに読むと治るという。この時期をどう残すかが大事だと思っています。これをちょっとやりたいと思います。 ひろみ/4月になると、ミキオさんも自分の初心に戻ったりするわけですね。 ミキオ/そうですね。初心に戻る気持ち。新入社員など新しいスタートをきっている人たちだけじゃなくて、この人たちを見たら、自分を思い出してがんばれる人たちが増えると思います。

【エンディング】

ひろみ/ミキオさんのFacebook、ミキオポストを見て、日々の活躍を拝見しておりますので、またこの1週間楽しみにしていますので、いろいろ配信していってください。 ミキオ/私、あしたから、ワシントンに訪米してきます。弾丸でいってきますが、あした行ったら金曜日に着きますので、日程を十二分にこなして、土曜日に帰ってくるツアーです。 この時期、安倍さんが訪米する前にいって、私のように知事選にも出て負けたものというか、そういう結果がわかる人が、沖縄の気持ちも伝えながら、安保法制度も伝えながらやっていくのがいいと思います。それをぜひ、やらしていただこうと思います。 ひろみ/来週は、ラジオでの報告も楽しみにしていますが、飛行機の中では、どうぞゆっくり眠ってください。 ミキオ/わかりました。がんばってきます。 ひろみ/ミキオポストOnRadio、ご案内は、本村ひろみでした。そして、メインパーソナリティーは、弾丸であしたからアメリカに行く、 ミキオ/下地ミキオでした。よろしくお願いします。 ひろみ/どうも、ありがとうございました。 ]]>