当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

一生懸命日誌

2019年09月26日

政治の原点を考える旅

今回の新潟の旅は、私にとっては政治の原点を見たような思いであります。

中村十作、新潟県出身。

1892年(明治25年)に、25歳で真珠養殖を夢見て宮古・石垣を訪問し、その島々で起こっていた悪税の数々を見て、「このままではいけない」と立ち上がり、島の人々のために悪税「人頭税」をなくす運動を起こし、1893年(明治26年)に上京して明治政府に直談判し、1903年(明治36年)、ついに260年以上続いた人頭税を廃止することを実現しました。

当時の士族たちは、干ばつや洪水や台風など様々な自然災害があっても、人頭税によって税を集め、祖のために多くの人々が苦しみ、体を壊し、自らの体を傷つけて税を納めないようにしたり、作物で納められない女性の方は自らの身をもって納めたりと、壮絶な苦労がありました。
それを何とかしなければいけないということで、士族の目を盗み、4人の仲間と共に上京し、明治政府を動かしたのです。

政治の原点がそこにある。

弱い人たちのために何ができるのかを考え、行動する。
そのことを改めて考えさせられた旅でした。
〔ビデオ〕沖縄宮古民謡協会の新旧会長が、中村十作の生家と墓前で、追悼の演奏をしました。