当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

一生懸命日誌

2020年01月10日

いつも私の心の中心にいる方です

山中貞則先生へ新年の墓参りに行ってまいりました。

手を合わせながら私の心に思ったことは「ばかやろう!」という山中先生の声です。

反省しなければなりません。

22歳で初めてお会いしてから今日までの36年間、いつも私の心の中心にいる方です。

通産大臣の時に脳梗塞で倒た先生は、リハビリのために釣りをされましたが、釣り当番を12年務めたのが私です。

仲人もしていただきましたが、本当に怖い人でありました。

山中先生は「国会議員は、東京では偉い人。地元ではただ以下の人」が口癖でした。

沖縄を愛する気持ちは誰にも負けない先生でした。

写真は、山中貞則顕彰館にあった釣りの写真です。