当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

ラジオアーカイブ

2018年02月16日

2018.2.15放送分「衆議院予算委員会での質問をじっくり振り返って/ミキオのSNS生活/ミキオシェフの挑戦/」etc…

===【放送日時案内】=== 「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です! ————— [毎週木曜 夜8時〜] FM21:76.8Mhz FMもとぶ:79.2Mhz FMレキオ:80.6Mhz ————— [毎週日曜 朝10時〜] FMくめじま:89.7Mhz ————— [毎週日曜 夕方6時〜] FM那覇:78.0Mhz ===【Podcastで好きな時間に!】=== iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。 購読(無料)は以下のリンクから ====== 日時:平成30年2月15日(木)20:00〜20:57 場所:FM21

オープニング

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、ご案内の本村ひろみです。 さあ、そしてメインパーソナリティは、多分バレンタインのチョコレートいっぱいもらったでしょう。 この方です。 ミキオ/下地ミキオです。 バレンタインのチョコレートは、いっぱいもらってません。 ひろみ/そうなんですか。 ミキオさんはもう、事務所に。 ミキオ/100個ぐらいですね。 ひろみ/え? ミキオ/100個ぐらい。 ひろみ/過去に一番多くもらったチョコレートって何個ぐらいですか。 ミキオ/200個。 ひろみ/オープニングからもう、話がどういう方向に行くかわかりませんが、今週は何といっても話題は、やはり予算委員会の話題ですので、これを集中的にお届けしていきたいと思います。 今週もよろしくお願いいたします。 ミキオ/お願いします。 はーい。 ひろみ/それでは、オープニングはこの曲です。 菊池桃子で「Say Yes!」 ♪ 菊池桃子/Say Yes! ♪

衆議院予算委員会での質問:防衛と基地問題

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。 今週のミキオさんの話題といえば、14日の衆議院予算委員会での質問、この話題だと思うんですが、かなり白熱しておりましたね。 ミキオ/いやー、ちょっと燃えてやりましたね。 ひろみ/いやー、よかったですよ。 ミキオ/燃えて。 僕に言わせると、沖縄の人が1人死んだら、防衛庁長官は1人やめる。 それぐらいの気持ちがないやつが、防衛庁長官とか外務大臣やっているから、いつまでやっても事件、事故はなくならない。 もう少し言いたかったんだけどね、おまえらはかわりはいるけど、亡くなった人はかわりはいないよと。 ひろみ/確かに。 ミキオ/基地があるために亡くなるわけでしょ? ひろみ/ええ。 ミキオ/ということを言いたかったけど、上品になっているからね、僕もね。 ひろみ/上品。 ミキオ/ある程度で終わっちゃいます。 ひろみ/いやいや、でもね、今回はかなりいろんなやじも飛んだりと、白熱した感じもありましたね。 ミキオ/やじにまた向かっていくところがいいでしょ? ひろみ/びっくりしました。 いや、ミキオさん、普段穏やかなのでね、ああいうふうに言い返すんだという。 ミキオ/そうそうそう。 後ろが石破さんだったら、石破さんが防衛庁長官が責任とらないよっていうのは、おまえおかしいんじゃないかとかってまた、石破さんもいてやってたら、自民党の筆頭理事が、前見てお願いします、前見てお願いしますとか言って。 ひろみ/やはりああいうところは皆さん、ちょっとお静かにっていう感じなんですか。 予算委員会ですからね。 ミキオ/だけど、今回やっぱりちょっと何か人の死の重みというのがわかってないね。 僕は平成24年に防衛省の自衛官が84人ぐらい死んでるわけよ。 ひろみ/はい。 ミキオ/そのまた25年も80人以上死んでいるわけ。 ひろみ/うん。 ミキオ/26年が69人ぐらい死んでいるわけ。 ひろみ/ええ。 ミキオ/やっぱりおかしいと思わない? ひろみ/これ、自殺なんですよね。 ミキオ/全て自殺。 ひろみ/すごい数字ですね。 ミキオ/だから、僕に言わせると、そういうふうなことをとめるような国家じゃなければ、安全保障の論議はできないよ。 安全保障の論議は。 ひろみ/本当にそうですね。 命の重さを持ってね。 ミキオ/だから、俺が聞いたときに、小野寺さんが、数字知っている?って言ったら、数字知ってないとか言って、ミキオさん知っているでしょ、みたいな話するけど、自分の組織の人が何人死んでいるかっていうの、やっぱり知らないとね。 やっぱり自衛官が1年間で89人も、85人も、69人も自殺しているっていうの、やっぱおかしんだよ。 本人たちの意志が弱いとかっていう話じゃないと思うよ。 ひろみ/そうですね。 余りにも多い数字ですよね。 ミキオ/そうそう。 だから、そういうふうにして、沖縄の人が57人死んでいて、強姦とか強盗とかね、そういうものに遭っていて、自衛隊機がまたこんなに落ちているってもう、これなんか麻痺しているんだよ。 このトップが。 1人も、何ちゅうの、1人もその責任とった人がいないんだよ。 ひろみ/これはびっくりですね。 ミキオ/責任とるべきだよね。 ひろみ/うん。 そうですよね。 トップの方が。 ミキオ/うん。 やっぱそういうふうなものが、沖縄の人がもう、ものを言っていかないといけないし、もう日本政府に頼って事故をなくそうと思ったら、だめなんですよね。 自分たちでもう、本当にアメリカと喧嘩して、本当に沖縄の人をいじめたり、事故を起こしたり、強盗とかやったら、おまえらここから叩き出すぞっていうのが日本政府に言えないから、沖縄の県知事がやらないといけないんですよ。 そういうふうな強い政治を沖縄が持たないといけないというわけ。 外務省に抗議したりね、防衛省に抗議したり、要請文書出したりというのは、もうそういう時代じゃないよね。 また、僕はもう、県民大会という言葉も嫌いなわけさ。 ひろみ/県民大会。 はい。 ミキオ/そんなのやる必要ないよ。 県知事が動けばいい。 県知事が戦えばいい。 辺野古なんか、本当県知事がしっかりしていれば、やめようと思ったら幾らでもすぐ簡単にやめさせられると思うよ、俺は。 廃案出して、いろんなことをやってね。 だけど、やらないんだよね。 やりたいということだけを言うことが仕事になっちゃって、小野寺さんなんかとか、防衛大臣が謝るでしょ? ひろみ/はい。 ミキオ/あれと同じように、沖縄の県知事も怒るという、両方パフォーマンスでしかやってないから、両方それで成り立っているわけ。 ひろみ/うーん。 ミキオ/こっちは、ごめんなさい、こっちは、怒りますよとか言ってね。 それがなっていて、じゃあ両方がそうやっていて、何かが解決するかっていったら、やってないんですよね。 何か持ちつ持たれつみたいな感じですね。 ひろみ/それは困りますよね。 ミキオ/だからやっぱり、意識の強い人が出てこないと無理だと思うよ。 ♪ 音楽 ♪

衆議院予算委員会での質問:北朝鮮問題解決のシナリオとは

ひろみ/さて、その衆議院予算委員会で、まず冒頭にお話をされていた内容を、もう一度あらためて伺いたいんですが、北朝鮮問題の解決のシナリオ、このお話をされておりましたよね。 ミキオ/安倍さんが、やっぱり圧力をかけるということがもう、一番のお仕事で、安保理事国にも圧力をかける、それと、まあその私たちの近くな国、フィリピンとか、オーストラリアとかインドにも、北朝鮮に圧力かけてくださいねって言う、バルト三国みたいな遠いところに行っても、北朝鮮問題を取りあげると、そういうふうなことをやるわけですよ。 だから、じゃあ、あなたがこうやったおかげで、今回の平壌でのほほえみ外交があったんですかと言ったら、きょうあったと言っているわけよね。 じゃあその次のステップって何があるんですかっていったら、また圧力だと言うわけ。 だけど、僕に言わせると違うと思うわけさーね。 もう中国とか、ソ連を頼っても無理なんですよね。 もうだから、それはもう韓国という国家がどうするか。 しかも今の文大統領はね、あれはもう、ノ・ムヒョン大統領のときの秘書官なんですよね。 ノ・ムヒョンっていうのはもう、太陽政策、南北統一がもう主流な人なんですよ。 ひろみ/ふーん、そうなんですか。 ミキオ/だからそれの、血を吸ってる(?)人が、今いるということは大きいわけよ。 ひろみ/ふーん、なるほど。 ミキオ/だから、そういうふうな意味においては、そういうような意味においては、私は今の韓国に、北朝鮮とのこのほほえみ外交に対する対応、訪朝とかね、いろんなことをやらせて、のびのびとやらせてみたらどうかと。 だけど、日本はすぐ圧力かけるわけ。 米韓の軍事演習をやって刺激しろとか、きょう安倍さんは、訪朝そのものは行けとは言わないさーね。 ひろみ/そうです。 ミキオ/大統領に。 ひろみ/ええ。 ミキオ/言わなかったでしょ。 ひろみ/はい。 ミキオ/IOCのバッハ会長は、それは立場があるから行ったらいいとか言ったけど、行けとは言わないわけよ。 そういうふうなことじゃなくて、行って話してみたらどうかというぐらい、韓国の大統領にね、私が言っているように、反日、反米、シンキタ(?)の大統領なんですから、やっぱり今までの拉致問題すべて解決していないんだから、やらせてみたらどうかなと思うわけですよね。 ひろみ/うん。 ミキオ/だけど、まあ、立場があるから言えないけど、何て言うの、その圧力を弱めれとは言わないけれども、圧力だけのね、第2のステップも圧力だけですかと言いたいわけよね。 そこが僕に言わせれば、ちょっと韓国見守りますよというのがいいのではないかというのが、僕の見方なんですよね。 ひろみ/なるほどね。 次の何か段階の新しい手があるっていうことですかね。 ミキオ/そう。 ずーっと圧力だけではどうなのかなと思っているわけさ。 私に言わせるとね。 それをちょっとこれからも考えていかなければいけないんじゃないかと思いますね。 ひろみ/へー、今回はあの、平昌オリンピックでかなりもう盛り上がっている状態ですのでね。 ミキオ/だって、ほほえみ外交に目を奪われないでくださいとかって、外務大臣とか安倍総理が言うわけよ。 非現実的だよね。 みんな奪われてるよね。 ひろみ/もうみんな見てますからね。 ミキオ/見てます。 日本のマスコミがそんだけ取りあげてるんだから。 ひろみ/たしかにそうですね。 ミキオ/目を奪われないでくださいって言ったってそうはいかないよね。 ひろみ/うん。 ミキオ/だからそこを注視した物事を考えなければいけないけれども、やっぱ政権だから、いろんなことがあるから、与党、政府だから言えないかもしれないが、やっぱり僕に言わせると、こういうことを僕らみたいに言う人がいないとね、安倍総理も動きにくくなるんじゃないかと思うわけよ。 まあそういう意味では、その、総理に対してずけっと言えるような野党、政策的なことをね、まあそういう野党に僕らはなっていきたいなと思っているんですよね。 ひろみ/まあでもほんとに今回の、あの、ミキオさんの衆議院予算委員会での質問は、ちょっとタイムリーな感じでできましたね。 ミキオ/そうですね。 まあ、ちょっと。 まあ、僕らがね、衆議院、名護の市長選挙でトグチさんをおしているということが、自民党に追随する政治になると思ったら大間違いなんです。 僕らはちゃんと自分の言ってることを言いたいんですよ。 ただ僕が、安倍総理を支援したのは、自民党を支援したのは、とにかく今、私が経験している橋本龍太郎内閣のときに、私は初めて国会議員になったけど、それ以来、その次のね、いろんな小渕恵三さんからはじまって、小泉さんからはじまって、麻生さんからはじまって、福田さんがいて、それで安倍さんがいて、その後また菅さんがいて畠山がいてとかって、ちょっと順番違うけど、畠山さんがいて菅さんいて、野田さんがいてという、有能のいっぱい、総理大臣を経験してきたけど、この沖縄の基地問題のことを本気でやって、空中給油機を岩国にとかね、ハリアーを岩国にとかやった人は安倍さんぐらいなんですよね。 だから評価はするんです、僕は。 ひろみ/はい。 ミキオ/しかし、事件事故をなくせる人ではないわけさ。 事件事故をなくすのは沖縄県知事、基地の整理縮小をするのは、内閣総理大臣というのが、僕の考え方なんですよね。 そこが面白いところなんですね。 ひろみ/いや、でもほんとに。 ミキオ/だけど。 ひろみ/ええ。 ミキオ/下地ミキオが予算委員会をやるとヤジも飛んで面白いでしょ。 ひろみ/いや、見ててすごく白熱した感じがあって、ああ、国会ってこんな感じなんだと思いましたね。 ミキオ/ああいうのに、耐えられてものを言えるようにならないとだめなんですよね。 ひろみ/よく後ろの声も、聞こえてきますね。 ミキオ/冷静だから。 ひろみ/あ、冷静で。 それも、その声の持ち主が、だれかもわかるっていうのが、すごいなと思いました。 ミキオ/石破さんだったよ、次の総理大臣といわれる石破さんに、石破さんもいて文句いうから、あそこもびっくりするわけよね。 ひろみ/笑ってましたよね、最後は苦笑いされてましたね、石破さんのほうも。 まさか自分のほうを向き直って、しゃべられるとはっていう顔をしていましたけれども、まあでも、すごく白熱した感じになっていましたね。 ではここで。 ミキオ/まあそういう。 ひろみ/はい。 ミキオ/ことができるのが、下地ミキオなんです。 ひろみ/期待しております。 ここで1曲お届けいたしましょう。 松本伊代で「センチメンタル・ジャーニー」 ♪ 松本伊代/センチメンタル・ジャーニー ♪

衆議院予算委員会での質問:大型MICEについて

ひろみ/ミキオポスト OnRadioお届けしております。 さて、沖縄の大型MICEについてのお話も、今回は質問で、考えてらっしゃったと、伺ったんですが。 ミキオ/考えたけど時間がなくてできなかったよ、悪かったね。 ひろみ/残念ですね、はい。 ミキオ/MICEはもう私にとって、もうほんとに、もう絶対やらなきゃいけないことなんで、まあMICEをね、なんとかしたかったんですね。 ひろみ/はい。 ミキオ/この前も言ったかな、具志堅用高さんの話。 ひろみ/いえ、用高さん、はい。 ミキオ/3000人しか入らない武道館で、世界戦をやる、タイトルマッチをやるっていうのは、具志堅用高さんだけですよ。 ひろみ/はい。 比嘉大吾さん。 ミキオ/普通、3000人の入っているところでは、もう興行主やらないよね。 ひろみ/3000人って、すごい少ない、狭いっていう印象ですもんね。 ミキオ/だって、もうからないでしょ。 普通だったらもう、1万5000とか2万人のとこじゃなきゃ、やりませんよね。 ひろみ/そうですよね。 チケット高くなりますね。 ミキオ/だから、悪いけど、チケットも高くなるわ、そのセミファイナルにしても、その前のファイトにしても、みんな本当に4級、6級ぐらいの、もう本当にわからない人ばっかりですよね。 将来のある人ですけど、ナカジマ君とか将来のある子がやったんだけど、普通だったら、世界タイトルマッチというのは2つぐらい続けてやるよね。 ひろみ/大きい試合を。 ミキオ/だけど、3000人じゃ、やりませんよ。 だから具志堅用高さんて、沖縄愛してるんだね。 ひろみ/本当ですね。 ミキオ/本当にもう、こんなタイトルマッチを、もうけを抜きにして、こんな、沖縄の3000人しかないところの武道館でやるというのはもう、ありがたいことですよ。 僕のチケットのところが3万円。 ひろみ/すごいですね。 ミキオ/すごい。 ひろみ/プラチナシート。 ミキオ/2分近くで3万円ですよ。 ひろみ/いや、でも、やっぱり大きいところになると、もうちょっとチケット安くなりますかね。 ミキオ/それは、もちろん。 あれは、大きいところの、MICEができたら、1万5000円ぐらいで終わりますよ。 ひろみ/やっぱりMICEは必要ですね。 ミキオ/そうです。 だから、MICEだけやりたいんだけど、国が邪魔してるからね。 きょう、これをやろうと思ったんだけど、時間がなかったね、27分だったから。 ひろみ/ぜひ、今度はこの話もプッシュしてほしいですね。 ミキオ/これからやりますよ。 どんどん、どんどん。 沖縄の気持ちを伝えるのは、もう、僕の仕事だから。 ちょっと、きょうは激しかったでしょ。 ひろみ/そうですね。 きょうは沖縄の思いを熱く伝えてる感じがしましたね。 ミキオ/ありがとうございます。 また、これからも伝えますよ。 MICEも、もっとやったら、もっとおもしろかったけどね。 ひろみ/そうですね。 ミキオ/もう、大臣、へとへとになってたかもしれないよ。 ひろみ/ちょうど夕方の一番、何か、疲れてる時間帯に、一番ファイターがあらわれたみたいな、元気でしたけども。 ミキオ/そうそう。

衆議院予算委員会での質問:教育無償化について

ひろみ/あと、教育費の無償化が全てを変える、この話題にも触れたかったと。 ミキオ/そうなんです。 これも時間なくてできなかったね。 憲法改正の素案をつくったとき、最初にですね、明治憲法から昭和憲法に移ったときの、GHQがもう初めから無償化を持ってきていたんですね。 この無償化を持ってきているGHQに、その当時の国会議員が、国民学校だけではなくて、中学校、女子校も全部無償化すべきだと。 あの当時、そこに行ってるのは34%しかいないにもかかわらず、義務教育にしたんですよね。 教育を、力をつければ、この国は変わるって、あのときの政治家は言ったんですよ。 ひろみ/すごいですね。 ミキオ/今は、専門学校、大学に行ってるのが80%。 そのうちの50%は、奨学金で行ってるんですよ、無理やり。 だから、そういう意味でも、無償化をすると、この国の国力というのは上がるんですよね。 それと同時に、この無償化にすることによって、出生率が0.2%くらい伸びるんですよ。 それはもう、子供の教育費にお金かかるから、子供つくらないという人たちが変わるんですね。 ひろみ/はい。 ミキオ/2つ目には、お父さん、お母さんが払っていたお金が、払わなくなるから、教育に払っていたお金が。 それが、そのまま可処分所得とふえていろんな投資に回ったら、3兆9000億が投資に回ったら、大体0.7から1.5までGDPが伸びて、使えば使うほど消費税払ったり、マンション買ったら、取得税とか固定資産税払ったりすると、2兆3000億は税収で戻ってくるんですよね。 そういうことを考えるとね、教育の無償化、一番おもしろい。 ひろみ/そうですね。 経済が回りますね。 ミキオ/そういうことになると思いますよ。 だから、そういう意味でも、教育の無償化は全てに効果があるというふうに考えていただければいいのかなというふうに思います。 ひろみ/はい。 これもぜひ、また次回、質問のときには強くプッシュしてほしい内容の一つだと思います。 ミキオ/わかりました。 ひろみ/ここで1曲お届けしましょう。 森高千里で「私がオバさんになっても」 ♪ 森高千里/私がオバさんになっても ♪

ミキオのSNS:インスタ楽しい!

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。 さて、ちょっと、がらっと話題を変えまして、SNSの話題なんですけども、今ミキオさんは、Facebook、Twitter、Instagramと、あとサイトと、大きく4つ動かしておりますけど、特にインスタはおもしろいですね。 ミキオ/おもしろいですか。 ひろみ/おもしろいですね。 まず、かわいい、かゆ子ちゃんを、もう無理やり抱きしめてる写真とか。 ミキオ/あれはもう、無理やりなんですよね。 かゆ子、喜んでないんですよね。 ひろみ/逃げていきそうなところをつかまえたって感じでしたけども。 愛情があふれておりました。 ミキオ/好きなんですよ、もう。 ひろみ/好きな気持ちが、かゆ子ちゃんには伝わってないみたいで。 ミキオ/いや、かゆ子はね、大人になったらわかる。 ひろみ/そうなんですね。 猫のかゆ子ちゃん。 ミキオ/だって、あんな小さくて、泊交差点でひき殺されそうになっていたのを救ってきて、助けてきて。 あれ、タイヤがあと一回回っていたらもう、潰されていたよ。 ひろみ/本当に強運のかゆ子ですね。 ミキオ/だけどもう、事務所の雰囲気もよくしたし、家庭の雰囲気もよくしたし。 ひろみ/いいですね。 ミキオ/みんなに愛嬌あるよね。 ひろみ/もう招き猫という感じのかゆ子ちゃんなんですけど。 ほかにもインスタの写真見てますとね、オレンジ色の何か、ひょうたんのそばで座ってる写真があったんですけど、あれは何ですか。 ミキオ/これ、福島に行って、視察した後に写してきたんですよ。 ひろみ/福島の、はい。 ミキオ/僕が来たからオレンジ色のひょうたんを準備したわけじゃないと思うけど、きれいですよね。 ひろみ/あえてオレンジ色だったという、おもしろかったです。 あと、刺身がずらりというのも、すごかったですね。 ミキオ/あれも僕なりに考えて撮ったんですけどね、いい写真だなと思って。 ひろみ/いいですよね。 あれ、召し上がったんですか。 ミキオ/沖縄の刺身っておいしくないって、みんな言うさ。 ひろみ/はい。 ミキオ/だけど、おいしいよって感じ出ませんでした? ひろみ/見るからにおいしそうでしたので。 ミキオ/でしょ。 それが、私にとっては、沖縄の刺身はここにありというのを示そうと思って、それでやったんですけどね。 ひろみ/ミキオさんのインスタには、おいしい食べ物がときどきあがるんですけど。 あと、お肉とかね。 ミキオ/この前もお肉出しましたね。 ひろみ/はい。 ミキオ/市場(?)のやつ、インスタのやつ、お肉出しましたけど。 ちょっと、本村ひろみさんに御指導いただいてるけど、あんまりうまくないかもしれないけど。 ひろみ/いやいや。 ハッシュタグも何か、おもしろいようについてるので。 これからじゃないですか。 ミキオ/頑張ります。 頑張ります。 何をやればいいのか。 ひろみ/あと、石井苗子先生とのツーショットは何だったんですか。 ミキオ/あの人はもう、最高ですね。 勉強会やった後のやつだったんですけどね。 ひろみ/ええ。 ミキオ/石井先生、本当にもう大好きで。 いろんな形の中で。 一番、だけど、かゆ子をとる写真がいいでしょ。 ひろみ/そうですね。 ラジオお聞きの皆さん、ぜひInstagram見ていただきたいのは、かゆ子ちゃんが、お風呂場の水の温度を、何というか、はかってるんですかね。 ミキオ/チェックしてるんですよね。 ひろみ/ちゃんと手で。 あれすごい動画でしたね。 ミキオ/いいと思わない? あれ。 ひろみ/あれはもう、あれ、ちょっと何かの動画大賞か何かに出したいような感じですけども。 ミキオ/もう、いつもそうなんですよ。 ひろみ/風呂が好きって、ちょっと珍しい。 ミキオ/お湯が沸いたらまた呼びに来るんです。 いっぱいたまったら。 ひろみ/普通、猫は水が苦手なんで、ちょっと逃げる猫が多い中、かゆ子は、前世は何だったんでしょうね。 すごい水が好きだったんですかね。 ミキオ/水が好きなんですよね。 ひろみ/うわさによると、一緒にお風呂にも入ってくれるということで。 ミキオ/入るんですよ。 来るんですよ。 ひろみ/不思議ですね。 ミキオ/湯船の中の、後ろにいて、頭ぽんぽん、ぽんぽん叩くわけ。 ひろみ/それは何ですかね。 おもしろい猫ですね。 ミキオ/だけど、ひろみさん、僕、猫はあんまり好きじゃなかったんですよ。 ひろみ/最初は犬党だっておっしゃってました、犬派だってね。 ミキオ/犬党なんですよ。 だけど、もう今は好きになりました。 ひろみ/いや、もう犬も猫もいいと思います。 もう、ぜひ。 ミキオ/ありがとうございます。 ひろみ/あと、ハトもいましたし。 ミキオ/人も好きになってますから、よろしくお願いします。 ひろみ/はい。 では、ここで一曲お届けしたいと思います。 沢田研二で「勝手にしやがれ」 ♪ 沢田研二/勝手にしやがれ ♪

ミキオシェフ、アヒル料理に挑戦?

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、さあミキオさんからおもしろい話題をこのごろ伺っていなかったなと思うんですけど、今ちょっとお話伺いたいんですが。 ミキオ/アヒル。 ひろみ/アヒルっていうのは、アヒルですか。 ミキオ/はい。 アヒルをね、今度ね、いただいて、調理したんですよ。 ひろみ/えっ! ミキオ/本当に調理して、これはね、本当におもしろいですから。 2月ごろ、アヒル食べると風邪をひかない、ぜんそくにならない。 アヒルってすごいんですよ。 ひろみ/ほー。 ミキオ/そういうようなことを、私は今回、アヒルを炊いて自分でつくって、さばいてつくって、東京の役所の仲間にみんなに食べさせた。 ひろみ/そんなことがミキオさんできるんですか。 さばいたりも。 すごいですね。 ミキオ/そう。 きょうのインスタに載せておきましょうね。 ひろみ/その調理したものですね。 ミキオ/そうそうそう。 ひろみ/へー。 ミキオ/インスタで、私が頑張っている姿を載せます。 ひろみ/これは汁物にしたんですか。 ミキオ/そうです。 ひろみ/おつゆ? ミキオ/おつゆにしました。 大根と島人参を入れて。 ひろみ/あー、いいですね。 アヒル汁とは聞いたことありますけど、これはコクがあるんですかね、味にも。 ミキオ/今度、本村さんにも絶対あげます。 ひろみ/ありがたいですね。 何か、そんな健康に良さそうな高級な食材という感じがしますけれども。 ミキオ/だけど、アヒルは体が健康になるんです。 あったかくなって、この2月ごろ、一番寒い時期を乗り越えられるようになるんですよね。 ひろみ/そうなんですか。 これはびっくり、初めて知りました。 ミキオ/いや、勉強してくださいよ。 ひろみ/ね、なかなか、アヒル汁は、あっちこっちにあるんでしょうけどもね、実際に召し上がっている話、きょう初めてです。 ミキオ/はい。 ひろみ/北京ダックとは聞いたことあるんですけれども、それとは違いますもんね。 ミキオ/北京ダックとは違います、アヒルです、アヒル。 ひろみ/いやー、すごいなと思いますけれども。 ミキオ/きょうもダックはアヒルでしょうと言うけれども、ダックとは違う、アヒルだと言っているんです。 ひろみ/あ、ちゃんと違いがあるわけですね、ミキオさんの中には、ダックとアヒルは違うという。 ミキオ/違う。 ひろみ/いや、でもこうやって料理を美味しく召し上がるという時間もあるというのはいいことですね。 ミキオ/そう。 きょうは本当に嬉しかったですね。 そういうようなものを、みんなに食べていただいたら、また沖縄の文化が広がりますから頑張ります。 ひろみ/ぜひ、沖縄のその食文化も国会のほうに広げていくということで。 その先導を切って頑張ってください。 ミキオ/この前は、去年は、イノシシ、ことしはアヒル。 で、来年はシカ。 ひろみ/シカも食べられるんですか。 ミキオ/そうそうそう。 ひろみ/すごいですね。 国会議員の中でこんな方、あんまりいないんじゃないですか。 ミキオ/みんな喜ぶよ。 おそば入れながら、きょうのアヒル、かーってみんな喜んでいました。 ひろみ/何かワイルドな感じがしますけれども、いいですね。 喜ばれている感じがしますね。 では、ここで一曲お届けしましょう。 中島みゆきで「宙船 ♪ 中島みゆき/宙船 ♪

エンディング

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。 寒い東京ですからね、温かいアヒル汁をいただいて、ミキオさんもさらに栄養、滋養供給で出しているようですけれども、ラジオのエンディングは、やはりミキオさんから元気の出る言葉を、聞いている皆さんに送ってください。 ミキオ/そうですね。 私の思いはやっぱり、何て言うんですかね、政治家の魅力というのは、やっぱりぶつかる魅力がおもしろいと思うんだよね。 相手をほめる魅力よりも、ぶつかっていって戦うみたいな。 それが私がいつも言うように、翁長さんが言われているように、裁判とか、県民大会とか、直接対決じゃないところでぶつかるのはだめだと言っているんです。 やっぱり、ぶつかるときはもう安部さんとぶつかる、菅さんとぶつかるというのを繰り返しやるような政治じゃないと、解決策にならないですね。 だから、そういうような意味においては、僕らは、これからの沖縄の政治家というのは自民党にとっても野党においても、ぶつかる能力のある人が生き延びないと、沖縄ってよくならないのかなと思うんですよ。 去年までは、ちょっと私もおとなしかったから、ことしはぶつかろうと思って、きょうみたいな質問になっているんですけど。 それでもおとなしいぐらいですよ。 まだまだこれからやりますよ。 ひろみ/まだまだですか。 アグレッシブですね。 ミキオ/安倍総理が、えーっと、ゲイド(?)をはくぐらいまでぶつかっていく。 沖縄の気持ちを救っていく。 ひろみ/でも、そのぐらい何かちょっと暴れてみたいという何かがあるんでしょうね。 ミキオ/やっぱり、西郷隆盛が愛した儒学者の言葉、バイブルのように使った言葉、明るい遠くの場所から暗い場所はよく見えない。 暗い場所からは明るいところは見える。 これです、これ。 ひろみ/明言ですね、本当に。 ミキオ/しっかりとそれをやっていきたいと思いますね。 ひろみ/この機会に、全国の皆さんも見ている。 沖縄の県民はもちろんですけど、やはり予算委員会に出るというのはすごい大変なことですね。 ミキオ/頑張っていきます。 中途半端にならないように頑張っていきます。 ありがとうございました。 ひろみ/16日、旧正月です。 もうミキオさんの旧正月の思い出というと。 ミキオ/旧正月は初盆参りですね、 初旧正の参りが多いんですよね。 だから、自分の宮古に帰れないというかね。 宮古は、旧正やるでしょう? ひろみ/はい。 ミキオ/沖縄本島では初旧正ってやるんだよね。 ひろみ/初旧正? ミキオ/うん。 初盆はやらないんですよ、初旧正やるんですよ。 だから、もうずっと、40軒、50軒、回るんですけどね。 ひろみ/へー。 ミキオ/これがまた宮古と沖縄本島の違いなんですけど。 おもしろいですよね。 ひろみ/おもしろいですね。 ミキオ/そうそう。 だから、お盆ができないわけですよ。 お盆回りが。 なくなった後は。 だから旧正にみんなが回るというのが沖縄の知恵があるみたいなものですね。 ひろみ/そういうカルチャーの中で。 ミキオ/そういうのを知っている方。 はい。 頑張ってまいります。 ひろみ/ミキオさんも、ぜひお忙しい中で、こうやって旧正月に出たり、アヒル汁をつくったりと頑張っておりますけど、風邪もひかずに。 ミキオ/この番組に出ないと怒られるよ、ひろみさん。 ひろみ/そうなんですよね。 ラジオを聞いている皆さんは、ミキオさんの元気な声を楽しみにしているので。 ミキオ/この前も、當間モリオさんとか、いろんな人を代役で出したら、お前ちゃんと出ろとかって、みんなに怒られちゃって。 ひろみ/聞いてくださっている皆さん、ありがとうございます。 皆さんがお尻を叩いていただいて、番組が頑張って成り立っておりますので。 はい。 ミキオさんのほうは週末はまたいろいろと各地を回ったりとか、地元に戻ったりとか。 ミキオ/ありますね。 ひろみ/ありますよね。 ミキオ/はい。 ***。 ひろみ/ミキオさんに出会った方は、ぜひまた声をかけてあげてくださいね。 はい、あっという間のお時間でした。 ミキオポスト OnRadio、ご案内は本村 ひろみでした。 そしてメインパーソナリティーは。 ミキオ/下地ミキオでした。 ありがとうございます。]]>